Release 2017a に組み込まれている Version 3.4 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 散乱 MIMO チャネル: 空間的に広がった散乱体によるマルチパス信号の伝播をモデル化
  • ソナー システム: ハイドロフォン、プロジェクタ、水中伝播、およびターゲットをモデル化
  • レンジ・ドップラ、レンジ および ドップラ推定: ターゲット レンジおよび速度を測定

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2016b に組み込まれている Version 3.3 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 広帯域ターゲット:周波数依存および角度依存の RCS をモデル化
  • マルチパス伝搬:2 波チャネルにおける狭帯域信号と広帯域信号に対する大気伝搬効果をモデル化
  • 2 次元 CFAR 検出器:レンジ ドップラー マップで定誤報確率(CFAR)検出を実行
  • MUSIC法 到来方向推定:狭帯域近接波の推定を解決

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2016a に組み込まれている Version 3.2 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • シナリオビューアー: レーダーとターゲット軌跡の可視化
  • 強度スコープ: RTI (レンジ-時間-強度) と DTI (ドップラ-時間-強度) の可視化
  • 大気損失: RF 信号の雨、霧、大気ガスによる減衰量のモデル化
  • 後方散乱レーダターゲット: 角度依存のカスタム RCS パターンによる後方散乱放射のモデル化
  • フェーズシフト量子化: アレイ パターンと応答における量子化されたビームフォーマーの重みによる効果のモデル化

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2015b に組み込まれている Version 3.1 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 広帯域放射: アレイと素子からの広帯域信号の放射
  • 広帯域自由空間: 広帯域信号の自由空間伝播
  • 広帯域 MVDR ビームフォーマ: 広帯域信号における周波数領域 MVDR のビームフォーミングの実行
  • 広帯域到来方向推定: 一般化された相互相関による広帯域信号の到来角度の推定
  • Two-Ray チャネル: 見通し内と地面から反射するパスに沿った信号の伝播
  • 自由空間伝播精度の向上: 非整数サンプル時間遅延の実装
  • プラットフォームの動き: ターゲットと信号源の高速化のモデル化

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2015a に組み込まれている Version 3.0 には、次のような機能拡張が含まれます。

  • Antenna Toolbox の統合: Antenna Toolbox の要素を使用したアンテナ アレイの設計​
  • アレイ キャリブレーション: パイロット ソースを使用したアレイ要素のゲイン、位相、位置のキャリブレーション​​
  • 等間隔円形アレイ: ビームフォーミングと root-MUSIC 到来方向推定の実行
  • モデルの単純化: 単一ブロックを使用した複数のターゲット、プラットフォーム、伝播チャネルのシミュレーション
  • 連続 MFSK 波形: 複数のターゲットに対するレンジと速度の同時推定

詳細については、リリース ノートをご覧ください。