2016b で提供される Simulink 5.8 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 2.3 では、以下の機能が強化されています。

  • 日時: カレンダー関数での datetime のサポート

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 5.6 では、以下の機能が強化されています。

  • ポートフォリオ最適化: エラー制約の追跡により平均分散ポートフォリオを計算
  • クレジット スコアカード: 予測子タイプを数値またはカテゴリカルに設定してサマリー情報を表示
  • 遷移確率の推定: テーブル入力を使用してデータを入力
  • 単利変換: 単利でのゼロ、前方および割引曲線を計算

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 5.5 では、以下の機能が強化されています。

  • クレジット スコアカードの既定の計算のモデル検証、グループ化アルゴリズム、債務不履行確立を向上
  • 保険の生命表のキャリブレーションとシミュレーション

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014b で提供される Version 5.4 では、以下の機能が強化されています。

  • クレジット スコアカード機能
  • fmincon 関数を使用したときの CVaR ポートフォリオ最適化に対するパフォーマンスの拡張機能
  • 時間の定数パラメーターまたは確定関数をもつモデルのための SDE モンテカルロ シミュレーションに対するパフォーマンスの拡張機能
  • ファンチャート可視化関数

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。