R2017a で提供される Version 3.13 では、以下の機能が強化されています。

  • マスキング Modified Condition Decision Coverage (MCDC) 解析: マスキング MCDC を使用してモデル カバレッジの向上を達成
  • デッド ロジック正当化の自動化: Simulink Design Verifier によって検出された達成不可能なカバレッジを除外
  • クローン検出の改善: 重複のライブラリ パターンおよびサブシステム クローンをリファクタリング
  • MAAB に対する Stateflow 編集時チェック: 編集時にガイドライン違反を修正
  • モデル メトリクス API: 参照モデルとライブラリを解析してメトリック データを集約
  • IBM Rational DOORS Next Generation サポート:ート: DOORS Next Generation の要件へのモデル要素のリンクと追跡

詳細につきましては、リリース ノートをご覧ください。

R2016b で提供される Version 3.12 では、以下の機能が強化されています。

  • 編集時チェック機能: 設計時にモデルに潜在的規格準拠の問題を検出や修正
  • 複製およびバリアント検出: モデルのリファクターおよび簡略化を行うためにモデル化のパターンを特定
  • MISRA 準拠: Simulink Verification and Validation で利用可能な MISRA チェックを実行
  • プロセッサインザループのコード カバレッジ: プロセッサインザループでコード カバレッジを測定
  • MCDC モデル カバレッジ: カスケードされた Simulink ロジック ブロック ネットワークのために MCDC カバレッジを記録
  • カバレッジ結果の表示: Coverage Results Explorer でモデル カバレッジの結果へのアクセス、管理および集計
  • 統合カバレッジ構成設定: [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックス内に統合されたカバレッジ設定にアクセス
  • ハーネス要求仕様のリンク: 外部に格納されたテスト ハーネスのモデル オブジェクトと要求仕様をリンク

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 3.11 では、以下の機能が強化されています。

  • モデル メトリクス API: メトリクスをプログラムによって実行および作成
  • 医療規格 IEC 62304 用のモデル アドバイザー チェック: モデルの医療規格への準拠をチェック
  • モデル アドバイザーの標準チェック: モデルの命名標準への準拠をチェック
  • モデル アドバイザー チェックのパラメーター化: 入力パラメーターを使用してチェック動作を制御
  • 生成されたコードのコード カバレッジ: カバレッジ解析によって生成されたコードのテスト容易性を測定
  • 要求仕様のリンク: Test Sequence ブロックのテスト ハーネスおよびステップのオブジェクトの要求仕様をトレース

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

2015aSP1 で提供される Simulink 3.9.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 3.10 では、以下の機能が強化されています。

  • モデル アドバイザーはサイズ、循環的複雑度および可読性モデル メトリクスをチェック
  • モデル アドバイザーは Adobe PDF および Microsoft Word の形式でレポートを作成
  • モデル アドバイザーはJMAAB ガイドラインVersion 4.0 のチェックをサポート
  • モデル カバレッジ解析中に記録されたブロック実行
  • モデル コンフィギュレーション セット内のモデル カバレッジ パラメーターを管理

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Version 3.9 では、以下の機能が強化されています。

  • C コードの S-Function のカバレッジ測定
  • MATLAB 関数用のモデル アドバイザー チェック

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。