MATLAB Production Server



R2016b で提供される Version 2.4 では、以下の機能が強化されています。

  • RESTful API および Java クライアントを使用した非同期実行計算量の多いジョブにアプリケーション サーバー リソースを利用

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 2.3 では、以下の機能が強化されています。

  • RESTful API および JSON: HTTP をサポートする任意のプログラミング言語で MATLAB Production Server のクライアントを開発

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

Release 2015a に組み込まれているバージョン 2.1 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • Windows サービスとしてのサーバーのインストール
  • Web やエンタープライズ システムと統合するための MATLAB Production Server の開発およびテスト フレームワーク

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2014b に組み込まれているバージョン 2.0 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • より幅広いエンタープライズ環境に統合できるように C/C++ および Python のクライアント ライブラリを追加

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2014a+ に組み込まれているバージョン 1.2.1 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 動的な API 呼び出しによりデータベースおよびサードパーティのアプリケーションとの統合を強化
  • HTTPS でクライアント アプリケーションとの通信を保護
  • クライアント SSL 証明書に基づくプログラムのアクセス制御

詳細については、リリース ノートをご覧ください。