R2017a で提供される Version 7.4 では、以下の機能が強化されています。

  • シグナル アナライザー アプリ: スペクトログラム ビューを使用して時間周波数解析を実行
  • シグナル アナライザー アプリ: タイムスタンプ付き信号を解析
  • モーダル解析: 機械システムの周波数応答関数およびモーダル パラメーターを推定
  • クロススペクトログラム: 非定常信号の時間周波数成分を比較
  • MIMO スペクトル解析: 多入力/多出力システムのクロススペクトル密度およびコヒーレンスを推定
  • 伝達関数推定: 加法的入力ノイズを含む SISO および MIMO システムの不偏推定値を計算
  • 関数 dct および idct: 離散コサイン変換の 4 種類の標準タイプを計算
  • コード生成のサポート: 拡張された Signal Processing Toolbox 関数のコードを生成

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016b で提供される Version 7.3 では、以下の機能が強化されています。

  • シグナル アナライザー アプリ: 複数の時系列の時間領域と周波数領域の解析を実行
  • 類似度のマッチング: 編集距離または動的時間伸縮法を使用してデータのパターンを検索
  • 次数分析:次数の追跡と波形の抽出による回転機械の解析
  • フーリエ シンクロスクイージング変換: 時間周波数の正確な推定を取得し、信号モードを抽出

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 7.2 では、以下の機能が強化されています。

  • ギャップ充填: 自己回帰モデリングを使用して欠損サンプルを再構築
  • 変化点検出: 信号の急変および統計的変化を検出
  • 動的時間伸縮: さまざまな時間スケールで信号を伸縮、アラインおよび比較
  • ピリオドグラムの再割り当て: スペクトル推定の周波数の明確なローカライズ

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 7.1 では、以下の機能が強化されています。

  • スペクトログラムの再割り当て: スペクトル推定の時間周波数の明確なローカライズ
  • ハンペル フィルターと向上したメディアン フィルター処理: 外れ値を検出してそれらをデータから削除
  • 順序解析: 順序および周波数マップによる回転機械の振動を解析
  • エンベロープ検出: 解析、ピークおよび RMS エンベロープを抽出
  • 信号のアライン: 遅延を測定し、信号をアライン

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Version 6.23 では、以下の機能が強化されています。

  • 周波数測定:スペクトル推定を使用して周波数の平均値と中央値を計算
  • 帯域幅測定:指定の強度レベルで占有帯域幅と帯域幅を計算

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。