Version 7.2, part of Release 2019a, includes the following enhancements:

  • Small Signal Analysis: Suppress mixing harmonic for faster simulations of small transient signals
  • Coupler Block: Extended operation range for directional coupler
  • Junction Blocks: Additional junction components in Circulator, Divider, and Coupler blocks

See the Release Notes for details.

Version 7.1, part of Release 2018b, includes the following enhancements:

  • Automatic Sample-Time Interpolation at Input Port: Directly use baseband communication signals using a lower sample rate in wider-band circuit envelope simulation
  • New Application Examples: Learn how to model the RF architecture of MIMO receivers, Hybrid beamforming transmitters, ZigBee, and DVB wireless systems

See the Release Notes for details.

Release 2015b に組み込まれている Version 4.5 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • VGA ブロック: 実行時のゲインおよび可変ゲイン アンプの IP2、IP3 の変更
  • RF スイッチ ブロック: ポテンショメーター、単極単投 (SPST)、単極双投 (SPDT) スイッチを使用する、動的に設定可能なネットワークの構築
  • S パラメーター ブロックにおけるノイズ オプション: S パラメーター データから計算される受動ノイズのシミュレーション

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Version 6.1, part of Release 2017b, includes the following enhancements:

  • Amplifier Block: Model the effects of finite reverse isolation and frequency-dependent noise with data source option
  • S-parameter Block: Model causal responses for amplitude data using the frequency response domain option
  • S-parameter Block: Simulate and visualize up to 8-port data
  • CW Source: Model frequency-dependent phase noise
  • Variable Resistor Block: Build tunable RF systems by varying the resistance at run time

See the Release Notes for details.

Release 2017a に組み込まれている Version 6.0 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • SimRF を RF Blockset に名称変更
  • RF Blockset は Simscape のライセンス不要
  • ​IQ 変調器 および 復調器 ブロック: 直交変調、復調を含む送受信機の設計を簡略化​​​
  • 回路エンベロープ ソルバーの許容誤差を指定: 緩やかな非線形条件に対する精度制御を改善​

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2016b に組み込まれている Version 5.1 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • アンプの周波数依存の雑音指数:Touchstone ファイルを使用してアンプの雑音指数を指定
  • 雑音シミュレーションの乱数シード:乱数シードを指定して、熱雑音の Circuit Envelope シミュレーション結果を再現
  • Attenuator ブロック:熱雑音を生成する RF アッテネータのモデル化
  • Variable Attenuator ブロック:実行中に減衰量を変化させて調整可能な RF システムを作成
  • Variable Phase Shift ブロック:実行中に位相シフト量を変化させて調整可能な RF システムを作成
  • 可変 LC ブロック:実行中に集中定数素子の静電容量とインダクタンスを変化させて調整可能な RF ネットワークを作成

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2016a に組み込まれている Version 5.0 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 自動テストベンチ生成: カスケード RF コンポーネントのゲイン、ノイズ指数、IP3 の回路エンベロープ シミュレーション結果の検証

詳細については、リリース ノートをご覧ください。