参照アーキテクチャ

OSIsoft PI System と MATLAB Production Server を用いた実用的な解析

Asset Analytics を備えた PI AF から MATLAB 関数を呼び出し、傾向を把握し、洞察を得て、事象を予測します。

OSIsoft® PI System™ Asset Framework (PI AF 2018) からのアセットデータおよび時系列データを MATLAB Production Server™ にストリーミングします。MATLAB Production Server に展開された MATLAB® 関数を、PI AF での式またはイベントフレーム生成解析から呼び出すことができます。これにより、異常をフラグ付けしたり、予防保全を推奨したり、アセットの残存耐用年数を予測したりすることができます。これらの解析からの出力を PI Point またはイベントフレームとして保存することができます。

MATLAB Production Server Interface for OSIsoft PI System

MATLAB Production Server Interface for OSIsoft PI System では、運用環境のワークフローの一部として MATLAB 関数を使用することができます。

OSIsoft PI AF の資産データを MATLAB 関数の引数としてマッピングし、ライブデータ解析を行うことができます。また、解析結果を PI AF に書き戻し、レポートや PI Vision のような OSIsoft ツールで使用することもできます。

以下を行うことができます。

  • PI AF からの運用環境のデータを使用してアルゴリズムの実行を自動化
  • MATLAB Production Server で複数の解析を大規模に実行
  • OSIsoft PI AF または他のダウンストリーム システムに結果を書き戻し、プロセス監視に深い洞察を追加
  • OSIsoft™ のユーザー インターフェイス ツールを使用して結果を表示

拡張機能と入門ガイドをダウンロード

運用環境への展開のワークフロー。

必要な製品