サードパーティ製品/サービス

TekVISA

テクトロニクスのオシロスコープでデータ集録と解析を統合

ハイライト

  • テクトロニクスのWindowsベースオシロスコープでMATLABを操作
  • TDS5000、TDS7000、その他のモデルをサポート
  • 同じデバイスの波形集録とデータ解析が可能
  • 標準のPCIバスで高速通信
  • ActiveX、VB、VBA、C/C++サポート
  • Windowsや外部PCとの簡単なネットワーク接続

説明

TekVISA は、テクトロニクスのWindowsベースオシロスコープに行か標準のVISA APIを実装したものです。テクトロニクスのハイエンドオシロスコープにあるOpen Windowsデスクトップに標準のWindowsアプリケーションを機器に直接置くことができます。Open WindowsデスクトップとTekVISAを用いて、オシロスコープから直接MATLABと通信することが可能となります。TekVISAにより、オシロスコープをGPIBインタフェースで接続されたコンピュータの標準的なデバイスのように見ることができます。MATLABと、Instrument Control Toolboxを用いてTekVISA経由でコマンドを計測器に送信し、データ収集、設定、その他の機能を自動処理できます。

設計技術者、研究者、開発者、実験計測技術者などがMATLABとTekVISAを使用し、データの収集、処理、レポート作成をスタンドアロンのコンピュータにオシロスコープを接続するよりも高速に処理するので、オシロスコープをカスタマイズした解析ツールとして利用することが可能になります。

日本テクトロニクス

108-6106
東京都港区 港南2-15-2 品川インターシティB棟6F
電話: +81 (0) 3 6714 3010
ccc.jp@tektronix.com
http://www.tektronix.co.jp

必須製品

プラットフォーム

  • Windows

サポート

  • 電子メール
  • 電話

製品タイプ

  • データ解析ツール
  • 計測機器

タスク

  • データ取得またはインポート

産業分野

  • コンシューマー エレクトロニクス
  • 計測