新機能

MATLAB® および Simulink® の自動車向けの最新機能をご紹介します。

知覚システムの設計

  • 新機能 Unreal Engine® 互換センサーモデル: Simulink モデルを、Unreal Engine シーンでシミュレーションするカメラ、LIDAR、またはレーダー センサー モデルと統合
  • 単眼カメラのパラメーター推定: 外部パラメータを推定して単眼カメラを設定
  • レーダー センサー モデルの機能強化: レーダーセンサーにおいて、死角のオブジェクトを検出しない
  • センサーフュージョンと追跡の例
  • パスプランニング: RRT*経路探索アルゴリズムとコストマップを使用した運転経路計画
  • LiDAR セグメンテーション: LIDAR から 3 次元点群をすばやくセグメント化

関連製品: Automated Driving Toolbox™Vehicle Dynamics Blockset™

テストと検証

  • 新機能 MDF ファイル情報およびソート関数: MDF ファイルのメタデータにすばやくアクセスして、MDF ファイルの内容をソート
  • 新規 MDFファイルのインポート性能: MDF ファイルを以前のリリースよりずっと速く開いて読み込む
  • キネマティクス (K) およびコンプライアンス (C) のバーチャルテストラボ: マップ サスペンション ブロックのパラメーターをスプレッドシート データから生成
  • Vector の BLF ファイルフォーマットのサポート: MATLAB からバイナリー のBLF ログファイルの読み取りおよび書き込みを実行
  • プリビルドされた運転シナリオ: Euro NCAP® やその他のあらかじめ用意されているシナリオを使用し運転アルゴリズムをテスト
  • OpenDRIVE® のファイルインポートのサポート: OpenDRIVE の道路をドライビングシナリオに読み込み
  • ドライビング シナリオ デザイナー: アクターおよび運転シナリオを対話的に定義して、コントローラーとセンサーフュージョンのアルゴリズムをテスト
  • ダブルレーンチェンジや一定半径テストを含む、一般的な走行テストとハンドリングテストの操作を事前に用意

関連製品: Automated Driving ToolboxVehicle Dynamics BlocksetVehicle Network Toolbox™

グラウンドトゥルースのラベル付け

  • 新機能 グラウンドトゥルースのラベル付け: ラベルを論理グループ別に編成 
  • グラウンド トゥルース ラベラー コネクターで複数のカスタムラベルを定義
  • グラウンドトゥルース ピクセルのラベル付け: ビデオデータの個々のピクセルに対話的にラベル付け
  • グラウンド トゥルース ラベルの属性: 属性とサブラベルを使用して、グラウンド トゥルース ラベルを編成および分類

関連製品: Automated Driving Toolbox

可視化

  • 新機能 3D シミュレーション: Epic Games® の Unreal Engine を使用してレンダリングされた、3D シミュレーション環境で運転アルゴリズムの開発、テスト、および検証 
  • 新機能 Unreal Engine のシーン: 駐車場、高速道路セグメント、および Mcity などのあらかじめ用意されている 3D シーンを使用、または Unreal Editor でカスタムのシーンを作成
  • HERE HD Live Map リーダー: 自動運転アプリケーション専用に設計された高精細マップからデータを読み取り、可視化
  • Unreal Engine 4 インターフェイス: サポートパッケージを使用した追加の 3D シーンのカスタマイズおよびインストール
  • テスト用リファレンス アプリケーション: 3 次元環境のレイトレーシングを使用して、車両テスト中にタイヤの下の接地位置を特定
  • Simulink での鳥瞰図スコープ: 作成したモデルでセンサーカバレッジ、検知、および追跡を分析
  • シミュレーションを可視化し、シーン情報を Simulink に伝達するための 3 次元環境
  • 直線道路、カーブのある道路、駐車場などの 3 次元シーンをあらかじめ用意

関連製品: Automated Driving ToolboxVehicle Dynamics Blockset

電力の供給

  • 仮想キャリブレーション: Model-Based Calibration Toolbox™ を使用し、測定済みのデータを基に、マップモーターと三相電圧源インバーターブロックの効率マップのキャリブレーションを実行 
  • 使い方の例: 磁束ベースのモーター コントローラー用の電流コントローラーのキャリブレーション テーブルを生成
  • 推進方式、ステアリング、サスペンション、車体、ブレーキ、タイヤのコンポーネントのライブラリ
  • 磁束ベースのモーターのパラメーター化: 磁束ベースの PMモータ および磁束ベースの PM コントローラー ブロックのパラメーターを生成
  • バッテリーのパラメーター化: Datasheet Battery および 等価回路 Battery ブロックのパラメーターを生成

関連製品: Vehicle Dynamics BlocksetPowertrain Blockset™Model-Based Calibration Toolbox

エンジン キャリブレーション

  • 新機能 ディープラーニング エンジンモデル: アルゴリズム設計とその性能、燃費、およびエミッション解析のためのディープラーニング エンジンモデルを生成
  • ASAM CDFX ファイルフォーマットのサポート: キャリブレーション データファイル形式 (CDFX) のファイルをインポート、エクスポート、変更
  • XCP ブロックのタイムスタンプのサポート: Simulink モデルおよび XCP スレーブ間でタイムスタンプ付きデータを伝達
  • 仮想校正: Model-Based Calibration Toolbox を使用し、SIマップエンジンブロックおよび CIマップエンジンブロックの校正を実行
  • CI エンジンおよび SI エンジンの動力計のリファレンス アプリケーション: 希望するエンジン排気量と気筒数に基づいて、エンジンのサイズを変更し、コントローラーのキャリブレーションを再度実行
  • 最適化: 設定を簡略化し、モードの最適化を改善

関連製品: Model-Based Calibration ToolboxVehicle Dynamics BlocksetPowertrain Blockset、 Vehicle Network Toolbox

燃費と性能の解析

  • 新機能 HEV リファレンス アプリケーション: 単一モーター(P0、P1、P2、P3、および P4 向け)のHEV アーキテクチャを含む新規または更新されたリファレンス アプリケーション。フルアセンブルされたモデルはハイブリッドスーパーバイザリー制御のために新規の等価消費最小化戦略 (ECMS) を使用
  • パワートレイン効率: コンポーネントおよびシステムレベルでエネルギーと電力損失を評価、レポート
  • HEV 入力パワースプリット リファレンス アプリケーション: トヨタ プリウスなどのパワースプリット方式のハイブリッド車の HIL テスト、トレードオフ分析、制御パラメーターの最適化のために、フルアセンブルされたモデルを使用   

関連製品: Powertrain Blockset