Simscape


Version 4.3, part of Release 2017b, includes the following enhancements:

Simscape Language

  • Simscape Functions: Reuse expressions in equations and member declarations of multiple components
  • initialevent Operator: Initialize event variables

Foundation Library and Simulation

  • Nominal Value Specification: Improve simulation robustness by providing scale of variables to the solver
  • Operating Point Management: Initialize models from saved operating points
  • Lookup Table Visualization: Plot the data based on specified interpolation and extrapolation methods
  • Thermal Liquid Properties Visualization: Plot the data over pressure and temperature domains

See the Release Notes for details.

Version 4.2, part of Release 2017a, includes the following enhancements:

Simscape Language

  • Mode Charts: Define distinct modes for component behavior
  • Enumerations: Specify a discrete set of acceptable parameter values
  • Run-Time Parameter Support for Declaration Functions: Tune input values for MATLAB functions that declare block parameters without regenerating code
  • Block-Level Diagnostics for Numbers of Equations and Unknowns: Identify overdefined or underdefined components

Foundation Library and Simulation

  • simscape.findNonlinearBlocks Function: Identify components with nonlinear equations
  • On-Demand Update for Variable Viewer and Statistics Viewer: Streamline review of modeling statistics
  • Gas Pressure and Flow Rate Sources That Perform No Thermodynamic Work: Configure flow conditions without affecting temperature
  • Thermodynamic Properties Sensor Blocks: Measure thermodynamic quantities in gas and thermal liquid domains

See the Release Notes for details.

Version 4.1, part of Release 2016b, includes the following enhancements:

Simscape Language

  • Conditional Sections: Define variants within component files
  • Declaration Functions: Call MATLAB from member declarations
  • Implicit Reference Connection Syntax: Simplify connections to reference node
  • 4D Table Lookup: Define lookup tables with four independent variables

Foundation Library and Simulation

  • Gas Domain and Block Library: Model gas systems with various levels of idealization
  • Dry Node Detection: Check for dry nodes in hydraulic systems
  • PS Lookup Table (4D) Block: Graphically define implicit equations that require lookup tables with four independent variables
  • Improved Simulation Logging Speed: Stream data to disk 5 to 30% faster
  • Spectrum Analyzer Block: Display frequency spectrum of time-domain signals

See the Release Notes for details.

Version 4.0, part of Release 2016a, includes the following enhancements:

Simscape Language

  • Lookup Table Improvements: Define 3D tables, interpolate using Akima splines
  • Event Variables and edge Operator: Capture values at events
  • Integral Operator, integ: Specify time integration of an expression

Foundation Library and Simulation

  • Run-Time Parameters: Speed up simulation tasks and modify component parameter values without regenerating C code
  • Simulation Speed Improvements: Up to 5x speed improvement for simulations using generated code
  • Stream Logging Data to Disk: Increase capacity for Simscape simulation results
  • Simscape Component Block: Efficiently create custom components by selecting Simscape language file directly from block
  • Simscape Results Explorer Unit Selection: Select y-axis units directly in plot pane
  • PS Lookup Table (3D) Block: Graphically define implicit equations that require lookup tables with three independent variables
  • Validation of Signal Units: Ensure consistent units specification on Simulink signals connected to Simscape physical networks

See the Release Notes for details.

Version 3.13.1, part of Release 2015aSP1, includes bug fixes.

See the Release Notes for details.

Version 3.14, part of Release 2015b, includes the following enhancements:

Foundation Library and Simulation

  • Two-Phase Fluid domain and block library
  • Variable priority option None for initialization
  • Periodic Operators library
  • Speed and efficiency improvements for simulation of switched linear systems
  • Domain-specific line style propagation through block icons

See the Release Notes for details.

Version 3.13, part of Release 2015a, includes the following enhancements:

Foundation Library and Simulation

  • Variable Viewer link to block diagram
  • Improved solver efficiency for model initialization
  • Sparkline plots for logged data

See the Release Notes for details.

Version 3.12, part of Release 2014b, includes the following enhancements:

Simscape Language

  • Refrigeration example modeling two-phase fluid flow

Foundation Library and Simulation

  • Domain-specific line styles for representing physical connections
  • Improved interface for connecting Simscape blocks
  • Option to configure logging of Simscape simulation results per block
  • Flat view option and improved diagnostics for Variable Viewer
  • Simscape Results Explorer

See the Release Notes for details.

Version 3.11, part of Release 2014a, includes the following enhancements:

Simscape Language

  • ssc_build library build process that no longer requires C compiler
  • priority attribute for setting relative priority of variable target values during initialization

Foundation Library and Simulation

  • Variables tab for specifying target value and priority for new initialization process
  • Variable Viewer for analyzing results of new initialization process
  • Statistics Viewer that displays variable source and number of eliminated variables
  • Fundamental Reluctance block
  • Hydro-mechanical converter blocks with fluid compressibility option

See the Release Notes for details.

Version 3.10, part of Release 2013b, includes the following enhancements:

Simscape Language

  • branches section for defining the relationship between component Through variables and nodes
  • import statement enabling simplified access to other component classes
  • connect statement support for vector and matrix physical signals

Foundation Library and Simulation

  • Thermal Liquid domain and block library
  • Simscape model statistics viewer

See the Release Notes for details.

Version 4.2 aus Release 2017a enthält die folgenden Erweiterungen:

Simscape 言語

  • モード チャート: コンポーネント動作の個別モードを定義
  • 列挙値: 許容可能なパラメーター値の離散集合を指定
  • 宣言関数のランタイム パラメーターのサポート: コードを再生成せずに、ブロック パラメーターを宣言する MATLAB 関数の入力値を調整
  • 方程式および未知数のブロックレベル診断: 過剰定義または過少定義コンポーネントを特定

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • 関数 simscape.findNonlinearBlocks: 非線形方程式を持つコンポーネントを特定
  • 変数ビューアーおよび統計ビューアーのオンデマンド更新: 統計のモデル化のレビューを効率化
  • 熱力学的な動作を行わないガス圧源および流量源: 温度に影響しないフロー条件を構成
  • 熱力学特性センサー ブロック: ガスおよび熱流体ドメインの熱力学量を測定

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

Version 4.1 aus Release 2016b enthält die folgenden Erweiterungen:

Simscape 言語

  • 条件セクション: バリアントをコンポーネント ファイル内で定義
  • 関数の宣言: MATLAB をメンバー宣言から呼び出し
  • 暗黙的な参照基準ノードへの接続構文: 参照基準ノードへの接続を簡略化
  • 4D テーブル ルックアップ ルックアップ テーブル: 4 つの独立変数を使用してルックアップ テーブルを定義

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • ガス分野気体のドメインおよびブロック ライブラリ: さまざまなレベルの理想化を使用してガス気体 システムをモデル化
  • ドライ ノード検出: 油圧システムでドライ ノードを確認
  • PS Lookup Table (4D) ブロック: 4 つの独立変数を含むルックアップ テーブルを必要とする陰的方程式をグラフィカルに定義
  • シミュレーションのログ速度の向上: ディスクへのデータのストリーミングが 30% 高速化
  • Spectrum Analyzer ブロック: 時間領域信号の周波数スペクトルの表示

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 4.0 では、以下の機能が強化されています。

Simscape 言語

  • ルックアップ テーブルの向上: 3D テーブルを定義し、Akima スプラインを使用して補間
  • イベント変数および演算子 edge: イベントで値を取得
  • 積分演算子 integ: 式の時間積分を指定

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • 実行時パラメーター: シミュレーション タスクを高速化し、C コードを再生成せずにコンポーネントのパラメーター値を変更
  • シミュレーション速度の向上: 生成されたコードを使用してシミュレーション速度を最大 5 倍向上
  • ログ データのディスクへのストリーミング: Simscape のシミュレーション結果の容量を増加
  • Simscape Component ブロック: Simscape 言語ファイルをブロックから直接選択してカスタム コンポーネントを効率的に作成
  • Simscape の結果のエクスプローラーにおける単位選択: Y 軸の単位をプロット ペインで直接選択
  • PS Lookup Table (3D) ブロック: 3 つの独立変数を含むルックアップ テーブルを必要とする陰的方程式をグラフィカルに定義
  • 信号の単位の検証: Simscape 物理ネットワークに接続される Simulink 信号の単位の指定において一貫性を確保

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

2015aSP1 で提供される Simulink 3.13.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 3.14 では、以下の機能が強化されています。

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • 2 相流体ドメインおよびブロック ライブラリ
  • 変数の優先順位オプション なし (初期化設定)
  • 周期演算子ライブラリ
  • 線形切り替えシステムのシミュレーションの速度と効率性を向上
  • ブロック アイコンを介したドメイン固有ライン スタイルの伝播

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Version 3.13 では、以下の機能が強化されています。

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • 変数ビューアーからブロック線図へのリンク​
  • ソルバーによるモデルの初期化の効率の向上
  • ログ データのスパークライン プロット​​

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014b で提供される Version 3.12 では、以下の機能が強化されています。

Simscape 言語

  • 2 相流動をモデル化する冷却の例

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • 物理接続を表現するためのドメイン固有ライン スタイル
  • Simscape ブロックを接続するためのインターフェイスを向上
  • ブロックごとに Simscape シミュレーション結果のロギングを設定するオプション
  • 変数ビューアーのフラット ビュー オプションと診断の向上
  • Simscape の結果のエクスプローラー

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014a で提供される Version 3.11 では、以下の機能が強化されています。

Simscape 言語

  • C コンパイラが不要になった ssc_build コマンドによるライブラリ ビルド プロセス
  • 初期化プロセスにおける変数のターゲット値の相対優先順位を設定するためのpriority 属性

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • 新機能の初期化プロセスにおけるターゲット値と優先順位を指定するための変数タブ
  • 新機能の初期化プロセスの結果を解析するための変数ビューアー
  • 変数ソースおよび排除された変数の個数を表示する統計ビューアー
  • MagneticライブラリのFundamental Reluctance ブロック
  • Hydraulicライブラリの液体の圧縮性オプションを備えたHydro-Mechanical Converter ブロック

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013b で提供される Version 3.10 では、以下の機能が強化されています。

Simscape 言語

  • 変数およびノードを介してコンポーネントの関係を定義するための branches セクション
  • 他のコンポーネント クラスへの簡単なアクセスを可能にするimport
  • ベクトルおよび行列の物理量信号用の connect 文のサポート

Foundation ライブラリとシミュレーション

  • 熱流体 ドメインおよびブロック ライブラリ
  • Simscape モデル統計ビューアー

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。