AUTOSAR® ソフトウェアコンポーネントのコード生成

この1日コースでは、Embedded Coder Support Package for AUTOSAR Standard を使用して AUTOSAR に準拠するモデリングおよび、 コード生成を行う方法について学びます。トップダウン、 ボトムアップ ワークフローによるソフトウェア開発をモデルベースデザインの コンテキストの中で説明します。なお、このコースの対象者は Embedded Coder による C/C++ コード生成を行うシステムエンジニアや自動車分野の ソフトウェア開発者です。また、AUTOSARアーキテクチャーの中でSimulinkモデリング、コード生成を行う対象はアプリケーションにあたるソフトウェアコンポーネント(SWC)のみになります。(RTE/BSWは含みません) 

  • 既存の ARXML システム記述から Simulink モデルを生成
  • AUTOSAR 準拠のコード生成のための Simulinkモデルの設定
  • Simulink モデルでの AUTOSAR 通信コンポーネントの設定
  • Simulink での AUTOSAR イベントのモデリング
  • キャリブレーション パラメータの作成

コース概要の詳細を見る

スケジュールと受講申請

必要条件

Simulink® 基礎 (もしくは、 自動車分野向けSimulink 基礎) および、 Embedded Coder® による量産向けコード生成 トレーニングを受講された方。C言語のプログラミング知識およびAUTOSAR についての基礎知識をお持ちの方。

MATLAB および Simulink コース スケジュール

現在、このコースの開催予定はありません。