2016b で提供される Simulink 5.3 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 5.2 では、以下の機能が強化されています。

  • パラメーター オブジェクトのオートスケーリング: パラメーター オブジェクトのデータ型を自動推奨して適用

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

2015aSP1 で提供される Simulink 5.0.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 5.1 では、以下の機能が強化されています。

  • Simulink Fixed-Point Tool ワークフローの簡素化:符号の有無および継承型と浮動小数点型のデータ型を推奨
  • 倍精度から単精度への変換: コマンド ラインを使用して倍精度の MATLAB コードを単精度の MATLAB コードに変換
  • MATLAB 固定小数点コンバーター アプリによるワークフローの合理化: プロジェクトの状態を復元して、MEX ファイルの再生成を抑制
  • Delay ブロックの範囲解析: Delay ブロックを使用するモデルに対する範囲解析の精度と速度を向上
  • 固定小数点スケーリング演算での符号付きシフトの制御: 生成されたコードでの符号付きシフトの使用を制御

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Version 5.0 では、以下の機能が強化されています。

  • Simulink 内 MATLAB Function ブロックのデータ範囲解析
  • デッド コードや一定の折りたたみコードの検出、複数のエントリ ポイント関数を含むプロジェクトのサポート、グローバル変数のサポートなど、固定小数点変換アプリの強化
  • より多くのDSP System オブジェクトに対する固定小数点変換アプリを用いた自動変換
  • 固定小数点の SimState ログ機能とルート ログ機能の改善

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014b で提供される Version 4.3 では、以下の機能が強化されています。

  • 固定小数点 MATLAB コードの自動変換のための Fixed-Point Converter アプリケーション
  • Simlink で固定小数点変換をスクリプトしたり収集したデータにアクセスするためのコマンド
  • Biquad Filter、FIR Filter、および FIR Rate Converter など一般的に使用されている DSP System オブジェクトのための自動固定小数点変換
  • Simulink で MATLAB Function ブロックのためのシミュレーション レンジ収集とデータ型プロポーザル
  • Simulink におけるラップと飽和を区別するオーバーフロー診断

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。