Polyspace Static Analysis

Polyspace製品を使用した静的解析

Polyspace製品で静的解析を行うと、ソースコードのランタイムエラーを検出し、ランタイムエラーが無いことを証明できます。

ワークフローの各ステージに対するソリューション

Polyspace Bug Finder™を使用すると、開発プロセスの初期段階で不具合を特定し、バグを選別、修正することができます。さらにPolyspace Code Prover™ なら、C/C++コードにランタイムエラーが無いことを証明できます。

 


早くバグを見つけてコストを削減

テスト段階で発見されるバグは、コーディング時に発見されるバグの10倍のコストがかかり、量産段階で発見されるバグについては100倍のコストがかかります。

Polyspaceで静的解析を行うと、開発サイクルの初期にコーディングエラーを発見するので、コストを削減することができます。

2014年、推定550万台の自動車がソフトウェアエラーによってリコールされました。業界にとっては数百万ドルにおよぶ損失です。


全てのバグを特定

ソフトウェアがより複雑になっているため、エラーを一つ残らず特定することが必要不可欠です。

Polyspaceは複雑なコードを網羅的に検証するためのシンプルなソリューションを提供します。


より迅速にプロジェクトを遂行

Polyspaceを使用してバグを早期に発見し、全てのコードを漏れなく検証することで、各プロジェクトにかかる時間を短縮できます。

Polyspaceを使用することで、ソフトウェア開発者と品質管理エンジニアは開発時間を平均12%短縮しています。


Polyspaceのアプリケーション

組み込みセキュリティ: セキュリティ脆弱性を特定し、CWE、CERT Cに従いリスクを軽減

ランタイムエラーの検出: 検出の難しい欠陥の特定とデバッグによる品質メトリクスの向上

コーディング規約への準拠: MISRAなどのコーディング規約への準拠性の検証


Polyspaceについて学ぶ

Polyspace製品がどのようにソフトウェア開発ワークフローを向上できるかご覧ください。

Polyspace Bug Finder:

  • コーディング規約への準拠性の検証
  • ソフトウェアの欠陥とセキュリティ脆弱性の特定
  • コードメトリクスの生成とソフトウェア品質のモニタリング

Polyspace Code Prover:

  • ランタイムエラーの検出とランタイムエラーが無いことの証明
  • 制御フローおよびデータフロー情報を追跡
  • 認証用アーティファクトの作成

Polyspace Products for Ada:

  • Adaコードにランタイムエラーが無いことの証明
  • 品質目標が達成されていることの確認
  • 変数の範囲を判断するための範囲情報の表示

Polyspace製品の無料評価版を入手する