地理情報を解析し可視化する

Mapping Toolbox™ には、MATLAB® で地理データの解析や地図表示の作成を行うためのアルゴリズム、関数、アプリが用意されています。さまざまなファイル形式や Web Map Server からベクトル データおよびラスター データをインポートできます。このツールボックスでは、トリミング、補間、再標本化、座標変換などの手法を使用して、データのサブセット化やカスタマイズが可能です。1 つの地図表示上で、地理空間データと複数のソースから収集したベース マップ レイヤーを結合することができます。作成したデータは、シェープファイル、GeoTIFF、KML などのファイル形式でエクスポートできます。地図表示用の関数を MATLAB プログラムに組み込むことで、地理空間ワークフローでよく行う作業を自動化することが可能です。


機能

地理データのインポートとエクスポート

ベクトル データとラスター データの両方を MATLAB 環境に読み込みます。

詳細はこちら

2 次元および 3 次元の地図表示

カスタマイズされた 2 次元および 3 次元の地図表示を生成します。

詳細はこちら

Web 地図表示

OpenStreetMap、ESRI ArcGIS Online、MapQuest、各種の WMS サーバーなど、さまざまなソースから Web 地図表示を作成します。

詳細はこちら

地形および標高の解析

数値地形や数値海底地形、その他のグリッド データ プロダクトなど、3 次元データを可視化および解析します。

詳細はこちら

幾何測地学および地図投影

地球や他の惑星体の曲率を考慮した測地計算を実行します。

詳細はこちら

データ表現とデータ変換

ベクトル データを X-Y ベクトルまたは緯度経度ベクトル、あるいは他のメタデータの維持管理が可能なオブジェクトとして扱います。

詳細はこちら

製品リソース

これらのリソースを調べて Mapping Toolbox をさらに詳しく知る。

ドキュメンテーション

リリース ノートやコード サンプルなど、Mapping Toolboxの関数と機能のドキュメンテーションを調べる。

関数

使用できる Mapping Toolbox 関数のリストを参照する。

動作環境

最新リリースの Mapping Toolbox のシステム必要条件を見る。

技術情報

Mapping Toolbox を使用する技術的な利点について説明する記事を読む。

ユーザー事例

Mapping Toolbox の各業界の研究開発分野における活用事例を読む。

コミュニティとサポート

質問の答えを検索し、トラブルシューティング リソースを調べる。

アプリ

Mapping Toolbox アプリでは、対話型のインターフェイスを介して一般的なタスクにすばやくアクセス可能。


製品評価版の入手または製品の購入

無料評価版を入手する

Mapping Toolbox の無料評価版をお試しいただけます。

評価版を入手する

購入する

Mapping Toolbox を購入し、アドオン製品を調べる。

営業へのお問い合わせ
価格とライセンス

質問はありますか。

Bruce

Bruce Tannenbaum にお問い合わせください,
Mapping Toolbox テクニカル エキスパート

Bruce に電子メールを送信する

Mapping Toolbox requires MATLAB.


 関連ソリューション

Mapping Toolbox を使用して、科学および工学分野の課題を解決します。


ニュース&イベント

画像処理の概念とアルゴリズム実装について紹介します。
This session provides an overview of using MATLAB for geospatial image and data analysis. Using imagery acquired from USGS Web Services, we will demonstrate the development and application of an...

Mapping and Geospatial Data Analysis Using MATLAB