Simulink の新機能

私たちは絶えず Simulink を改良しています。最新の機能についてご覧ください。

思考のスピードに合わせて編集

Simulink では、モデル化や編集の作業方法を改善するための機能拡張が常に行われています。各リリースでは、目標の達成や設計の実現に向けてモデルを改良するうえで、作業時間の短縮につながるツールやリソースが追加されています。

Simulink Online: Web ブラウザーから Simulink を使用 – R2020b

Simulink 入門: Simulink モデルの作成、編集、シミュレーションの基礎を対話形式のチュートリアルで学習 – R2019a

Simulink ツールストリップ: 必要なときにアクセスして、Simulink 機能を発見 – R2019b

柔軟なポート配置: サブシステム、サブシステム参照、モデル参照、および Stateflow チャートにおいて、ブロックのどの側面にも、どの順番でもポートを配置可能 – R2020a

端子の自動作成: ブロック外枠のクリックまたはドラッグによる端子の作成 – R2018b

設計のコンポーネント化

システムのコンポーネント化、同時並行開発、共有、再利用によって、複雑な設計でも開発できるようになります。

サブシステム参照: 任意のサブシステムをサブシステム参照に変換してモデルをコンポーネント化し、スタンドアロン ファイルに保存して再利用を促進 – R2019b

モデル参照: 参照モデルをその親モデルのコンテキストで開くことで、ウィンドウの煩雑さを軽減し、複数の Model ブロックにわたる信号追跡を簡略化 – R2019a

ブロックセット デザイナー: 1 つのインターフェイスでブロックセット全体の作成からテスト、文書化、公開まで対応 – R2019b

S-function Builder: 統合されたコードエディターとツールストリップ ビューでカスタムブロック作成のワークフローを改善 – R2020b

C CallerC Function ブロック: 直接的な C コードの記述または C 関数の呼び出しにより、外部アルゴリズムを統合、外部アルゴリズムを統合 – R2018b、R2020a

ランタイム ソフトウェアのモデル化

組み込みソフトウェア フレームワーク向けに Simulink コンポーネントをモデル化、シミュレーション、ターゲット実装できます。モデリング抽象化を使用すると、アルゴリズムモデルの機能を強化してスケジューリングや通信、メモリ、診断サービスをマッピングしたり、関数をスケジューリングして実行順序の効果を調べたりすることができます。ランタイム ソフトウェアをモデル化することで、生成したコードをターゲットに展開する前に問題を検出します。

スケジュール エディター: モデルコンポーネントの実行を明示的にスケジューリング – R2019a

メッセージ: メッセージベース通信を備えたソフトウェア構成のためのモデル化および C++ コード生成 – R2019b

For Each Subsystem: Function Caller ブロックを使用して、繰り返しの実行からサービス ユーティリティを呼び出し – R2020b

Sequence Viewer: 関数呼び出し、メッセージ通信、Stateflow の状態変化、イベントのアクティビティを経時的に可視化 – R2019b

行優先の配列レイアウト: ルックアップテーブルやその他のブロックの配列レイアウトを行優先として指定し、外部の C/C++ 関数やツール、ライブラリとの統合を簡略化 – R2018b

シミュレーションの高速化

ソルバー技術における最新の開発、キャッシュされたシミュレーション アーティファクト、シミュレーション ワークフローのその他の機能強化によって、シミュレーションのパフォーマンスを最大限に高めます。また、並列性を使用して、大規模なシミュレーションをスケールアップすることもできます。

並列シミュレーション: parsim コマンドから複数の並列シミュレーションを直接実行 – R2017a

バッチ シミュレーション: batchsim でシミュレーションの実行をオフロードしてバックグラウンドで実行 – R2018b

シミュレーション マネージャー: 設定可能なプロットを使用して、シミュレーション実行中に結果を解析 – R2019b

実行領域の指定: モデル内のサブシステムの領域を指定することで、ソルバーのパフォーマンスとコードを改善 – R2018b

Simulink キャッシュ: 共有されたモデル アーティファクトを使用してシミュレーション結果をよりすばやく取得 – R2017a

シミュレーションの解析

モデルのシミュレーションと結果のデバッグ、解析、可視化が必要な場合、Simulink には、システム動作の理解を深めるのに適したツールが用意されています。

対話形式のシミュレーション比較レポート: シミュレーション データ インスペクターから対話形式の HTML 比較レポートを生成して共有 – R2020a

シミュレーションのペーシング: 可視化の結果をより確認しやすくするために、シミュレーションを実時間の速度またはその他の指定されたペースで実行 – R2018a

シミュレーション データ インスペクター: 同期されたカーソルを使用して、複数のサブプロットにまたがるテストデータやシミュレーション データを再生 – R2019a

信号エディター: マウスまたはタッチパネルを使って信号をグラフィカルに作成および挿入 – R2019a

実行順序ビューアー: ブロックがシミュレーションされる順序を特定 – R2019b

ハードウェアでのアルゴリズムの実行

Arduino ボード、Raspberry Pi コンピューター、LEGO MINDSTORMS EV3、Android/iOS のスマートフォンやタブレットなどの、さまざまなハードウェア上でアルゴリズムを直接実行します。展開されたアルゴリズムはスタンドアロンで実行することもできれば、Simulink に接続して、対話式でパラメーターを調整し、ほぼリアルタイムで信号を可視化することもできます。

I/O接続へ対応: シミュレーション中に Arduino と Raspberry Pi 周辺機器にアクセス – R2020a

エクスターナル モード: Dashboard ブロックやシミュレーション データ インスペクターを使用して、Arduino や Raspberry Pi でモデルを対話的に実行 – R2019a

無線通信: UDP および TCP/IP ブロックによって Simulink ハードウェア ターゲットの相互通信が可能 – R2017a

Android および iOS モバイルデバイス向けサポート: Simulink モデルからモバイルアプリを直接作成 – R2017b

Simulink Support Package for Parrot Minidrones: Parrot ミニドローンに飛行制御アルゴリズムを展開 – R2017b

プロジェクトの管理

タスク、プロセス、ファイルの管理の自動化によって、開発管理やチームとの連携を行います。自動化とソース管理との統合によって、プロジェクトのコンポーネント化、ファイルの整理のほか、それらの依存関係の解析、変更の比較、一般的な操作を行います。

自動マージツール: ソース管理ツールをカスタマイズしてモデルを自動マージ – R2020b

プロジェクト参照: プロジェクト参照の階層全体と関連ファイルを Simulink プロジェクトから直接参照 – R2018b

依存関係アナライザー: アーカイブへのエクスポート、依存関係レポートの生成、依存関係グラフからのプロジェクト作成 – R2020b

プロジェクトの互換性: Simulink.exportToVersion を使って、完全なプロジェクトを以前のリリースの MATLAB にエクスポート – R2020b

設計データの管理

設計データの処理の拡張および自動化によって、より効率的な開発ワークフローを支援し、開発プロセスの整合性を高めます。

モデル引数: インスタンス固有のパラメーターをネストされたモデル参照階層で簡単に構成し、最上位レベルで値を指定 – R2019a

データディクショナリ: 個別のディクショナリで参照モデルのグローバルデータを定義すると、Simulink が統合時に整合性をチェック – R2019a

未定義変数の検出: モデルの編集中に、欠落している変数に関する通知を瞬時に取得 – R2018a

モデル データ エディター: 信号、状態、参照される変数などのモデルで使用されるより多くのデータを簡単に表示、フィルター処理、グループ化、および編集 – R2017b

最新リリースへのアップグレード

Simulink の組み込み機能は、最新機能がどのようなメリットをもたらすかを特定することにより、アップグレード プロセスをサポートします。リリースノートでは、2 つのリリース間での非互換の機能をすべて迅速に特定し、それらに対応するための推奨事項を確認できます。

Simulink プロジェクトのアップグレード: Simulink プロジェクト内のすべてのモデルを最新リリースに簡単にアップデート – R2017b