R2016b で提供される Version 6.9 では、以下の機能が強化されています。

  • クラスター プロファイルの検証: 実行する検証ステージおよび使用する MATLAB ワーカーの数を選択
  • tall 配列の並列サポート: デスクトップ、MATLAB Distributed Computing Server、Spark クラスターで tall 配列を並列で使用してビッグ データを処理
  • 並列メニューの強化: 並列メニューの新しいメニュー項目を使用して、クラウド ベースのリソースを設定および管理
  • 分散配列の新しいデータ型: 次の分散配列を作成する拡張機能を使用: datetimedurationcalendarDurationstringcategoricaltable
  • 分散配列の読み込み: datastore を使用して分散配列を並列で読み込み

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 6.8 では、以下の機能が強化されています。

  • 分散配列のサポート: 直接ソルバー (mldivide) と反復ソルバー (cgs および pcg) へのスパース入力を含む、強化された配列関数 distributed を使用
  • Hadoop Kerberos のサポート: Kerberos 認証環境での Hadoop のサポートを強化
  • データ転送の上限の引き上げ: MATLAB ジョブ スケジューラ クラスターを使用して、ジョブにおいてクライアントとワーカー間で最大 4 GB のデータを転送
  • サードパーティ製のスケジューラの統合: Parallel Computing Toolbox ではなく MATLAB Central File Exchange からサードパーティ製のスケジューラ (IBM Platform LSF、Grid Engine、PBS および SLURM) の統合スクリプトを入手

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 6.7 では、以下の機能が強化されています。

  • SLURM のスケジューラ統合スクリプト
  • Hadoop 2 クラスター上の mapreduce のパフォーマンス向上
  • parfor および parfeval などの並列言語構文内でアクセス可能な定数データを並列プール ワーカー上で作成する関数 parallel.pool.Constant

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Version 6.6 では、以下の機能が強化されています。

  • 並列プールをサポートする任意のクラスターでの関数 mapreduce のサポート

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014b で提供される Version 6.5 では、以下の機能が強化されています。

  • mapreduce を使用した Hadoop クラスターに対するデータ解析
  • fft2fftnifft2ifftncummaxcummin、および diff など、分散配列のための MATLAB 関数の追加

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。