R2016a の概要

新規リリース

新しい機能や製品の更新プログラムが、年に 2 回リリースされます。MATLAB®/Simulink® 製品をアップグレードするメリットについてご確認ください。

MATLAB と Simulink をはじめてご利用の方

リリース ハイライト

MATLAB での作業方法を高速化できます。

強化された設計環境と UI コンポーネント セットを使用して MATLAB アプリケーションを開発できます。

イメージ分類の問題への対応にディープラーニング (深層学習) を使用します。

テンプレート、最近使用したモデルおよび主な例にアクセスできます。

イベント アクションおよび新しいブロックで離散イベント モデルおよびスケジューラを作成できます。

標準のコックピットの計器で飛行条件を表示します。


リソース


製品別のアップデート内容

MATLAB プロダクト ファミリ

Live Editor で以下が実現

  • 結果およびグラフィックスと関連するコードを同時に示すライブ スクリプトを開発
  • コード、結果およびグラフィックスのほか、書式付きテキスト、ハイパーリンク、イメージおよび方程式を含む対話型の表現を作成して共有
  • App Designer で強化された設計環境と拡張された UI コンポーネント セットを使用して、折れ線グラフおよび散布図を用いた MATLAB® アプリを作成
  • 新しく導入された複数の Y 軸のプロット、極座標プロットおよび方程式の可視化
  • MATLAB コードの実行を一時停止、デバッグおよび再開
  • Parallel Computing Toolbox™ の GPU による高速化を使用して、イメージ分類タスクのために CNN (たたみ込みニューラル ネットワーク) でディープラーニング (深層学習)
  • MATLAB Live Editor と統合することで、シンボリック コードを編集して結果を可視化し、MuPAD® Notebook をライブ スクリプトに変換
  • 複数のモデルの自動学習を行い、クラス ラベルで結果を可視化して、ロジスティック回帰分類を実行する分類学習器アプリ
  • SISO コントローラーの設計、MIMO システムの自動調整および減次モデルの作成のための新しいアプリおよび再設計されたアプリ
  • Kinect® for Windows® v2 および USB 3 Vision のサポート
  • OCR (光学式文字認識) トレーナー アプリ、歩行者検出、3 次元ビジョンのためのモーションの構造およびバンドル調整
  • 取引、感度およびポストトレード実行のための取引コスト解析

Simulink プロダクト ファミリ

  • テンプレート、最近使用したモデルおよび主な例にアクセスすることで作業の開始または再開を迅速化できる開始ページ
  • モデルの設定とシミュレーションを高速化する自動ソルバー オプション
  • Xilinx® や Altera® SoC アーキテクチャなどの異機種の機器をターゲットにするシステム モデルのシミュレーション
  • Simulink、Stateflow® および Simscape™ コンポーネントのインターフェイス上のユニットを指定、可視化およびチェックする Simulink® ユニット
  • 生成コードのコンパイラ命令でバリアントの条件を定義して接続機能に伝播する Variant Source ブロックおよび Variant Sink ブロック
  • 飛行条件を表示するための標準のコックピットの計器
  • イベント アクション、MATLAB 離散イベント システム オブジェクトの作成、Simulink と Stateflow の自動ドメイン遷移を使用する新しい離散イベント シミュレーションおよびモデリング エンジン
  • 生成されたコードでのシミュレーションと実行時パラメーターの調整を高速化する新しい方程式削減およびシミュレーション テクノロジー
  • プロパティが温度によって異なる液体でシステムをモデル化するための Thermal Liquid ライブラリ
  • 実験計画法、モンテカルロ シミュレーションおよび相関解析を使用する感度解析ツール
  • Simulink プロジェクト内のリビジョン間の競合をグラフィカルに解決するための 3 方向モデル マージ

信号処理および通信

  • アンテナおよび有限アンテナ アレイの基板効果を解析するための誘電モデリング
  • カスケード接続された RF コンポーネントの増幅率、雑音指数および IP3 を計算するための RF バジェット アナライザー
  • 自動 RF テスト ベンチ生成
  • オーディオ処理システムを設計およびテストするための新製品
  • WLAN 通信システムの物理層をシミュレート、解析およびテストするための新製品

コードの生成

  • 信号の次元を実装するためのコンパイラ命令を #define として生成
  • GSPS (毎秒ギガサンプル) 設計に対してフレーム入力をサポートする HDL 向けに最適化された FFT および IFFT
  • PCI Express® インターフェイスを介して Xilinx® KC705/VC707 および Altera® Cyclone® V GT/Stratix V DSP 開発ボードでアルゴリズムをシミュレートするための PCIe FPGA インザループ

検証と妥当性確認

  • long double 浮動小数点のサポートと無限大および NaN のサポート強化
  • C コードの S-Function の自動テスト生成
  • Simulink Verification and Validation™ での IEC 62304 医療規格のサポート
  • Simulink Real-Time™ でリアルタイム テストを作成および実行

詳細については、以下のリリース ノートをご覧ください。

* 主なアップデートを表示