サードパーティ製品/サービス

veDYNA

車両モデルのリアルタイムシミュレーションツール

ハイライト

  • 現実に近いバーチャルテストドライブの高精度な車両モデル
  • 一般的な車両構成と運転タスクのReady-to-useモデル
  • Simulinkで車両モデルのフレキシブルな編集や拡張
  • 3Dランタイムアニメーションでシミュレーションの結果表示
  • トラフィックモジュール、トラック、牽引車、トレーラーなどの特別な要求に拡張
  • TESIS DYNAware製品のenDYNAとRealtime BrakeHydraulicsとあわせてバーチャル車両に

説明

veDYNA® は高精度な車両モデルに基づいた汎用の車両シミュレーションツールで、乗用車、四輪駆動のスポーツ車両、F1 レースカーのシミュレーションに最適です。veDYNA は、バーチャルや物理テスト装置のコンポーネントテストのための PC でのコンセプト車両開発から、SIL や HIL 環境の車両制御機能開発とテストまで可能です。

MATLAB と Simulink で構築されたオープンなモジュラモデル構造なので、ユーザ特有のコンポーネントモデルや外部の車両コントローラと簡単に組み合わせることが可能です。MATLAB/Simulink にある、シミュレーションと結果のポスト処理の全ての機能が利用できます。Simulink Coder でメジャーなハードウェアプラットフォームのリアルタイムコードが生成されます。

実際に近いドライビングテストのために、3 次元の路面形状、様々な標準の操作制御、洗練されたドライバーモデルが提供されています。ISO 片側 1 車線変更や µ-split のブレーキなどの標準的な操作や、異なる条件のテストコースなどが予めインストールされています。

アニメーションツールの DYNAanimation を利用してシミュレーション結果を可視化することが可能です。カーブのプロットやシミュレーション全体のレポートはシミュレーションと共に veDYNA Plot GUI で生成されます。

特別な要求のために、基本の車両モデルに様々な拡張が可能です。トラック、牽引車、トレーラーのモデルは一般車両の安定性の研究やトレーラー車両の安定性コントローラテストが出来ます。veDYNA Traffic Module は、車や障害物の情報に基づいてドライバー支援システムの開発をサポートします。Suspension Analysis Toolbox は、K&C テスト装置や MBS シミュレーション結果から車軸パラメータを自動生成します。

ネオリウム・テクノロジー

103-0023
東京都中央区 日本橋本町3-8-5
ヒューリック日本橋本町ビル3階
電話: +81 (0) 3 3661 2061
sales@neorium.co.jp
http://www.neorium.co.jp

必須製品

プラットフォーム

  • UNIX
  • Windows

サポート

  • コンサルティング
  • 電子メール
  • FAX
  • オンサイト サポート
  • 電話
  • トレーニング

製品タイプ

  • モデリング、シミュレーション ツール

タスク

  • 制御システム
  • デスクトップ、Web、エンタープライズ 配布
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション

産業分野

  • 自動車