Simulink Design Verifier



R2017a で提供される Version 3.3 では、以下の機能が強化されています。

  • アクティビティ ベースのタイム スライス: モデル スライサーの強調表示でシミュレーションのステート アクティビティ タイミングを可視化
  • バス要素端子のサポート: 設計エラーの検出、テストの生成、バス要素端子を含むモデルのプロパティ証明
  • インクリメンタル テスト生成: テスト マネージャーから追加のテストを生成してカバレッジを向上
  • 改善された解析起動時間: 互換性チェックの結果を後の解析で再利用

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016b で提供される Version 3.2 では、以下の機能が強化されています。

  • Stateflow のモデル スライサー: 指定されたシミュレーション時間枠内のアクティブな状態と遷移を強調表示
  • モデルスライサー: Simulink Test によって作成されるテスト ハーネスでの予期しないビヘイビアーを強調表示
  • MCDC テストの生成: カスケードされた Simulink ロジック ブロック ネットワークのために MCDC カバレッジからテストを生成
  • インクリメンタル テスト生成: テスト ハーネス内のモデル オブジェクトのカバレッジを増加させるテストを生成
  • デッド ロジックの検出: デッド ロジックを有理近似せずに正確に検出

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 3.1 では、以下の機能が強化されています。

  • テストの生成: C/C++ S-Function のテストを自動生成
  • バリアント削減: アクティブなバリアントの構成に基づいてスライス モデルを作成
  • オーバーフロー検出: 標準以外の語長の固定小数点型のオーバーフロー エラーを自動検出
  • Simulink 関数: Simulink 関数を含むモデルの検証を実行
  • レポート生成: 解析レポートを PDF 形式で生成

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

2015aSP1 で提供される Simulink 2.8.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 3.0 では、以下の機能が強化されています。

  • C の S-Function の解析
  • モデル スライサー API
  • バス要素に指定した範囲最小値と範囲最大値を解析
  • 設計エラー検出用のモデル アドバイザー チェック
  • テスト生成アドバイザーの改善:
  • Simulink Test でテスト入力を生成してそれらを テスト ケースにエクスポート

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Global Optimization Toolbox 2.8 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。