Simulink

 

Simulink の新機能

私たちは絶えずSimulink® を改良しています。最新の機能についてご覧ください。

Simulink の新着情報を開発チームから直接お届けします。

スマート編集

Simulink 入門: Simulink モデルの作成、編集、およびシミュレーションの基礎を対話型チュートリアルで学習

端子の自動作成: ブロック外枠のクリックまたはドラッグによる端子の作成

予測クイック挿入: モデル内の既存のブロックへ接続する推奨ブロックを使用頻度で並べ替えて表示

ブロック アイコンで編集: ダイアログ ボックスを開かずにブロック パラメーターを変更

端子接続キュー: 信号線描画時に互換性のある端子を強調表示

ブロック名の非表示: 既定のブロック名を非表示にしてモデルの外観を改善

バス配線の削減: サブシステム間およびサブシステム内の信号線を減らすために信号をバスとして素早くグループ化し、バス要素ポートを自動的に作成

ランタイム ソフトウェア モデリング

スケジュール エディター:モデルコンポーネントの実行を明示的にスケジュール

行優先の配列レイアウト: ルックアップ テーブルおよびそ の他のブロックの配列レイアウトを行優先として指定するこ とでの外部 C/C++

スケジュール可能なコンポーネント: シミュレーションとソフトウェア環境適応のためモデルを明示的にスケジュール

スコープを指定した Simulink 関数: 再利用可能なソフトウェア コンポーネントのためにモデルの境界を超える Simulink 関数を作成

シミュレーション解析

シミュレーション データ インスペクター: 同期されたカーソルを使用して、複数のサブプロットにわたりテストデータとシミュレーション データを再生

信号エディター: マウスまたはタッチパネルを使用して信号をグラフィカルに作成および挿入

タイミングの凡例::モデル実行仕様の識別とトレース

カスタムゲージ ブロック: 見た目を自由にカスタマイズす ることができるゲージを作成

シミュレーションデータ インスペクターのマップ : シミュ レーションデータ インスペクターで信号データと同期した マップデータを表示

シミュレーション ペーシング可視化結果を確認しやすくするためにシミュレーションを実時間の速度またはその他の指定されたペースで実行

ライブ エディターのシミュレーション データ インスペクター: ライブ エディターでシミュレーション データ インスペクターのプロットを直接追加、表示、編集

診断処理: 代数ループなどの診断メッセージからのエラーと警告を直接修正し、非表示にされた診断を管理

ヒット クロッシング メッセージ: デバッグ用メッセージを作成し、ハイブリッド システム モデリング用に Simulink でイベントを表示するため、Stateflow および

ハードウェア サポート

エクスターナルモード:Dashboard ブロックとシミュレーション データインスペクターを使用して、Arduino や Raspberry Pi でモデルを対話的に実行

PARROT ミニドローン向け Simulink サポート パッケージ: PARROT ミニドローンの飛行制御アルゴリズムを展開

Android および iOS モバイル デバイス向けサポート: Simulink モデルからモバイル アプリを直接作成

無線通信: UDP および TCP/IP ブロックを使用して Simulink ハードウェア ターゲットが相互に通信可能

プロジェクト管理

モデル比較:モデルの比較時に、より正確な Simulink ブロックの一致を取得

プロジェクトリファレンス: 完全なプロジェクト リファレ ンスの階層と関連ファイルを Simulink プロジェクトから直 接参照

プロジェクト全体のバスの名前変更: バスまたはバス要素の 名前変更時に Simulink プロジェクト全体のすべてのバス リファレンスを自動的に更新

モデル比較: カスタム フィルターを使用してモデル比較を 単純化およびフォーカス

影響解析: Simulink プロジェクトで依存関係と、ブロックまたは要件の変更による影響を簡単に識別

プロジェクトの自動作成: フォルダーをプロジェクトにして ファイル、データおよび環境を 1 か所で簡単に管理

データ管理

モデル引数:入れ子にされたモデル参照階層でインスタンス固有のパラメーターを簡単に構成し、最上位レベルで値を指定

データディクショナリ:個別のディクショナリで参照モデルのグローバルデータを定義すると、Simulink が統合時に整合性をチェック

ブロックパラメーターのオートコンプリート: 入力に応じ て提案される変数または関数名から選択することでブロック パラメーター編集の速度と精度を向上

未定義変数の検出: モデルの編集中に、欠落している変数に関する通知を瞬時に取得

モデル設計データ: データ ディクショナリからベース ワークスペースへのアクセスを許可することで、設計データに複数のソースを使用可能

文字列: 組み込みシステム開発で文字列をネイティブサポート

信号エディター: 複数のシミュレーション向けに整理できる入力信号を作成および編集

モデル データ エディター: 信号、状態、参照される変数などのモデルで使用されるより多くのデータを簡単に表示、フィルター、グループ化および編集

コンポーネントベース モデリング

モデル参照:参照モデルをその親モデルのコンテキストで開くことで、ウィンドウクラッターの数を減らし、複数の Model ブロックにわたり信号を簡単に追跡可能

MATLAB System ブロック:MATLAB System ブロックから Simulink 関数を呼び出し

C Caller ブロック: 外部 C 関数のモデルからの直接呼び出し

バス: Simscape の物理接続ラインからバスを作成し、仮想バス内のバスと非仮想バスの配列を保持

バスのバリアント信号: 可変条件を使用してバス要素を動的に追加および削除

Simulink バリアント: 改善されたバリアント サブシステムとバリアント条件の伝播機能を使用し、よりカスタマイズ可能なバリアント モデルを作成

パフォーマンスの改善

実行ドメイン指定: モデル内のサブシステムのドメインを指 定することで、ソルバーのパフォーマンスとコードを改善

Simulink キャッシュ: 共有されたモデル成果物を使用してシミュレーション結果をより早く取得

並列シミュレーション

バッチシミュレーション: batchsim を使用した、シミュ レーションの実行をオフロードしたバックグラウンドでの実 行

シミュレーション マネージャー: シミュレーションの進行状況および結果を監視、検査、可視化

並列シミュレーション: parsim コマンドで直接複数のシミュレーションを並列実行

機能のアップグレード

Simulink プロジェクトのアップグレード: プロジェクト内の MATLAB コード ファイルの互換性をチェックすることで、新しいリリースへのアップグレードを効率化

Simulink プロジェクトのアップグレード: Simulink プロジェクト内のすべてのモデルを最新リリースに簡単に更新