MATLAB Coder による C コード生成

この2日コースでは、MATLAB Coderを使用して MATLAB® コードから C コードを生成する機能について学びます。 主に、MATLAB コードの記述基準、最適化要求を満たす C コード生成、外部モジュールと生成コードの統合について取り上げます。

  • コード生成プロジェクトを使用して C コードを生成する
  • コマンド ライン インターフェイスを使用して C コードを生成する
  • MATLAB Coder のコーディング標準を使用して、準拠したコードを作成する
  • 生成コード内で固定サイズ データの特性を指定する
  • 生成コード内で可変サイズ データの特性を指定する
  • 生成コードで永続データ、グローバル データ、構造体データおよびセル配列データを指定する
  • MATLAB 関数から生成された C コードを外部 C コードと統合する
  • 生成コードを外部 C 関数と統合する

コース概要の詳細を見る

スケジュールと受講申請

必要条件

MATLAB基礎 コースを受講された方。また、C 言語プログラミングの基本知識をお持ちの方。

MATLAB および Simulink コース スケジュール

現在、このコースの開催予定はありません。