スケジュールと受講申請

必要条件

Simulink 基礎 (または、 自動車分野向け Simulink 基礎)コースおよび、Simulink モデルの検証と妥当性確認 コースを受講された方、または同等の知識を有する方。Simulink による生成コードの Back to Back テスト コースを受講された方。また、Simscape の基礎知識があると望ましい。

Simulink® Real-Time™ と Speedgoat ハードウェア による リアルタイムテスト

この2日間コースは、Simulink Real-Time ソフトウェアと、Speedgoat リアルタイムハードウェアを使用して、ラピッドプロトタイピング(RCP)とハードウェアインザループ(HIL)テストのワークフローを実践します。 Simulink モデルにセンサ・アクチュエータとのドライバを実装して、リアルタイムアプリケーションに変換し、ターゲットハードウェアに実装します。 また、計測のためのユーザーインターフェイス作成とデータ計測を行います。 このコースは、既に Simulink を使ってモデル検証、コード生成などを実施して組み込みアプリケーションを開発している中級から上級の Simulink ユーザーを対象としています。

  • ワークフローの概要
  • リアルタイム アプリケーションの開発
  • 対話型インターフェイスの作成
  • リアルタイム テストの自動化
  • 通信プロトコルの使用
  • リアルタイム実行のためのプラントモデルの最適化
  • ハードウェアインザループ テスト

コース概要の詳細を見る


スケジュールと受講申請

結果 1 - 5 / 5
日付 開催地 言語 料金 申請
2018 年10月02日-
2018 年10月03日
US, California, Los Angeles (Torrance) English USD 1,500
2018 年10月25日-
2018 年10月26日
日本, 名古屋市 Japanese JPY 130,000
2018 年11月15日-
2018 年11月16日
US, Massachusetts, Natick
今すぐ申請 - 残りの定員数: 3
English USD 1,500
2018 年11月15日-
2018 年11月16日
ドイツ, München (Ismaning)
今すぐ申請 - 残りの定員数: 2
English EUR 1,400
2018 年12月05日-
2018 年12月06日
US, Michigan, Novi English USD 1,500
結果 1 - 5 / 5

この価格は アメリカ合衆国, で購入および使用された際に適用されます。その他の地域での価格については、弊社営業までお問い合わせください。製品価格には、売上税、使用税、消費税、付加価値税、その他の税金は含まれていません。ご注文の際に、実際に適用される税金、関税、課徴金、賦課金および政府関係費用が確定します。詳細については、MathWorks トレーニング ポリシーを参照してください。