R2016b の概要

新規リリース

新しい機能や製品の更新プログラムが、年に 2 回リリースされます。MATLAB®/Simulink® 製品をアップグレードするメリットについてご確認ください。

MATLAB と Simulink をはじめてご利用の方

リリース ハイライト

MATLAB での作業方法を高速化できます。

強化された設計環境と UI コンポーネント セットを使用して MATLAB アプリケーションを開発できます。

最上位モデルを迅速にビルドし、アクセラレータ モードのシミュレーションパフォーマンスを向上。


リソース


製品別のアップデート内容

MATLAB プロダクト ファミリ

  • メモリに収まらない大きなデータを操作する tall 配列
  • タイムスタンプ付き表データをインデックス付けおよび同期するための timetable データ コンテナー
  • ローカル関数をスクリプト内で定義出来、コードの再利用性と可読性が向上
  • MATLAB Engine API for Java を使用して、MATLAB® コードを Java® プログラムから実行
  • iPhone および Android™ のセンサーからのデータ ログを MathWorks® Cloud 上で記録
  • Neo4j® データを取得するためのグラフ データベース インターフェイス
  • tall 配列を含む MATLAB アプリケーションを Spark™ クラスターに展開する機能
  • デスクトップ、サーバーおよび MATLAB Distributed Computing Server を搭載する Spark クラスターで tall 配列を並列で使用してビッグデータを処理する機能
  • 次元数の削減、記述統計、k 平均法クラスタリング、線形回帰、ロジスティック回帰および判別分析を含む、アウトオブメモリ データを処理するためのビッグデータのアルゴリズム
  • 機械学習アルゴリズムのパラメーターを自動調整するベイズ最適化および機械学習モデルの特徴を選択するneighborhood component analysis (NCA)
  • MATLAB Coder™ を使用した SVM およびロジスティック回帰モデル向けの C/C++ コード自動生成のサポート
  • Simple Linear Iterative Clustering (SLIC) および 3-D メディアン フィルター処理向けの、3-D スーパー画素を使用するボリューム画像データのサポート
  • ディープ ラーニングのリージョンベース畳込みニューラル ネットワーク (R-CNN) を使用したオブジェクト検出
  • リスク モデルの開発およびリスク シミュレーションの実行を行う新製品
  • インターネットに接続されたセンサーからデータを収集し、Statistics and Machine Learning Toolbox™、Signal Processing Toolbox™、Curve Fitting Toolbox™、Mapping Toolbox™ の機能を使用して、クラウド上で MATLAB 解析を実行

Simulink プロダクト ファミリ

  • JIT コンパイラを使用し、アクセラレータ モードで実行中のシミュレーションパフォーマンスを向上
  • モデルの設定とシミュレーションを高速化する自動ソルバー オプション
  • 動的なスタートアップおよびシャットダウン ビヘイビアーをモデル化するための初期化、リセットおよびサブシステムの終了
  • State Reader および Writer ブロックを使用して、モデルのどこからでも状態リセットの挙動を完全に制御
  • Raspberry Pi™ 3 および Google® Nexus™ ハードウェアをサポート

Simulink および Stateflow

  • プロパティ インスペクター、モデル データ エディターおよびシンボル マネージャーにより、パラメーターおよびデータの編集を簡略化
  • 完全気体、半完全気体および実在気体システムのモデル化のためのブロック ライブラリの拡張

信号処理および通信

  • 複数の時系列の時間領域と周波数領域の解析を実行するシグナル アナライザー アプリ
  • 狭帯域および広帯域信号に対する大気およびマルチパス効果のモデル化のサポート
  • IEEE® 802.11ah™ サポートおよびマルチユーザー MIMO 受信機の機能
  • VST プラグインを MATLAB で直接実行およびテストするオーディオ プラグイン ホスティング

コードの生成

  • 以前のリリースから生成されたコードを再利用するためのクロスリリース コードの統合
  • 動的なスタートアップおよびシャットダウン ビヘイビアーを含む、任意のソフトウェア環境に組み込み可能なコードを生成
  • Diagnostic Event Manager (DEM) および NVRAM Manager (NvM) を含む AUTOSAR 基本ソフトウェアのシミュレーションをサポート
  • 対象のクロック周波数での自動パイプライン挿入を促進する適応パイプライン、遷移と状態を可視化および解析するロジック アナライザー (DSP System Toolbox™ を使用)

検証と妥当性確認

  • 設計時に規格準拠の問題を検出および修正する編集時チェック機能
  • テスト評価のためのカスタム基準定義

Polyspace Bug Finder

  • サイバーセキュリティ脆弱性検出のための CERT C コーディング規約のサポート

詳細については、以下のリリース ノートをご覧ください。

* 主なアップデートを表示