MATLAB and Simulink Training

ラーニングパス(推奨されるコース受講順序)別のコース一覧

はじめに

まず基礎コースの MATLAB 基礎または Simulink 基礎を受講してから、ここで推奨されるラーニングパスに従って学習を進めてください。


MATLAB ラーニングパス

解析および可視化パス

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

MATLAB によるデータ処理と可視化

このコースでは、データ解析アプリケーション用のデータのインポートおよび準備を行う方法を取り上げます。このコースは複数のソースから得られたデータの可視化や解析、それらの自動化を行うデータ アナリストやデータ サイエンティストを対象としています。

任意

MATLAB コードの高速化と並列処理

この2日コースでは、MATLAB® コードを高速化するための様々なテクニックについて学びます。 配列の事前定義やベクトル化などの手法を使用して、計算上のボトルネックを削除できるだけでなく、MATLAB Coder™を使用して、MATLAB コードを MEX ファイルにコンパイルすることができます。 さらに、Parallel Computing Toolbox ™を使用して for ループを並列化することで、コンピュータ上の複数のコアを活用できるようになります。また、MATLAB Distributed Computing Server™ を 使用して複数のコンピュータに分散処理させることもできます。コース全体を通じてこれら各種テクニックの相互関係について理解を深めていきます。

統計および機械学習パス

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

MATLAB による統計解析

このコースでは、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox を使用した統計データ解析を取り上げます。例題と演習では、データをインポートおよび整理し、探索的な解析、統計検定、シミュレーションを行いながら、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox で提供される機能の適切な使い方を学びます。

MATLAB による機械学習

このコースでは、Statistics and Machine Learning Toolbox™ および Neural Network Toolbox™ の機能を使用して、MATLAB® でのデータ解析と機械学習の手法を中心に学びます。また、教師なし学習を使った大規模データセットの特徴の抽出と、教師あり学習を使った予測モデルの構築について説明します。例題と演習では、可視化と結果の評価方法を詳しく取り上げます。

任意

MATLAB コードの高速化と並列処理

この2日コースでは、MATLAB® コードを高速化するための様々なテクニックについて学びます。 配列の事前定義やベクトル化などの手法を使用して、計算上のボトルネックを削除できるだけでなく、MATLAB Coder™を使用して、MATLAB コードを MEX ファイルにコンパイルすることができます。 さらに、Parallel Computing Toolbox ™を使用して for ループを並列化することで、コンピュータ上の複数のコアを活用できるようになります。また、MATLAB Distributed Computing Server™ を 使用して複数のコンピュータに分散処理させることもできます。コース全体を通じてこれら各種テクニックの相互関係について理解を深めていきます。

コア開発および管理パス

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

Toolbox 開発者向け MATLAB プログラミング テクニック

このコースでは、MATLAB 言語で効率的かつ、ロバストで構造化されたコードを書くためのテクニックについて学びます。これらのコンセプトは MATLAB でアプリケーション開発やアルゴリズム開発、そして既存機能の拡張 (例えば、独自の Toolbox の開発など) を行う上で大変重要です。コースではパフォーマンスの最適化のほか、コードの記述、デバッグ、プロファイリングを行うツールの利用方法について詳しく学ぶことができます。

MATLAB コードの高速化と並列処理

この2日コースでは、MATLAB® コードを高速化するための様々なテクニックについて学びます。 配列の事前定義やベクトル化などの手法を使用して、計算上のボトルネックを削除できるだけでなく、MATLAB Coder™を使用して、MATLAB コードを MEX ファイルにコンパイルすることができます。 さらに、Parallel Computing Toolbox ™を使用して for ループを並列化することで、コンピュータ上の複数のコアを活用できるようになります。また、MATLAB Distributed Computing Server™ を 使用して複数のコンピュータに分散処理させることもできます。コース全体を通じてこれら各種テクニックの相互関係について理解を深めていきます。

任意

MATLAB によるオブジェクト指向プログラミング

オブジェクト指向プログラミング手法を使って複雑な MATLAB® アプリケーションの開発とメンテナンスを行う方法について学びます。また、ソフトウェアの品質や柔軟性を高めるための "テスト駆動開発" アプローチも取り上げます。

インターフェイス作成パス

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

任意

MATLAB による対話型アプリケーションの構築

このコースでは、MATLAB でアプリケーションの対話型ユーザー インターフェイスを作成する方法について学びます。プッシュ ボタンやテキスト ボックス等のユーザー インターフェイス コントロールや、それらを使用してロバストで使いやすいインターフェイスを MATLAB アプリケーション上に作成する方法について学びます。グラフィックス インターフェイスのプログラミング経験は必要ありません。

Toolbox 開発者向け MATLAB プログラミング テクニック

このコースでは、MATLAB 言語で効率的かつ、ロバストで構造化されたコードを書くためのテクニックについて学びます。これらのコンセプトは MATLAB でアプリケーション開発やアルゴリズム開発、そして既存機能の拡張 (例えば、独自の Toolbox の開発など) を行う上で大変重要です。コースではパフォーマンスの最適化のほか、コードの記述、デバッグ、プロファイリングを行うツールの利用方法について詳しく学ぶことができます。

時系列モデリング パス

必要条件

金融分野向け MATLAB 基礎

このコースでは、金融プロフェッショナル向けの MATLAB の技術計算環境を総合的に解説します。このコースは金融分野の初級ユーザーや、再び MATLAB を学び直したい方を対象としています。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。時系列分析、モンテカルロ シミュレーション、ポートフォリオ管理、および解析など、金融分野の事例での応用を重点的に学びます。

必修

MATLAB での時系列モデリング

このコースでは MATLAB と Econometrics Toolbox を使った時系列モデリングを総合的に学ぶことができます。このコースは、MATLAB を使用したことがあり、時系列モデルの開発および管理を行う必要がある経済学者、アナリスト、その他の金融プロフェッショナルを対象としています。このコースでは標準的なボックス ジェンキンス法に基づいて時系列モデルを開発します。

任意

MATLAB による統計解析

このコースでは、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox を使用した統計データ解析を取り上げます。例題と演習では、データをインポートおよび整理し、探索的な解析、統計検定、シミュレーションを行いながら、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox で提供される機能の適切な使い方を学びます。

MATLAB の最適化手法

このコースでは、MATLAB 環境で Optimization Toolbox および Global Optimization Toolbox を用いた最適化問題の解法について学びます。特に、問題の定義を行い、その問題を解くために適切な関数を選択する方法について学びます。

リスク管理パス

必要条件

金融分野向け MATLAB 基礎

このコースでは、金融プロフェッショナル向けの MATLAB の技術計算環境を総合的に解説します。このコースは金融分野の初級ユーザーや、再び MATLAB を学び直したい方を対象としています。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。時系列分析、モンテカルロ シミュレーション、ポートフォリオ管理、および解析など、金融分野の事例での応用を重点的に学びます。

必修

MATLAB によるリスク管理

このコースでは MATLAB と Financial Toolbox を使って、リスク管理の全体的な概要について説明します。このコースは、MATLAB を使用したことがあり、リスクの解析、評価、管理を行う必要があるリスク アナリスト、リスク マネージャー、ポートフォリオ マネージャー、その他金融プロフェッショナルを対象としています。このコースでは市場リスクや信用リスクの例を取り上げますが、ここで説明するテクニックは、金利リスク、流動性リスク、および運用リスクを含むすべてのリスク領域に応用できます。

MATLAB による統計解析

このコースでは、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox を使用した統計データ解析を取り上げます。例題と演習では、データをインポートおよび整理し、探索的な解析、統計検定、シミュレーションを行いながら、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox で提供される機能の適切な使い方を学びます。

任意

MATLAB による機械学習

このコースでは、Statistics and Machine Learning Toolbox™ および Neural Network Toolbox™ の機能を使用して、MATLAB® でのデータ解析と機械学習の手法を中心に学びます。また、教師なし学習を使った大規模データセットの特徴の抽出と、教師あり学習を使った予測モデルの構築について説明します。例題と演習では、可視化と結果の評価方法を詳しく取り上げます。

MATLAB コードの高速化と並列処理

この2日コースでは、MATLAB® コードを高速化するための様々なテクニックについて学びます。 配列の事前定義やベクトル化などの手法を使用して、計算上のボトルネックを削除できるだけでなく、MATLAB Coder™を使用して、MATLAB コードを MEX ファイルにコンパイルすることができます。 さらに、Parallel Computing Toolbox ™を使用して for ループを並列化することで、コンピュータ上の複数のコアを活用できるようになります。また、MATLAB Distributed Computing Server™ を 使用して複数のコンピュータに分散処理させることもできます。コース全体を通じてこれら各種テクニックの相互関係について理解を深めていきます。

数量ファイナンス パス

必要条件

金融分野向け MATLAB 基礎

このコースでは、金融プロフェッショナル向けの MATLAB の技術計算環境を総合的に解説します。このコースは金融分野の初級ユーザーや、再び MATLAB を学び直したい方を対象としています。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。時系列分析、モンテカルロ シミュレーション、ポートフォリオ管理、および解析など、金融分野の事例での応用を重点的に学びます。

必修

MATLAB による統計解析

このコースでは、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox を使用した統計データ解析を取り上げます。例題と演習では、データをインポートおよび整理し、探索的な解析、統計検定、シミュレーションを行いながら、MATLAB と Statistics and Machine Learning Toolbox で提供される機能の適切な使い方を学びます。

Toolbox 開発者向け MATLAB プログラミング テクニック

このコースでは、MATLAB 言語で効率的かつ、ロバストで構造化されたコードを書くためのテクニックについて学びます。これらのコンセプトは MATLAB でアプリケーション開発やアルゴリズム開発、そして既存機能の拡張 (例えば、独自の Toolbox の開発など) を行う上で大変重要です。コースではパフォーマンスの最適化のほか、コードの記述、デバッグ、プロファイリングを行うツールの利用方法について詳しく学ぶことができます。

任意

MATLAB によるオブジェクト指向プログラミング

オブジェクト指向プログラミング手法を使って複雑な MATLAB® アプリケーションの開発とメンテナンスを行う方法について学びます。また、ソフトウェアの品質や柔軟性を高めるための "テスト駆動開発" アプローチも取り上げます。

金融アプリケーション開発パス

必要条件

金融分野向け MATLAB 基礎

このコースでは、金融プロフェッショナル向けの MATLAB の技術計算環境を総合的に解説します。このコースは金融分野の初級ユーザーや、再び MATLAB を学び直したい方を対象としています。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。時系列分析、モンテカルロ シミュレーション、ポートフォリオ管理、および解析など、金融分野の事例での応用を重点的に学びます。

必修

Toolbox 開発者向け MATLAB プログラミング テクニック

このコースでは、MATLAB 言語で効率的かつ、ロバストで構造化されたコードを書くためのテクニックについて学びます。これらのコンセプトは MATLAB でアプリケーション開発やアルゴリズム開発、そして既存機能の拡張 (例えば、独自の Toolbox の開発など) を行う上で大変重要です。コースではパフォーマンスの最適化のほか、コードの記述、デバッグ、プロファイリングを行うツールの利用方法について詳しく学ぶことができます。

MATLAB による対話型アプリケーションの構築

このコースでは、MATLAB でアプリケーションの対話型ユーザー インターフェイスを作成する方法について学びます。プッシュ ボタンやテキスト ボックス等のユーザー インターフェイス コントロールや、それらを使用してロバストで使いやすいインターフェイスを MATLAB アプリケーション上に作成する方法について学びます。グラフィックス インターフェイスのプログラミング経験は必要ありません。

任意

MATLAB によるオブジェクト指向プログラミング

オブジェクト指向プログラミング手法を使って複雑な MATLAB® アプリケーションの開発とメンテナンスを行う方法について学びます。また、ソフトウェアの品質や柔軟性を高めるための "テスト駆動開発" アプローチも取り上げます。

MATLAB コードの高速化と並列処理

この2日コースでは、MATLAB® コードを高速化するための様々なテクニックについて学びます。 配列の事前定義やベクトル化などの手法を使用して、計算上のボトルネックを削除できるだけでなく、MATLAB Coder™を使用して、MATLAB コードを MEX ファイルにコンパイルすることができます。 さらに、Parallel Computing Toolbox ™を使用して for ループを並列化することで、コンピュータ上の複数のコアを活用できるようになります。また、MATLAB Distributed Computing Server™ を 使用して複数のコンピュータに分散処理させることもできます。コース全体を通じてこれら各種テクニックの相互関係について理解を深めていきます。

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

MATLAB による信号処理

このコースでは、MATLAB、Signal Processing Toolbox、および DSP System Toolbox を使用した信号解析やデジタル信号処理システムの設計方法について学習します。

任意

MATLAB Coder による C コード生成

このコースでは、MATLAB Coder を使用して MATLAB コードから C コードを生成する機能について学びます。主に、コード生成に対応した MATLAB コードの開発、最適化要件を満たす C コード生成、親プロジェクトおよび外部モジュールへの生成コードの統合について取り上げます。このコースは中級または上級レベルの MATLAB ユーザーを対象としています。

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

MATLAB による画像処理

このコースでは、MATLAB と Image Processing Toolbox を使用した画像解析を取り上げます。例題と演習では、解析プロセスを通じて MATLAB と Image Processing Toolbox で提供される機能の適切な使い方を学びます。

MATLAB によるコンピュータ ビジョン

このコースでは、MATLAB と Computer Vision System Toolbox を使用してコンピューター ビジョンの課題に取り組む方法を学習します。

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

MATLAB による通信システムの設計

このコースでは、MATLAB を使用してデジタル通信システムを設計およびシミュレーションする方法を学びます。さまざまなチャネル障害およびそのモデリングについても取り上げます。

MATLAB による LTE および LTE Advanced 物理層システムの設計

このコースでは、LTE および LTE Advanced 物理層の概要を説明します。MATLAB と LTE System Toolbox を使って、基準 LTE 波形を生成し、エンド ツー エンドの LTE PHY モデルの構築とシミュレーションを行う方法を学びます。

MathWorks Certified MATLAB Associate パス

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

MathWorks Certified MATLAB Associate 試験

MATLAB® 認定の最初のレベルが “Certified MATLAB Associate” です。この認定によって MATLAB の熟達レベルを証明することができます。認定を得ることは、ご自身の専門性を高め、キャリアを促進させる手助けとなることでしょう。このレベルをマスターすると、次に難易度の高いレベルの認定である Certified MATLAB Professional に進むこともできます。

MathWorks Certified MATLAB Professional パス

必要条件

MathWorks Certified MATLAB Associate 試験

MATLAB® 認定の最初のレベルが “Certified MATLAB Associate” です。この認定によって MATLAB の熟達レベルを証明することができます。認定を得ることは、ご自身の専門性を高め、キャリアを促進させる手助けとなることでしょう。このレベルをマスターすると、次に難易度の高いレベルの認定である Certified MATLAB Professional に進むこともできます。

Toolbox 開発者向け MATLAB プログラミング テクニック

このコースでは、MATLAB 言語で効率的かつ、ロバストで構造化されたコードを書くためのテクニックについて学びます。これらのコンセプトは MATLAB でアプリケーション開発やアルゴリズム開発、そして既存機能の拡張 (例えば、独自の Toolbox の開発など) を行う上で大変重要です。コースではパフォーマンスの最適化のほか、コードの記述、デバッグ、プロファイリングを行うツールの利用方法について詳しく学ぶことができます。

MATLAB によるデータ処理と可視化

このコースでは、データ解析アプリケーション用のデータのインポートおよび準備を行う方法を取り上げます。このコースは複数のソースから得られたデータの可視化や解析、それらの自動化を行うデータ アナリストやデータ サイエンティストを対象としています。

MATLAB による対話型アプリケーションの構築

このコースでは、MATLAB でアプリケーションの対話型ユーザー インターフェイスを作成する方法について学びます。プッシュ ボタンやテキスト ボックス等のユーザー インターフェイス コントロールや、それらを使用してロバストで使いやすいインターフェイスを MATLAB アプリケーション上に作成する方法について学びます。グラフィックス インターフェイスのプログラミング経験は必要ありません。

必修

MathWorks Certified MATLAB Professional 試験

Certified MATLAB Associate 資格を取得すると、認定ポートフォリオを積み上げる土台ができ、次のレベルの Certified MATLAB Professional をマスターする準備ができます。Certified MATLAB Professional 認定を取得すると、基本的な MATLAB スキルから MATLAB コミュニティで最も習熟度が高いメンバーと同等のレベルまでマスターしていることが示されます。


Simulink ラーニングパス

監視制御ロジック パス

必要条件

Simulink 基礎

このコースは、Simulink でシステム モデリング、アルゴリズム モデリング、および設計検証を経験したことのない技術者を対象としています。Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。

必修

Stateflow 基礎

このコースでは、Stateflow を用いた判定フローや有限ステート マシンの作成方法を紹介します。特に、フローチャート、ステート マシン、そして真理値表を Simulink の中で作成する方法を中心に説明します。

Embedded Coder による量産向けコード生成

この実習コースでは、Simulink 環境でモデルを開発して組み込みシステムに実装する方法について学びます。本コースは、Embedded Coder による組み込みコードの生成、検証、および実装を検討されている方にお勧めです。

制御設計および分析パス

必要条件

Simulink 基礎

このコースは、Simulink でシステム モデリング、アルゴリズム モデリング、および設計検証を経験したことのない技術者を対象としています。Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。

必修

MATLAB と Simulink による制御設計

この2日コースではモーター駆動システムを取り上げ、MATLAB と Simulink を使用した閉ループ制御システムの設計方法(モデル化、制御設計、検証)について学びます。本コースでは MATLAB、Simulink の他に、主に Control System Toolbox、System Identification Toolbox、Simulink Control Design、Simulink Design Optimization を使用します。

Embedded Coder による量産向けコード生成

この実習コースでは、Simulink 環境でモデルを開発して組み込みシステムに実装する方法について学びます。本コースは、Embedded Coder による組み込みコードの生成、検証、および実装を検討されている方にお勧めです。

組み込みシステム パス

必要条件

Simulink 基礎

このコースは、Simulink でシステム モデリング、アルゴリズム モデリング、および設計検証を経験したことのない技術者を対象としています。Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。

必修

ラピッドプロトタイピング と インザループテストの基礎

この1日コースでは Simulink® Coder™ と Embedded Coder® を使用した組み込みアプリケーションの設計および、 テストの基礎について学びます。主に、シミュレーションの高速化、配布アプリケーションのパラメータチューニング、コードの構造、コードの検証、 実行プロファイリングについて取り上げます。

Embedded Coder による量産向けコード生成

この実習コースでは、Simulink 環境でモデルを開発して組み込みシステムに実装する方法について学びます。本コースは、Embedded Coder による組み込みコードの生成、検証、および実装を検討されている方にお勧めです。

任意

MATLAB と Simulink による Xilinx Zynq SoC プログラミング

この2日間のコースでは、Simulink® 環境で開発されたモデルを Xilinx® Zynq® 7000 all programmable SoCs に実装する方法を学びます。 なお、このコースは Embedded Coder® や HDL Coder™ を使用してソフト/ハード協調設計用の組み込みコードや HDL コードを自動生成、検証および実装することを目的とした Simulink ユーザー向けの内容になっています。なお、トレーニング中は1人1台の ZedBoard™を使用し、受講後はお持ち帰りいただけます。

Polyspace Code Prover によるコード検証

このコースでは、Polyspace Code Prover を使用して、コードの正確さの検証、ソフトウェア品質メトリックの改善、および製品の完全性の保証を行う方法について学びます。この実習コースは組み込みシステムをターゲットとするモデルやソフトウェアを開発するエンジニアを対象としています。

FPGA 設計パス

必要条件

Simulink 基礎

このコースは、Simulink でシステム モデリング、アルゴリズム モデリング、および設計検証を経験したことのない技術者を対象としています。Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。

必修

ラピッドプロトタイピング と インザループテストの基礎

この1日コースでは Simulink® Coder™ と Embedded Coder® を使用した組み込みアプリケーションの設計および、 テストの基礎について学びます。主に、シミュレーションの高速化、配布アプリケーションのパラメータチューニング、コードの構造、コードの検証、 実行プロファイリングについて取り上げます。

HDL Coder による HDL コード生成

このコースでは、HDL Coder と HDL Verifier を使用して Simulink モデルから HDL コードを生成し、検証する方法について学びます。

任意

MATLAB と Simulink による Xilinx Zynq SoC プログラミング

この2日間のコースでは、Simulink® 環境で開発されたモデルを Xilinx® Zynq® 7000 all programmable SoCs に実装する方法を学びます。 なお、このコースは Embedded Coder® や HDL Coder™ を使用してソフト/ハード協調設計用の組み込みコードや HDL コードを自動生成、検証および実装することを目的とした Simulink ユーザー向けの内容になっています。なお、トレーニング中は1人1台の ZedBoard™を使用し、受講後はお持ち帰りいただけます。

必要条件

Simulink 基礎

このコースは、Simulink でシステム モデリング、アルゴリズム モデリング、および設計検証を経験したことのない技術者を対象としています。Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。

必修

Simulink モデルの管理

このコースでは、モデルベース デザインを設計プロセスに適用するための様々な機能について学びます。特に大規模なプロジェクト環境において、Simulink モデルを共有および管理するための機能について取り上げます。主に、Simulink Verification and Validation、Simulink Report Generatorについて学びます。

Simulink モデルの検証と妥当性確認

このコースでは、システム要求に対する Simulink モデルの動作テストを行うテクニックについて学びます。主に、Simulink Test 、Simulink Verification and Validation、Simulink Design Verifier について学びます。

機械システム モデリング パス

必要条件

Simulink 基礎

このコースは、Simulink でシステム モデリング、アルゴリズム モデリング、および設計検証を経験したことのない技術者を対象としています。Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。

必修

Simscape によるマルチドメイン システムの物理モデリング

このコースでは、Simscape を使って様々な物理ドメインのシステムをモデル化し、それらをマルチドメイン システムとして Simulink 環境で統合する方法を学びます。

SimMechanics による力学系の物理モデリング

この1日コースでは SimMechanics を使って、Simulink 環境における力学系の物理モデル化を行う方法を学びます。

電気システム モデリング パス

必要条件

Simulink 基礎

このコースは、Simulink でシステム モデリング、アルゴリズム モデリング、および設計検証を経験したことのない技術者を対象としています。Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。

必修

Simscape によるマルチドメイン システムの物理モデリング

このコースでは、Simscape を使って様々な物理ドメインのシステムをモデル化し、それらをマルチドメイン システムとして Simulink 環境で統合する方法を学びます。

SimPowerSystems による電力系統の物理モデリング

このコースでは、Simulink 環境における SimPowerSystems を用いた電力系統システムのモデリングについて学習します。

組み込みシステム パス

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

Simulink による信号処理

このコースは Simulink の初心者ユーザーを対象としています。信号処理アプリケーション向けの Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。主に、Simulink とDSP System Toolbox を使用します。

Embedded Coder による量産向けコード生成

この実習コースでは、Simulink 環境でモデルを開発して組み込みシステムに実装する方法について学びます。本コースは、Embedded Coder による組み込みコードの生成、検証、および実装を検討されている方にお勧めです。

任意

MATLAB と Simulink による Xilinx Zynq SoC プログラミング

この2日間のコースでは、Simulink® 環境で開発されたモデルを Xilinx® Zynq® 7000 all programmable SoCs に実装する方法を学びます。 なお、このコースは Embedded Coder® や HDL Coder™ を使用してソフト/ハード協調設計用の組み込みコードや HDL コードを自動生成、検証および実装することを目的とした Simulink ユーザー向けの内容になっています。なお、トレーニング中は1人1台の ZedBoard™を使用し、受講後はお持ち帰りいただけます。

FPGA 設計パス

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

必修

Simulink による信号処理

このコースは Simulink の初心者ユーザーを対象としています。信号処理アプリケーション向けの Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。主に、Simulink とDSP System Toolbox を使用します。

HDL Coder による HDL コード生成

このコースでは、HDL Coder と HDL Verifier を使用して Simulink モデルから HDL コードを生成し、検証する方法について学びます。

 

任意

MATLAB と Simulink による Xilinx Zynq SoC プログラミング

この2日間のコースでは、Simulink® 環境で開発されたモデルを Xilinx® Zynq® 7000 all programmable SoCs に実装する方法を学びます。 なお、このコースは Embedded Coder® や HDL Coder™ を使用してソフト/ハード協調設計用の組み込みコードや HDL コードを自動生成、検証および実装することを目的とした Simulink ユーザー向けの内容になっています。なお、トレーニング中は1人1台の ZedBoard™を使用し、受講後はお持ち帰りいただけます。

必要条件

MATLAB 基礎

このコースでは、MATLAB のテクニカル コンピューティング環境を総合的に学ぶことができます。プログラミングの経験または MATLAB の予備知識は必要ありません。コース全体を通して、データ解析、可視化、モデリング、プログラミングについて学習します。

Simulink による信号処理

このコースは Simulink の初心者ユーザーを対象としています。信号処理アプリケーション向けの Simulink ブロック線図を開発するための基本的なモデリング技術とツールの使い方を学びます。主に、Simulink とDSP System Toolbox を使用します。

必修

Simulink による通信システムのモデル化

この実習コースでは、Simulink 製品を使用して一般的な通信システムを設計する方法を学びます。Simulink、Communications System Toolbox、DSP System Toolbox を使用してエンド ツー エンドの通信システムを設計する方法を中心に説明します。

HDL Coder による HDL コード生成

このコースでは、HDL Coder と HDL Verifier を使用して Simulink モデルから HDL コードを生成し、検証する方法について学びます。

任意

MATLAB と Simulink による Xilinx Zynq SoC プログラミング

この2日間のコースでは、Simulink® 環境で開発されたモデルを Xilinx® Zynq® 7000 all programmable SoCs に実装する方法を学びます。 なお、このコースは Embedded Coder® や HDL Coder™ を使用してソフト/ハード協調設計用の組み込みコードや HDL コードを自動生成、検証および実装することを目的とした Simulink ユーザー向けの内容になっています。なお、トレーニング中は1人1台の ZedBoard™を使用し、受講後はお持ち帰りいただけます。


 ライブ形式のオンラインコース

 自己学習形式のオンラインコース (MATLAB Academy)

 クラスルーム形式の定期トレーニング

 カスタマイズされたオンサイトトレーニング at your work site

MATLAB Associate Certification 試験対策として推奨

MATLAB Professional Certification 試験対策として推奨