モーター制御

モーター制御を使用する用途

モーターは省エネルギー性能の良さや環境への負荷低減という観点により、近年は多彩な分野でモーターが使用されています。もともとエネルギー変換効率の良いモーターですが、制御と組み合わさることで更なる性能向上を目指しています。また、使い勝手の良さから機器の電動化に拍車がかかっており、モーター制御を利用した製品は拡大の一途です。

制御の対象

制御という言葉自体は様々な所で使われますが、モーター制御と言うと、主に以下の3つを指します。

  • モーターの電流(トルク)制御:モーターの電流を制御して任意のトルクを発生させる。
  • モーターの速度(回転数)制御:モーターの速度を制御して低速から高速まで滑らかに動かす。
  • モーターの位置(回転角度)制御:負荷の位置やモーターの角度を制御して任意の位置や角度に 持する。

このように、モーターを目標とする状態になるように制御します。その制御方式もモーターの種類により異なりますが、一般的なモーター制御のフィードバック構成をブロック図で示すと以下のようになります。

シミュレーションモデルでモーター制御開発の時間を削減

使用例および使い方

ソフトウェア リファレンス

DCブラシ付きモーター

誘導モーター

ブラシレスDCモーター(永久磁石同期モーター)

アプリケーション