MATLAB の新機能

アプリの構築、スクリプトの記述、そしてチームベースのソフトウェア開発のための新しいツールが追加されたほか、データ アナリティクス、機械学習、ディープラーニングの新しいオプションが用意されています。

また、MATLAB のパフォーマンスが一段と向上しました。以下ではこれらの機能について詳細を見ていきます。

作業の共有

ード、出力、書式設定されたテキストが一つの実行可能なノートブックとしてまとまるMATLAB ライブエディターを使ったスクリプトや関数の作成大見出しの下にある崇敬の文ですが、体言止めにするか、ですます調にするかを、統一された方が良いと思います。(体現止めで統一しました)

新機能 ライブタスク: タスクを使用して結果と生成されるコードをプレビューしながらオプションが調査できる (R2019b)

コードの非表示: ライブスクリプトを共有 / 出力する際にコードを非表示化 (R2019a)

Word に保存: ライブスクリプトや関数を Microsoft Word 文書として保存 (R2019a)

アニメーション: データ変化推移を表すプロットのアニメーション表示 (R2019a)

インタラクティブ テーブル: テーブル出力を対話的に操作してから、その操作内容をコード化いてライブスクリプトに追加 (R2018b)

アプリの作成

ソフトウェア開発の専門家でなくても完成度の高いアプリを作成できる App Designer

新機能 uihtml 関数: アプリに HTML、JavaScript、または CSS を追加 (R2019b)

uitable と uistyle 関数: テーブルを対話的にソートして、テーブル UI コンポーネントの行、列、およびセルのスタイルを作成 (R2019a)

App Designer 自動リフロー: デバイスサイズに合わせて自動的にサイズ変更およびリフローする 2 パネルアプリと 3 パネルアプリを作成 (R2019a)

App Designer グリッドレイアウト: App Designer キャンバスでグリッド レイアウト マネージャーの追加と設定 (R2019a)

図の相互作用: 関数 uifigure で作成された図を使用して、マウスおよびキーボードのカスタム対話式操作を備えたアプリを作成 (R2018b)

データのインポートと解析

さまざまなソースに対応したデータへのアクセス、整理、クリーニングおよび分析

新機能 ライブエディター タスク: タスクを使用して対話的にデータを前処理し、MATLAB コードを自動的に生成 (R2019b)

新機能 新機能 グループワークフロー: grouptransform (R2018b), groupcounts (R2019a), およびgroupfilter (R2019b) 関数を使用して、グループベースの操作を実施

データ型 I/O: 行列、セル配列、タイムテーブル読み込み書き込みに特化した関数の使用 (R2019a)

Parquet ファイルのサポート: 単一の Parquet ファイルから 大規模かつ多数のな Parquet ファイルの読み書き(R2019a)

データの可視化

新しいプロット関数とカスタマイズ機能でデータを可視化

新機能 チャート コンテナー クラス: 組み込み MATLAB グラフィックスのように動作するカスタムチャートを開発 (R2019b)

新機能 tiledlayout と nexttile 関数: 複数のプロットを図に表示する際のスペーシング、ラベルや注釈の管理、リフロー動作が改善 (R2019b)

新機能 Axes ツールバーからエクスポート: よりタイトな切り取りであっても、座標軸の内容を画像として保存またはコピー (R2019b)

新機能 プログラムによるデータヒント: データヒントがプログラムで作成でき、また追加チャート上ので変更が可能 (R2019b)

座標軸の組み込み操作: パン、ズーム、データヒント、および 3 次元回転によるデータ確認がデフォルトで可能 (R2019a)

ビッグデータ

大きな変更なしで解析をビッグデータに拡張

tall 配列のカスタマイズ\: チャンクまたはスライディング ウィンドウで tall 配列を操作するカスタム アルゴリズム (R2018b, R2019a)

新機能 新機能 tall 配列の関数: innerjoin、outerjoin、xcorr、 svd、および wordcloud など、より多くの関数が tall 配列に対応 (R2018b, R2019a, R2019b)

カスタムデータストア: カスタムデータストアのフレームワークを使用して Hadoop ベースのデータベースを読み込み (R2019a)

FileDatastore オブジェクト: ファイルを細かく分けてインポートすることで大きなカスタムファイルを読み込み (R2019a)

データストア: データストアを結合、変換 (R2019a)

言語およびプログラミング

より高速で明確、およびメンテナンス可能なコードを書くための新しいデータ型と言語構造

新機能 関数の入力引数を検証: 関数の入力引数を宣言した入力エラーチェックを簡略化 (R2019b)

新機能 16 進数と 2 進数: 16 進数や 2 進数による数値指定 (R2019b)

String 配列のサポート: string 配列を MATLAB、Simulink および Stateflow で使用 (R2018b)

列挙値: 列挙値の設定操作のパフォーマンスが向上 (R2018b)

パフォーマンス

MATLAB のコード実行速度が 4 年前と比べてほぼ 2 倍にスピードアップコードを1行たりとも書き換える必要なし

新機能 大きなサイズの配列への割り当て: サブスクリプトにより大きな table、 datetime、duration、および calendarDuration 配列に要素を割り当てる際の性能を改善 (R2019b)

uitable: データ型が数値型、論理型、または文字ベクトルのセル配列の際の性能を改善 (R2019a)

大きなサイズの行列をソート: sortrows関数 を使用することで大規模行列の行をより高速にソート (R2019a)

スタートアップ: MATLAB立ち上げ速度の向上 (R2018b)

全面的な性能改善: ライブエディター、App Designer、および組み込み関数の呼び出しの性能を改善 (R2018b)

ソフトウェア開発

コードの管理やテスト、他のソフトウェアシステムへの統合、クラウドへの展開等を補助する、ソフトウェア開発ツール

新機能 Python のプロセス外実行: ライブラリ競合を避けるため Python 関数をプロセス外で実行 (R2019b)

プロジェクト:作業の整理、タスクとプロセスの自動化、チームでの共同作業 (R2019a)

C++ インターフェイス: MATLAB からの C++ ライブラリ関数の呼び出し (R2019a)

Jenkins プラグイン: MATLAB テストを実行し、JUnit、TAP、および Cobertura などい対応するコード カバレッジ レポート生成

新しいリファレンス アーキテクチャ: Amazon Web Services (AWS) および Microsoft Azure に MATLAB を展開して実行 (R2018b)

コードの互換性レポート: 現在のフォルダーブラウザーから互換性レポートを生成 (R2018a)

ハードウェア制御

Arduino や Raspberry Pi などの一般的なマイクロコントローラの制御、Web カメラから画像を取得、およびスマートフォン内蔵のセンサーからデータを収集

新機能 Bluetooth Low Energy: BLE デバイスでの読み込みと書き込み (R2019b)

Parrot ドローン: MATLAB から Parrot ドローンを制御してセンサー情報や画像データを取得 (R2019a)

モバイルデバイスのカメラ: MATLAB Mobile のモバイルデバイスのカメラから画像を取得 (R2019a)

MATLAB Online 上の Raspberry Pi: MATLAB Online からの Raspberry Pi ハードウェアと通信 (R2018b)

Raspberry Pi でコードを実行: MATLAB 関数を Raspberry Pi にスタンドアロン実行可能ファイルとして展開 (R2018b)

サポートされるハードウェア: ArduinoRaspberry PiUSB webcams、および ThingSpeak IoT で動作

無料評価版を入手する

30 日間の無料評価版はこちら

あなたは学生ですか?

MATLAB および Simulink 学生向けソフトウェアの入手

リリースごとの新機能

デスクトップ

  • ライブエディター タスク: ライブスクリプトにパラメーターを調査するタスクを追加して、自動的にコードを生成
  • ライブエディター アウトプット: データ変化推移を表すプロットのアニメーション表示
  • ライブエディター アウトプット: テーブルの列幅を調整
  • ライブエディター アウトプット: セル配列、オブジェクト配列、および構造配列に表示されたデータのコピー
  • ライブエディター エクスポート: エクスポート時にドキュメント用紙のサイズ、向き、および余白に加え図の形式をカスタマイズ
  • ライブエディターの国際化: Windows と macOS プラットフォームで中国語、日本語、および韓国語文字を追加
  • アドオンマネージャー: MATLAB、ハードウェア サポート パッケージ、およびインストールされたアドオンを一箇所で更新
  • アドオン: プログラムを利用してアドオンを名前で管理
  • 設定: カスタムアプリ、ツールボックス、および複数の MATLAB セッションのための永続的な設定を作成

グラフィックス

  • チャート コンテナー クラス: 組み込み MATLAB グラフィックスのように動作するカスタム チャートを開発
  • tiledlayoutnexttile 関数: 改善された間隔、ラベルと注釈管理、およびリフロー動作で複数のプロットを図に表示
  • colororder 関数: プロットのライン色を制御
  • データのティップス: プログラミングによるティプスの作成並びに、追加のチャート上でのティップスの変更
  • 座標軸の操作:カーソル位置にデータのティップスを固定
  • 座標軸 ツールバー: 座標軸の内容を画像として保存またはコピー
  • 地理的プロット: 外観とズームレベルが改善された白地図へのデータプロット

アプリの作成

  • uitableuistyle 関数: テーブルを対話型でソートして、テーブル UI コンポーネントの行、列、およびセルのスタイルを作成
  • uihtml 関数: アプリに HTML、JavaScript、または CSS を追加
  • uigridlayout 関数: 自動的にグリッド行や列を設定し、異なる画面サイズに合うようテキストを調整し外形を整形
  • レイアウト マネージャー: 既存の App Designer アプリにグリッド レイアウト マネージャーを追加し、必要に応じて自動リフローを備えたアプリに変換

数学

  • makima 関数: Akima 3 次エルミート内挿の実行

データのインポートとエクスポート

  • tabletimetable データ型: スペースや非 ASCII 文字を含むすべての文字を使った変数名を持つ表データの読み取りと書き込み
  • sheetnames 関数: スプレッドシート ファイルからワークシート名を取得
  • VideoReader オブジェクト: フレーム番号や時間を使用したビデオのフレームを読み取りまたは検索
  • VideoReader オブジェクト: 行優先レイアウトを持つ生成コードの性能を改善
  • 高性能シリアル インターフェイス: これまでのシリアル インターフェイスと比較して最大 4 倍高速にシリアル データをストリーミング
  • Bluetooth Low Energy インターフェイス: BLE デバイスからの読み込みとデバイスへの書き込み

言語およびプログラミング

  • 関数の入力引数: 入力エラーチェックを簡略化するための関数への入力引数の宣言
  • 16 進数と 2 進数: 16 進数または 2 進数用記号による数値の指定
  • インデックス: 関数の呼び出しにドットインデックスを使用
  • クラウドデータへのアクセス: Amazon S3 と Azure Blog Storage に対してdeletedirisfile、isfolder、および what 関数のサポート
  • error 関数: キャッチされていない例外のための、カスタマイズ可能な「もしかして:」訂正のサポートを追加

ソフトウェア開発

  • Python インターフェイス: MATLAB と Python の間のライブラリ競合を避けるために Python 関数をプロセス外で実行
  • ユニットテスト フレームワーク: カスタムプラグインを用いたテストの並列化
  • ユニットテスト フレームワーク:パフォーマンスの変化を特定するための TimeResult 配列を比較するための可視化
  • Git ブランチの比較: 選択対象の差分を表示しコピーを保存
  • HTTP Web サービス: NTLM と Kerberos プロトコル向けサーバー認証のサポート

ハードウェアサポート

  • Bluetooth Low Energy インターフェイス: BLE デバイスでの読み込みと書き込み
  • Parrot ドローン: Parrot ドローンの FPV カメラからビデオ映像をストリーミング
  • Parrot ドローン: Parrot Bebop 2 ドローンのサポート
  • Arduino: デスクトップ コンピューターから Arduino ハードウェアに通信するスタンドアロンのアプリケーションを構築

データ解析

  • ライブエディター タスク: タスクを使用して対話的にデータを前処理し、MATLAB コードを自動的に生成
  • groupfilter 関数: table、timetable、および matrix のデータをグループでフィルター
  • tabletimetable データ型: スペースと非 ASCII 文字などすべての文字を使用した変数名
  • tall 配列: setdiffxcorr を含む新たな関数による tall 配列の操作、および innerjoinouterjoin の完全なサポート
  • tall 配列: データストアからの返り値ではない tall 配列はメモリ不足になることがあります

パフォーマンス

  • データ型のインデックス: 大きな table、datetime、duration、および calendarDuration 配列に添字により要素を割り当てる際の性能を改善
  • uitable 関数: データ型が数値型、論理型、または文字ベクトルのセル配列の際の性能を改善

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • プロジェクト: プロジェクトを使用して作業を整理、管理、共有
  • ライブエディター コントロール: コントロールの変数値にチェックボックス、編集フィールド、ボタンを追加して、値の変更時に実行されるコードを指定
  • ライブエディター: ライブスクリプトの共有、エクスポート時にコードを非表示
  • ライブエディター: コードの選択部分を関数に自動リファクタリング
  • ライブエディター エクスポート: ライブスクリプトと関数を Microsoft Word 文書として保存
  • ライブエディター アウトプット: データ変化推移を表すプロットのアニメーション表示
  • ライブエディター アウトプット: テーブル型データ内のカテゴリカルデータのクリーニング、日時によるフィルター処理、変数のデータ型のインタラクティブな変更
  • MATLAB Online: 読み取り専用リンクでのフォルダーの共有、読み取り専用または更新権限のあるユーザーの登録
  • ツールボックスのパッケージ: カスタムツールボックスで必要なアドオンをインストール

グラフィックス

  • parallelplot 関数: 平行座標プロットを使用して、複数の列を持つ表形式または行列データを可視化
  • データヒント: チャートでのデータヒントの固定とカスタマイズ
  • 座標軸の操作:ドラッグしてパン、スクロールしてズームなどチャートの対話式操作をカスタマイズ
  • 座標軸の操作:パンツールを使用せず、X、Y、Z 軸をドラッグしてデータをパン
  • プロパティ インスペクター: グラフィックス オブジェクトの可視性を対話的に制御
  • グラフィックス エクスポート: 座標軸ツールバーを使用して、より小さくトリミングされた座標軸をエクスポート

アプリの作成

  • App Designer: デバイスサイズに合わせて自動的にサイズ変更およびリフローする 2 パネルアプリと 3 パネルアプリを作成
  • App Designer: App Designer キャンバスでグリッドレイアウト マネージャーの追加と設定
  • uiimage 関数: アプリと App Designer のキャンバスにアイコン、ロゴ、または画像を表示
  • uitable 関数: より高速なデータのレンダリングとテーブルの対話型でのソートに table 配列を使用
  • 自動サイズ変更: アプリがデフォルトのサイズより小さく作成された際にコンポーネントを自動的にサイズ変更
  • グラフィックスのサポート: uifigure 関数を使用して作成されたアプリで座標軸ツールバーとデータヒントを使用してデータを探索
  • MATLAB Online: MATLAB Online を使用して App Designer のアプリの作成と編集

データのインポートとエクスポート

  • データ型 I/O: 行列、セル配列、タイムテーブルの読み込みと書き込みに特化した関数の使用
  • Parquet ファイルのサポート: 単一または大規模な Parquet ファイルの集合を読み書き
  • FileDatastore オブジェクト: ファイルを細かく分けてインポートすることで大きなファイルを読み込み
  • カスタム データストア: カスタム データストアのフレームワークを使用して Hadoop ベースのデータベースを読み込み
  • データストア: 大きなファイル集合からデータをインポートする際の読み込みエラーに対処
  • データストア: データストアを結合して変換
  • thingSpeakRead と thingSpeakWrite 関数: ThingSpeak IoT プラットフォームに対してデータを読み込みまたは書き込み
  • writetable と imwrite 関数: Amazon S3 および Azure Blob Storage などの Web ベースのストレージ サービスに書き込み

ハードウェア サポート

  • Parrot ドローンのための MATLAB サポートパッケージ: Parrot Mambo FPV ドローンを制御してセンサーと画像データを取得
  • Android センサー: MATLAB Mobile のモバイルデバイスのカメラから画像を取得
  • Raspberry Pi: デスクトップ コンピューターから Raspberry Pi ハードウェアに通信するスタンドアロンのアプリケーションを構築

データ解析

  • xcorr and xcov 関数: 相互相関および相互共分散を算出
  • detrend 関数: 区分的多項式のトレンドの除去、連続性要件の設定、サンプル点の指定
  • groupcounts 関数: 配列、テーブル、タイムテーブルのグループ要素数をカウント
  • grouptransform 関数: 配列データをグループで変換
  • tall 配列: tall 配列上で動作するカスタムのスライドウィンドウのためのアルゴリズムを書き込み
  • tall 配列:groupcounts、 intersect、 svd など、より多くの関数を使用して tall 配列で動作
  • filloutliersisoutlierrmoutliers 関数: 百分位数を使用した外れ値の検出

パフォーマンス

  • sortrows 関数: 大きなサイズの行列の行をより高速にソート

高度なソフトウェア開発

  • C++ インターフェイス: MATLAB で C++ ライブラリのクラスと関数を使用
  • C++ MEX: MEX 関数をプロセス外で実行
  • MException クラス: キャッチされていない例外の修正候補を提供
  • ユニットテスト フレームワーク: HTML 形式でコードカバレッジ メトリクスを表示

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • Live Editor: 追加のサブ見出しスタイルを使用して、ライブスクリプトを編成
  • Live Editor: 内部ハイパーリンクを使用して、ライブスクリプト内をナビゲート
  • Live Editor: テーブル出力をインタラクティブにフィルタリングしてから、生成されたコードをライブスクリプトに追加
  • Live Editor: ライブスクリプトの新規作成と既存のライブスクリプトのオープンがより高速に
  • 比較ツール:ライブスクリプトまたは関数の 2 つのバージョンをマージ
  • アドオン マネージャー: カスタム ツールボックスの複数のバージョンをインストールして管理

言語およびプログラミング

  • string 配列:string 配列を MATLAB、Simulink および Stateflow で使用
  • 列挙値: 列挙値の設定操作のパフォーマンスが向上

数学

  • 関数 boundaryshape: polyshape オブジェクトを 2 次元三角形分割から作成
  • polyshape オブジェクト: polyshape を作成するときに共線点を維持するか否かを指定
  • RandStream オブジェクト:乱数を Threefry および Philox アルゴリズムを使用して生成
  • GraphPlot オブジェクト: ノードとエッジのラベルをフォントプロパティでカスタマイズ

グラフィックス

  • 座標軸の相互作用:既定で有効なパン、ズーム、データヒント、および 3 次元回転でデータを確認
  • Axes ツールバー:各 Axes オブジェクトについて、データ探索ツールバーにアクセスしてカスタマイズ
  • 地理的プロット:地理的な座標軸のインタラクティブ マップに直線、散布図、および点密度プロットを作成し、プロパティを制御
  • 関数 stackedplot :共通 X 軸を使用して、比較のためのテーブルまたはタイムテーブルの変数をプロット
  • 関数 scatterhistogram :グループ化データを周辺ヒストグラム付きの散布図として可視化
  • 関数 sgtitle :サブプロットのグリッドのタイトルを作成
  • 関数 xline および yline :プロットに垂直線または水平線を追加

データのインポートとエクスポート

  • インポートツール: スプレッドシートからインポートするときに改善されたコードを生成
  • Web ベースのデータ:Amazon Web Services や Azure Blob Storage などの Web ベースのデータソースから readtable、detectImportOptions、spreadsheetDatastore、imread、および imfinfo を使用して読み取り
  • 関数 write :さまざまな形式の tall 配列をローカルまたはリモート位置に書き込み
  • 関数 stlread および stlwrite:三角形分割用の STL ファイルの読み書き
  • TabularTextDatastore オブジェクト:英語圏以外のロケールの日付と時刻を含んだデータをインポート

データ解析

  • 関数 grouptransform:テーブルまたはタイムテーブル データをグループ別に変換
  • 関数 groupsummary: 行列に対してグループ要約計算を実行
  • tall 配列:tall 配列を操作するカスタム アルゴリズムを書き込み
  • tall 配列:tall 配列を操作する関数が増加 (conv2、wordcloud、groupsummary)
  • 関数 rmoutliers:配列、テーブル、またはタイムテーブルの外れ値を削除
  • 関数 islocalmin および islocalmax: プロミネンス計算用のデータの範囲を指定
  • テーブルおよびタイムテーブル メタデータ:各変数のカスタムメタデータを保存
  • timetable データ型:「行方向に一定の時間間隔を持つデータを作成する際にメモリ消費の抑制」

アプリの作成

  • App Designer: App Designer キャンバスで日付選択コンポーネントを追加および構成
  • 関数 uigridlayout:グリッドレイアウト マネージャーを使用してアプリ レイアウトを構成
  • スクロール コンテナー:図、パネル、タブ、およびボタングループ コンテナーのスクロールを有効化
  • figure の対話的操作    :関数 uifigure で作成されたを使用して、マウスおよびキーボードのカスタム対話式操作を備えたアプリを作成
  • ツールヒント:アプリ内の UI コンポーネントのカスタム ツールヒントを作成
  • 配布された Web アプリ:関数 uigetfile および関数 uiputfile を使用して、配布された Web アプリ内のファイルにアクセス

パフォーマンス

  • スタートアップ: MATLAB スタートアップ速度のスピードアップ
  • 実行エンジン: 大規模配列に対しコロン演算子よるインデックス操作のパフォーマンス向上
  • 実行エンジン: 組み込み関数の呼び出しが高速化
  • Live Editor: ライブスクリプトの新規作成と既存のライブ スクリプトのオープンがより高速に
  • 列挙値: 列挙値での集合配列向け関数のパフォーマンスが向上

ハードウェア サポート

  • MATLAB Online: MATLAB Online からの Raspberry Pi ハードウェアとの通信
  • iOS および Android センサー:デバイスがネットワークにアクセスできないときにセンサーデータを取得
  • iOS および Android センサー:デバイスから MATLAB Drive にセンサーログをアップロード

高度なソフトウェア開発

  • Python インターフェイス: MATLAB および Python 間で多次元数値または論理配列を体言止めに統一するため「受け渡し」
  • C++ MEX API:C++ API を使用して、MEX ファイル内から非同期で MATLAB を呼び出し
  • ユニットテスト フレームワーク: より多くのプラグインとよりインテリジェントなスケジューリングでテストを並列実行
  • パフォーマンス テスト フレームワーク: TestCase.keepMeasuring メソッドで高速なコードの実行時間をより正確に測定

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Desktop

  • Live Editor: Create live functions with richly formatted documentation, including equations and images
  • Live Editor: Debug live functions and scripts
  • Live Editor: Add sliders and drop-down lists to control variable values in a live script
  • Live Editor: Sort table data interactively
  • Live Editor: Create a table of contents and add formatted code examples​
  • Live Editor: Select and edit a rectangular area of code
  • Add-Ons Explorer: Browse by category to discover convenient, helpful add-ons

Mathematics

  • graph and digraph Objects: Work with multigraphs that have multiple edges between two nodes
  • GraphPlot Object: Visualize graphs with additional options for 'force', 'force3', and 'circle' layouts
  • polyshape Objects: Analyze polygons with turningdist, nearestvertex, and overlaps functions
  • polybuffer Function: Create buffer around points or lines

Graphics

  • Axes Object: View axes at small size with improved layout, limit selection, and font scaling
  • Axes Object: Map data values to colormap using linear or logarithmic scale
  • Legend Object: Create legends with multiple columns
  • heatmap Function: Zoom and pan data, display data tips, and sort rows and columns interactively
  • geobubble Function: Explore with interactive data tips and a scale bar​ ​

Data Import and Export

  • readtable Function: Specify the number of rows to read from a text file using import options
  • readtable Function: Easily manage prefixes and suffixes from data using import options
  • preview Function: Preview first 8 rows of a table in a file without importing the full table
  • imageDatastore Function: Work with millions of images with improved memory usage and performance
  • VideoReader Function: Read video files faster on all platforms

Data Analysis

  • groupsummary Function: Group and discretize data for summary operations on table and timetable variables
  • Table and Timetable Variables: Add, delete, and rearrange column-oriented variables with the functions addvars, removevars, movevars, splitvars, mergevars, rows2vars, and inner2outer
  • Preallocated Tables and Timetables: Initialize table and timetable variables so that they have specified sizes and data types
  • Regular Timetables: Create regularly spaced timetables using a time step or sampling rate
  • retime and synchronize Functions: Synchronize timetables to a time step or sampling rate that you specify
  • duration Arrays: Create duration arrays from text that represents elapsed times
  • normalize Function: Normalize array, table, and timetable data
  • tall Arrays: Operate on tall arrays with more functions, including smoothdata, find, and isoutlier

App Building

  • App Designer: Create deployed web apps using MATLAB Compiler
  • App Designer: Add and configure tree components on the App Designer canvas
  • App Testing Framework: Author automated tests for App Designer apps
  • Figure Objects: Maximize and minimize figures programmatically
  • uitable Function: Specify data as table array
  • uidatepicker Function: Add date selection controls to apps
  • uiprogressdlg Function: Create modal in-app progress dialog boxes to apps

Performance

  • Startup: Increased speed of MATLAB startup time
  • Execution Engine: Execute tight loops with scalar math faster
  • Execution Engine: Improved performance for common programming patterns

Hardware Support

  • Raspberry Pi: Support for Raspberry Pi Zero W board
  • MATLAB Online: Acquire live images from USB webcams in MATLAB Online

Advanced Software Development

  • Tab Completion: Describe your function syntaxes for custom tab completion and other contextual suggestions
  • Unit Testing Framework: Run tests from the MATLAB Editor toolstrip
  • App Testing Framework: Author automated tests for App Designer apps
  • matlab.net.http Package: Stream data to and from a web service and handle forms and multipart messages
  • C++ MEX Interface: Access MATLAB data and objects easier from C++

See the Release Notes for details.

  • Live Editor: 自動表示される引数、プロパティ値、および代替構文のコンテキスト ヒントを使って MATLAB コマンドを記述​​​​​
  • Live Editor: ライブ スクリプトの LaTeX 形式へのエクスポート​​​​​​​​​
  • Live Editor: PDF 出力での高解像度プロットの表示​​​
  • Live Editor: テキスト、方程式、画像の水平揃え​​​​​​​​​​​
  • ドキュメンテーション: Web ブラウザーでライブ エディターを使って MATLAB オンライン ドキュメンテーションの例を開いて編集、実行
  • MATLAB Drive: どこからでもファイルを保管、アクセス、管理
  • アドオン マネージャー: アドオンの有効化と無効化による MATLAB 環境のカスタマイズ​​​​​​
  • アドオン マネージャー: 並べ替えと検索によるインストール済みアドオンの高速検出​​​​​​​​​​
  • ツールボックスのパッケージ: ライブ スクリプト テンプレートからツールボックスの入門ガイドを作成​​​​​​​​​​​​​
  • ツールボックスのパッケージ: パッケージ化の際にツールボックスを File Exchange で直接共有​​​​

言語およびプログラミング

  • コードの互換性レポート: 新しい MATLAB リリース用にコードを更新するために役立つレポートを生成​​

数学

  • decomposition オブジェクト: 線形システムを繰り返し短時間で解く
  • 関数 lsqminnorm: 劣決定の線形システムの最小ノルム解を見つける
  • 関数 dissect: 入れ子分解の順序を使ってスパース行列の列を並べ替え
  • 関数 vecnorm: 配列のベクトル単位のノルムの計算
  • polyshape オブジェクト: 2 次元多角形を作成、解析および可視化

グラフィックス

  • 関数 geobubble: データ値に合わせてサイズと色が変化するバブルを使用した対話型のマップを作成
  • 関数 wordcloud: 語句を頻度やカスタムのサイズ データに基づいて異なるサイズで表示
  • 関数 binscatter: ビンのサイズを動的に調整してデータ密度を可視化
  • tall 配列のサポート: plotscatterMbinscatter を使用してメモリに収まりきらないデータを可視化
  • 関数 heatmap: heatmap の行と列の並べ替えおよびカスタム ラベルの使用
  • 関数 bar: 個々のバーの色を制御

データのインポートとエクスポート

  • カスタム データストア: カスタマイズしたデータストアを構築
  • 関数 datastore: Windows Azure BLOB ストレージに保存したデータを処理

データ解析

  • 関数 ischange: データの急激な変化を検出
  • 関数 islocalmin および islocalmax: データの局所的な最小値および最大値を検出
  • 関数 rescale: データを指定範囲にスケーリング
  • tall 配列: fillmissingfiltermedianpolyfitsynchronize など、より多くの関数で tall 配列を操作
  • timetable データ コンテナー: VariableContinuity プロパティを使用して timetable の各変数に連続データと離散データのどちらを含めるかを指定

アプリの作成

  • App Designer: さまざまな 2 次元および 3 次元プロットを使用したアプリを作成
  • App Designer: コンポーネント ライブラリからアプリにメニューを追加
  • App Designer: アプリの実行時に入力引数を指定
  • App Designer: アプリのパッケージ化とコンパイル用に概要、説明、スクリーンショットを追加
  • 関数 uitree および uitreenode: アプリ内にツリーとツリー ノードを作成
  • 関数 uiconfirm: モーダルのアプリ内確認ダイアログ ボックスを作成
  • ツールボックスのパッケージ: ツールボックスのインストール時に App Designer アプリをアプリ ギャラリーに追加
  • MATLAB Online: MATLAB Online での App Designer の実行

パフォーマンス

  • App Designer: アプリの読み込み速度の改善
  • 実行エンジン: AVX2 対応 CPU におけるベクトル演算のパフォーマンスを改善​​​
  • Live Editor: ループを使用したライブ スクリプト実行速度を改善

ハードウェア サポート

  • Arduino: 低コスト Bluetooth アダプターを使用して Arduino ボードにワイヤレス接続
  • Arduino セットアップ UI: Arduino ボードの接続を USB、Bluetooth または WiFi 経由でセットアップ
  • Arduino プラグイン検出: 対応 Arduino ボードの差し込み時に利用可能な Arduino サポートおよび例を検索

高度なソフトウェア開発

  • C++ 向け MATLAB エンジン API: オブジェクト指向プログラミングのサポートと非同期実行を提供する C++ プログラムから MATLAB コードを実行
  • C++ 向け MATLAB エンジン API: MATLAB データ配列を使用して C++ プログラムと MATLAB 間でデータをやり取り
  • Java SE 8: MATLAB サポートによる、新しい Java 機能のセキュリティとアクセスの改善​​​
  • MinGW 5.3: MATLAB サポート​​​
  • Microsoft Visual Studio 2017: Microsoft Visual Studio 2017 の Community、Professional および Enterprise エディションの MATLAB サポート​
  • Python バージョン 3.6: MATLAB サポート
  • MATLAB ハンドル クラス メソッド: リスナーをソース オブジェクトにバインドせずにイベントのリスナーを追加
  • ユニット テスト フレームワーク: Cobertura 形式のコード カバレッジ レポート提供による継続的な統合ワークフローの改善​​​

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

デスクトップ

  • Live Editor: タイトル、ラベル、凡例、およびその他の注釈を含む図を対話的に編集
  • Live Editor: 誤入力のコマンドおよび変数に対する修正候補を取得
  • Live Editor: 他のアプリケーションにライブ スクリプトの出力をコピー
  • Live Editor: 変数上にカーソルを合わせることで現在の値を表示
  • アドオン エクスプローラー: GitHub 上でホスティングされている File Exchange に公開されたアドオンをアドオン エクスプローラーから見つけてインストール
  • MATLAB Online: Web ブラウザーから MATLAB にアクセス

言語およびプログラミング

  • string 配列: 二重引用符を使用して string 配列を作成
  • 関数 missing: doubledatetimecategorical、および string 配列などの基本的なデータ型で欠損値を代入
  • 関数 issortedrows: 行列およびテーブルの行が並べ替えられているかを判別
  • 関数 sort および sortrows: 複素数を並べ替えたり、欠損している要素を埋めたりするオプションを指定
  • 関数 issorted: 単調、厳密な単調、厳密な昇順、厳密な降順のオプションで並べ替え順序をクエリ

グラフィックス

  • 関数 heatmap: テーブルまたは行列データをヒートマップとして可視化
  • 関数 legend: 座標軸にデータを追加または削除すると更新される凡例を作成
  • カテゴリカル プロット: 一般的なプロット関数でカテゴリカル データを使用、カテゴリカル ルーラーを使用して座標軸をカスタマイズ
  • 関数 histogram: 日時および期間データのヒストグラムをプロット

データのインポートとエクスポート

  • 関数 ​datastore および tabularTextDatastore: テキストファイルに含まれる日時データを自動検出​
  • インポート ツール: 文字列とカテゴリカル配列を対話的にインポート
  • 関数 detectImportOptions: 固定幅テキスト ファイルの読み込みプロパティを制御
  • RESTful Web サービス: webreadwebwrite、および websave での PUT および DELETE HTTP メソッドのサポート​​​

データ解析

  • tall 配列: 関数 ismembersortconv、移動統計関数など、より多くの関数で tall 配列を操作
  • 関数 isoutlier および filloutliers: 配列またはテーブルで外れ値を検出して置換
  • 関数 smoothdata: フィルタリングまたは局所回帰により配列またはテーブルでノイズを含むデータを平滑化
  • 関数 summary: テーブルおよび timetable の要約統計および変数情報を計算
  • 関数 movmad および movprod: 移動中央絶対偏差および配列の移動積を計算
  • 関数 bounds: 配列の最小および最大の要素を同時に判別
  • 関数 fillmissing: 移動平均または移動中央値オプションを使用して配列またはテーブルの欠損データを置換

アプリの作成

  • App Designer: 対話型チュートリアルを使用したアプリ作成の学習
  • App Designer: プロットのズームとパン
  • App Designer: テーブルの列が自動的にテーブルの幅に合うように構成
  • App Designer: [設定] ダイアログ ボックスを使用して設計時の共通設定を管理

パフォーマンス

  • 実行エンジン: MATLAB オブジェクト プロパティの設定のパフォーマンスを改善
  • 関数 save: 一部のストレージ デバイスにおいて MAT v7.3 ファイルを圧縮なしで保存してパフォーマンスを改善
  • 関数 memoize: 関数の結果をキャッシュして、同じ入力で呼び出されたときにもう一度返さないようにする
  • スクリプト: スクリプトの負荷を軽くしてパフォーマンスを改善
  • try, catch ブロック: 実行負荷を軽くして try ブロックのパフォーマンスを改善

ハードウェア サポート

  • Arduino: 直交エンコーダーから読み取る
  • Arduino: Wi-Fi で Arduino MKR1000 ボードに無線接続
  • iPhone および Android センサー: センサー データを Android または iOS デバイスでローカルに記録し、後で解析​​​​​

高度なソフトウェア開発

  • オブジェクト プロパティ: タイプ、サイズ、形状、またはその他のパラメーターでオブジェクト プロパティの値の有効性を確認
  • 模擬フレームワーク:従属コンポーネントの動作を模倣することによりシステムの一部を切り離してテスト
  • ユニット テスト フレームワーク: TestReportPlugin を使用してテスト中に生成されたスクリーンショットおよび Figure をキャプチャ​
  • ユニット テスト フレームワーク: 関数 runtestsdebugstrict、および verbosity オプションで制御​
  • パフォーマンス テスト フレームワーク: sampleSummary メソッドを使用して、テスト測定結果の統計を表示​​

デスクトップ

  • Live Editor: 出力図内の軸を移動、ズームおよび回転
  • Live Editor: 方程式エディターを使用して、方程式を対話形式で作成および編集
  • Live Editor: 新しいセクションを作成し、自動書式設定を使用してテキスト形式を迅速に設定
  • Command Window: クラス、サイズおよび形状を示すヘッダーを含む配列の、更新されたディスプレイを表示
  • 製品評価版: アドオンエクスプローラーを使用して MathWorks 製品の評価版をダウンロード
  • ツールボックスのパッケージ: ライブ スクリプト例の追加、カスタム ドキュメンテーションに使用する info.xml および helptoc.xml テンプレートの生成、インストール上の Java クラス パスの編集

言語およびプログラミング

  • スクリプトに含まれる関数: ローカル関数をスクリプトで定義することで、コードの再利用性と可読性が向上
  • string 配列: テキスト データを効率的に操作、比較および格納
  • timetable データ コンテナー: 時間ベースのインデックス付けおよび同期により、タイムスタンプ付き表データを管理
  • 関数 timerange:timetable 内の指定された日付および時間範囲内のすべてのデータにアクセス
  • 関数 vartype: テーブル内の指定したデータ型のすべての変数にアクセス
  • table データ コンテナー: Variables プロパティを使用して、テーブル内の互換性のある型をもつすべての変数を参照
  • 関数 dir: フォルダーおよびサブフォルダーの再帰検索

数学

  • 暗黙の展開: 長さ 1 の次元の自動展開による、要素の操作と関数の適用
  • graphおよび digraph オブジェクト: グラフ同型、重連結成分、切断点およびノード凝縮の計算
  • graph および digraph オブジェクト: グラフおよびネットワークを 3-D で可視化
  • digraph オブジェクト: 関数 flipedge を使用して、有向グラフのエッジ方向を反転

グラフィックス

  • 日付と時刻のプロット: 一般的なプロット関数で datetime または duration データを使用、datetime と duration ルーラーを使用してプロットをカスタマイズ
  • 関数 polarscatter および polarhistogram: 極座標で散布図およびヒストグラム図を作成
  • 関数 fimplicit および fimplicit3: フォーム f(x,y) = 0 および f(x,y,z) = 0 の陰関数をプロット
  • 目盛りの書式設定の関数: 軸の目盛りラベルのテキスト、位置、回転および書式設定をカスタマイズ
  • 関数 errorbar: 垂直および水平誤差範囲を作成して、ハット幅を制御
  • 関数 plot: MarkerIndices プロパティを使用してマーカーの位置と周波数を制御

データのインポートとエクスポート

  • 関数 readtable: 日時データを自動検出して、テキストおよびスプレッドシート ファイルで返す
  • 関数 detectImportOptions: テキストと Excel ファイルのレイアウトを検出して、readtable へのインポート オプションをカスタマイズ
  • VideoReader オブジェクト: Windows システム上の MP4 および MOV ファイルから、ビデオ フレームをさらに迅速に読み取る
  • 関数 imageDatastore: 画像をまとめて読み取ることで、機械学習アプリケーションおよびコンピューター ビジョン アプリケーションでの処理をさらに高速化
  • TallDatastore オブジェクト: MATLAB の tall 配列の関数write を使用して、前処理してクリーンアップされたデータを効率的に取得
  • 関数 jsondecode、jsonencode: JSON 書式のテキストの構造化データの暗号化および復号化

データ解析

  • tall 配列: 大きすぎてメモリに収まらないデータの操作および解析
  • 欠損データの関数: ismissing、standardizeMissing、fillmissing、rmmissing を使用した、配列またはテーブル内の欠損データの検索、設定および削除
  • 累積関数: cumsum、cummin、cummax'omitnan' を使用して NaN を無視
  • 関数 discretize: タイムスタンプ付きデータを通常の期間に分割するために datetime および duration 配列を離散化
  • 制約付きの移動およびズーム: 2-D および 3-D プロットを行うための単一の次元での移動またはズーム

アプリの作成

  • App Designer: area、bar、contour、histogram、yyaxis および関数プロットなどの一般的な 2-D プロットをアプリに追加
  • App Designer: アプリで 2-D プロットの凡例を作成
  • App Designer: uitable を使用してアプリに表形式の表示を組み込み
  • App Designer: 複数のコンポーネント間で共有可能なコールバック関数を作成
  • App Designer: ラベル付けされたコンポーネントの追加、位置設定、サイズ変更およびコンポーネントを作成してラベルから派生した名前を付ける

パフォーマンス

  • グラフィックス ディスプレイ: 使用するメモリ量を削減して、多数のマーカーによるプロットのレンダリングを高速化
  • 実行エンジン: スカラー数学をさらに迅速に実行して緊密なループを実行
  • 実行エンジン: オブジェクトをさらに迅速に構築

ハードウェア サポート

  • iPhone および Android センサー: MathWorks クラウド上のモバイル センサーのデータを Wi-Fi または移動体通信ネットワーク経由でログに記録
  • Arduino: シフト レジスタへの書き込み
  • Raspberry Pi: PWM 信号を生成して、Raspberry Pi 上の GPIO ピンでサーボ モーターを制御
  • Raspberry Pi: Raspberry Pi 3 Model B のサポート
  • Raspberry Pi: センサーからの読み取りおよび Raspberry Pi Sense HAT 上の LED マトリックスへの書き込み

高度なソフトウェア開発

  • matlab.net.http オブジェクト: 低水準プロトコル制御による HTTP サービスへのアクセス
  • Java 向け MATLAB エンジン API: Java プログラムでの MATLAB コードの実行
  • matlab.mixin.SetGet: set または get の呼び出しで、正確ではないプロパティ名を既定で使用可能
  • ユニット テスト フレームワーク: テスト実行の Microsoft Word または Adobe PDF のレポートを生成
  • ユニット テストおよびパフォーマンス テストのフレームワーク: スクリプトベースのテストでローカル関数を使用することで、コードの再利用性と可読性を向上

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

デスクトップ

  • Live Editor: 出力が組み込まれて表示されるライブ スクリプトを作成および実行。方程式およびイメージを追加して対話型の表現を向上
  • ツールボックス: matlab.addons.toolbox パッケージでカスタム MATLAB ツールボックスをプログラムによってパッケージ化およびインストール
  • タブ補完機能: 一部の MATLAB 関数呼び出しでパラメーター名およびオプションを補完
  • 一時停止ボタン: エディターからプログラムの実行を一時停止し、デバッグ モードに移行

言語およびプログラミング

  • datetime オブジェクト: 設定パネルで datetime オブジェクトの既定のロケールおよび形式を設定
  • 関数 zerosones および eye: 配列 logical を作成

数学

  • 移動統計関数: 関数 movmeanmovsummovmedianmovmaxmovminmovvar および movstd を使用して移動統計を計算
  • 配列 datetime および duration: std で標準偏差を計算
  • 配列 datetime および duration: 関数 meanmedianstd および sum'omitnan' または 'omitnat' を使用して NaN および NaT を無視
  • クラス graph および digraph: 中心度および最近接ノードの関数を使用してグラフおよびネットワークを解析
  • 関数 svds: さまざまな行列によってパフォーマンスと収束の動作が向上した特異値の計算
  • 関数 median: パフォーマンスが向上した中央値の計算
  • 関数 cummincummaxcumprod および cumsum: パフォーマンスが向上した累積最小、最大、積および和の計算

グラフィックス

  • 関数 polarplot: 極座標でデータをプロットし、原線のプロパティを変更
  • 関数 yyaxis: 2 つの Y 軸をもつグラフを作成して各 Y 軸を個別にカスタマイズ
  • 凡例オブジェクト: 凡例のタイトルを追加し、凡例項目がクリックされたときにプロットを強調表示するためのコールバックを作成
  • 関数 histogram2: 2 変量ヒストグラムのためにデータ リンクとデータのブラシ選択を実現
  • 関数プロット: 数式をパラメトリックな折れ線グラフ、表面プロットおよび等高線図として可視化
  • グラフィックス ディスプレイ: 多数のマーカーによるプロットのレンダリングを高速化
  • 3-D パンおよびズーム: 3 次元ビューでデータを確認する際の軸のパンおよびズームの動作が向上

アプリの作成

  • App Designer: 強化された設計環境と拡張された UI コンポーネント セットを使用して、折れ線グラフおよび散布図を用いた MATLAB アプリを作成

データのインポートとエクスポート

  • 関数 writetable: 特にファイル サイズが大きい場合にテキスト ファイルへの書き込みを大幅に高速化
  • 関数 readtable: Excel ファイルからの読み取り時のパフォーマンスが向上
  • 関数 writetable: Mac および Linux プラットフォームでの Excel ファイルへの書き込み
  • 関数 spreadsheetDatastore: Excel ファイルのコレクションからデータをインポートして処理
  • 関数 datastore: TabularTextDatastore オブジェクトをインポートする際のファイル形式の検出が向上
  • ImageDatastore オブジェクト: Labels プロパティを使用してイメージ ラベルを指定し、関数 splitEachLabelcountEachLabel および shuffle で処理
  • 関数 fileDatastore: サイズが大きすぎてメモリ内に収まらないファイルのコレクションのためにカスタム データ ストアを作成
  • 関数 readtable: 区切り記号、ヘッダー行および変数名の自動検出を使用したテキスト ファイルの読み取り
  • 関数 tabularTextDatastore および imageDatastore: サイズの大きいテキスト データおよびイメージ データのコレクションをインポートするためのオブジェクトを作成

パフォーマンス

  • パフォーマンス テスト フレームワーク: ユニット テスト フレームワークを使用して MATLAB コードのパフォーマンスを測定
  • グラフィックス ディスプレイ: 多数のマーカーによるプロットのレンダリングを高速化
  • 関数 writetable: 特にファイル サイズが大きい場合にテキスト ファイルへの書き込みを大幅に高速化
  • 関数 readtable: Excel ファイルからの読み取り時のパフォーマンスが向上
  • 関数 median: パフォーマンスが向上した中央値の計算
  • 関数 cummincummaxcumprod および cumsum: パフォーマンスが向上した累積最小、最大、積および和の計算

ハードウェア サポート

  • Raspberry Pi: USB Web カメラからイメージを取得
  • Arduino: 追加のハードウェアおよびソフトウェア ライブラリとのインターフェイスを行うカスタム アドオンを作成

高度なソフトウェア開発

  • パフォーマンス テスト フレームワーク: ユニット テスト フレームワークを使用して MATLAB コードのパフォーマンスを測定

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

2015aSP1 で提供される Simulink 8.5.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

デスクトップ

  • アドオン エクスプローラー: コミュニティで作成した、MathWorks のツールボックス、アプリ、関数、モデルおよびハードウェア サポートなどの機能を MATLAB に追加
  • ドキュメンテーション: 設計が変更されたヘルプ ナビゲーションとブラウザースタイルのキーボード ショートカットを使用して、情報を迅速に検索
  • タブ補完機能: 大文字小文字を修正してコマンドを補完
  • コマンドに対する修正候補: ヘルプ コマンドを呼び出すときに関数名の入力を誤ると修正候補を表示

言語およびプログラミング

  • 関数 findgroups および splitapply : データをグループに分割して、データの各グループに関数を適用する
  • 関数 NaT : Not-a-Time 値の配列を作成
  • 関数 timezones : タイム ゾーン名の一覧を表示
  • help コマンド: 変数を、変数のクラス名として指定する代わりに help コマンドへの入力として指定

高度なソフトウェア開発

  • Python に対する MATLAB インターフェイス: Python クラス定義を clear classes コマンドを使用して消去 (変更された Python クラスを再度読み込む場合に便利)
  • Python に対する MATLAB インターフェイス: ある Python 関数へのハンドルを、MATLAB から呼び出される他の Python 関数に渡す
  • Python 向けの MATLAB エンジン: MATLAB の実行中のセッションに接続することで、MATLAB 関数およびオブジェクトを Python から呼び出す
  • MEX コンパイラのサポート: 無償の MinGW-w64 コンパイラを使用して 64 ビット Windows 上で MEX ファイルをコンパイル​
  • ユニット テスト フレームワーク: TAP プラグインおよび JUnit スタイルの XML プラグインの診断により、継続的統合ワークフローを向上
  • ユニット テスト フレームワーク: 最終結果を即時にレポートして、システム全体で認証するプラグインを使用してテスト ランナーをカスタマイズ​
  • ユニット テスト フレームワーク: 関数 runtests​UseParallel オプションを指定して使用して、利用可能な場合にテストを並列で実行
  • ユニット テスト フレームワーク: 新しい FailOnWarningsPlugin を使用するテストにより発行される警告を検出および回避

演算

  • graph および digraph クラス: グラフおよびネットワークを作成、解析および可視化
  • 関数 histcounts2 : 2 変量データをビンにまとめる
  • 関数 deg2rad および rad2deg : ラジアンと度を変換
  • 配列 datetime : 関数 interp1 を使用して日付と時刻を補間
  • 配列 duration : 関数 interp1epscummaxcummincumsummod および rem を使用して、期間の計算を実行

データのインポートとエクスポート

  • Excel スプレッドシート: パフォーマンスが向上した関数 xlsreadxlswritereadtable および writetable を使用して、同じスプレッドシートに対して繰り返し読み取り/書き込みを実行
  • 関数 datastore : ImageDatastore としてサイズが大きすぎてメモリ内に収まらない画像のコレクションからデータをインポート
  • 関数 datastore : TabularTextDatastore を使用して、追加の文字エンコード方式のサポートによりテキスト ファイルからデータをインポート​
  • VideoReader オブジェクト: Mac 上のビデオ ファイルからデータのストリームをより迅速に読み取り

Graphics

  • グラフィックス ディスプレイ: Apple Retina ディスプレイおよび Windows の高解像度ディスプレイ向けの DPI 対応 MATLAB グラフィックスを活用
  • axes オブジェクト: プロットのそれぞれの軸の場所を原点で交差するように設定
  • Numeric Ruler オブジェクト: プロットの個々の軸の表示を制御するために目盛りの書式、指数およびテキストのスタイルをカスタマイズ
  • 関数 histogram2 : ビン、正規化および表示の制御による 2 変量ヒストグラムをプロット
  • MATLAB のチャート: 棒グラフ、散布図および面積グラフで透明性を使用

GUI の作成

  • UI の表示: Apple Retina ディスプレイおよび Windows の高解像度ディスプレイ向けの DPI 対応 UI を作成

パフォーマンス

  • MATLAB 実行エンジン: 設計が変更されたアーキテクチャを使用してプログラムをさらに高速に実行
  • table データ型: ドットと丸かっこを使用する際の、データ アクセスのパフォーマンスが向上
  • カテゴリカル配列: 大量のカテゴリを作成するときのメモリの効率性とパフォーマンスが向上

ハードウェア サポート

  • ​Raspberry Pi 2 Model B: Raspberry Pi ハードウェア向け MATLAB サポート パッケージを使用して Raspberry Pi 2 ボードからセンサーおよび画像データを取得
  • ​BeagleBone Black: BeagleBone Black ハードウェア向け MATLAB サポート パッケージを使用して BeagleBone Black ボードからセンサーおよび画像データを取得
  • iOS センサー: Apple iOS センサー向け MATLAB サポート パッケージを使用して Apple iOS モバイル デバイスからセンサー データを取得

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

デスクトップ

  • ドキュメンテーション:カスタム ツールボックス用のドキュメンテーションを MATLAB ヘルプ ブラウザーに統合
  • 配列サイズの制限:行列が意図しない大きさにならないように配列の最大サイズを制限
  • タブ補完機能:クラス定義ファイルの編集時にクラスのプロパティやメソッドを入力

言語およびプログラミング

  • repelem:配列要素を繰り返しコピーして大きい配列を作成

数学

  • discretize:数値データをビンまたはカテゴリにグループ化
  • 記述統計:基本的な統計計算 (maxminmeanmediansumvarstdcov など) で NaN 値を除外
  • ismembertol および uniquetol:許容誤差を使用してセットの比較を実行
  • 乱数:倍精度 SIMD 指向高速メルセンヌ・ツイスター (dSFMT) アルゴリズムを使用して乱数を生成

データのインポートとエクスポート

  • Datastore:ReadSize プロパティの 'file' オプションで 1 つの完全なファイルを読み取り
  • Datastore:Parallel Computing Toolbox を使用して関数 partition でデータ ストアのデータを並列に読み取り
  • webwrite:HTTP POST メソッドを使用して RESTful Web サービスにデータを送信
  • webread および websave:HTTP POST メソッドを使用して RESTful Web サービスにデータを要求

パフォーマンス

  • MapReduce:並列プールをサポートする任意のコンピューター クラスターで MATLAB Parallel Server を使用して mapreduce アルゴリズムを実行
  • 内挿関数:マルチスレッド計算を使用して高速化

ハードウェア サポート

  • IP カメラ:インターネット プロトコル カメラからビデオを直接取り込み
  • BeagleBone Black ハードウェア:BeagleBone Black ハードウェア向け MATLAB サポート パッケージを使用して BeagleBone Black ハードウェアにアクセス
  • Arduino ハードウェア:Arduino ハードウェア向け MATLAB サポート パッケージを使用して Arduino Leonardo およびその他のボードにアクセス

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

デスクトップ

  • GitHub 上のリポジトリなどの Web ホスト リポジトリからの同期など、現在のフォルダー ブラウザーを使った Git および Subversion ソース管理システムの統合
  • 単一のインストール可能ファイルへのカスタム MATLAB ツールボックスのパッケージング
  • カスタム MATLAB ツールボックスを管理するためのダイアログ ボックス
  • 以前の MATLAB セッションからのフォルダーで開始するためのオプションをもつ、初期作業フォルダーを管理するための環境設定
  • MATLAB 内から使用できる自習型 eラーニング

言語およびプログラミング

  • 日付と時間の効率的な計算、比較、および書式付き表示のための datetimeduration、および calendarDuration 配列
  • コマンド ウィンドウでの構文エラーに対する修正候補
  • MATLAB で Python の関数を使用するための py パッケージと、Python から MATLAB を呼び出すためのエンジン インターフェイス
  • SOAP ベースの Web サービスにアクセスするための matlab.wsdl.createWSDLClient 関数
  • 既存および新規のワークスペース変数に対する即時の影響など、classdef ファイルを編集したときのワークフローの向上

数学

  • 数値データをビン化するための histcounts 関数
  • 最近の頂点を識別したり、指定点の三角形または四面体を囲むための、三角形分割関数 nearestNeighbor および pointLocation
  • interp1 関数と griddedInterpolant クラスによる [次][前] 近傍への内挿のオプション
  • round 関数を使用した小数または有効数字の指定桁数に数字を丸めるオプション
  • 点の離散セットの周囲の適合境界を作成するための、boundary 関数と alphaShape クラス
  • 配列の累積最小および最大を計算するための cummin および cummax 関数
  • cumsumcummincummax、および cumprod 関数に対する逆累積オプション
  • カテゴリカル データの中央値およびモード計算

データのインポートとエクスポート

  • インポート ツールと、readtable および textscan 関数を使用したテキスト ファイルからの高速データ インポート
  • readtable および textscan 関数を使用した、 カテゴリカル および 日時配列としてのデータのインポート
  • datastore でメモリに収まらないテキスト ファイルおよびテキスト ファイルのコレクションからのデータ インポート
  • VideoReader のパフォーマンス向上と、ビデオ内の指定時刻からの読み取り開始機能
  • ソケットベース接続を使用するネットワーク接続デバイスおよびサーバーに対してデータを読み書きするための tcpclient 関数
  • JSON、CSV、画像データなどのオンライン データをインポートするための webread 関数

グラフィックス

  • 鮮明度の美しさが向上した MATLAB グラフィックスの新しい表示
  • MATLAB オブジェクトに基づいたインフラの改善
  • 回転可能な軸ティック ラベル
  • plot 関数による datetime および duration ティック ラベルの自動更新
  • ヒストグラムをプロットするための histogram 関数
  • ライン アニメーションを作成するための animatedline 関数
  • 多言語のテキストと記号の表示

GUI の作成

  • タブ付きパネルを持つユーザー インターフェイスを作成するための uitab および uitabgroup コンポーネント

パフォーマンスとビッグ データ

  • mapreduce でHadoop にスケールできるデスクトップ上のビッグ データ解析
  • sort でカテゴリカル データをソートするためのパフォーマンスを向上

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

デスクトップ

  • コマンド ウィンドウで最近使用されたコマンドの呼び出し、表示、フィルター処理、検索をするためのポップアップ型のコマンド履歴
  • テキスト ファイル間の相違点を探すための MATLAB 比較ツールのマージオプション
  • ワークスペース変数とその値を MATLAB スクリプトに保存

言語およびプログラミング

  • コマンド ウィンドウでユーザー定義関数の入力を誤った場合に修正候補を表示
  • MEX コンパイラのセットアップの効率化およびトラブルシューティングの向上
  • 関数 flipudfliplrrot90 での多次元配列のサポート
  • circshift が指定された次元で動作するためのオプション

数学

  • 行列構造をテストするための関数 isdiagisbandedissymmetricishermitianistrilistriubandwidth
  • Sylvester 方程式を解くための関数 sylvester
  • 左固有ベクトルを計算するための関数 eig のオプション
  • 既存の変数のデータ型と一致する乱数の配列を作成するための、関数 randrandirandn のオプション

データのインポートとエクスポート

  • ライブの画像とビデオをプレビューと取得を行うためにWeb カメラのサポート
  • モーターやアクチュエーターなどの機器を制御するため、および MATLAB から直接、センサーやカメラのライブ データをキャプチャするための Raspberry Pi ハードウェアのサポート

パフォーマンス

  • 3 個の入力を使用した場合に関数 conv2 のパフォーマンス向上
  • FIR および IIR に対し関数 filter のパフォーマンス向上

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。