サードパーティ製品/サービス

pure::variants Connector for Simulink

Simulink モデルのバリアントの管理(ソフトウエアプロダクトライン)

ハイライト

  • フィーチャ選択によるバリアントの自動生成
  • バライアビリティをモデル化する強力な言語
  • バリアント定義時に自動的に依存関係や排他関係などを解決

説明

pure::variants Connector for Simulink は Simulink にバリアント管理機能を統合します。pure::variants は、システム開発の全ての段階で、バライアビリティを管理することが可能です。そのオープンなインターフェイスから要件エンジニアリングと一貫して、システムデザイン・実装・テストにバリアント情報を活用できるようになります。Connector を用いることにより、Simulink と pure::variants のモデル変換が可能となり、Simulink モデルのバリアントを自動生成します。モデルのパラメータやエレメントは選択されるバリアントに適応され、pure::variants 上でモデルのエレメントはルールを用いてフィーチャに結合されます。モデルは、モデルバリアントごとのルールやフィーチャの選択により生成されます。このプロセスではブロックの追加・削除や、ブロックパラメータの変更、フィーチャの選択によって異なるブロックに信号接続させることが可能です。最終的なモデルとして、選択したフィーチャに沿った Simulink モデルへと変換されます。

pure::variants はバリアント管理ツールです。既存開発プロセスに対してシームレスにプロダクトラインを統合して管理することで、プロダクトライン開発を効率化して個々の製品バリアントを生産できるようにします。バリアントの管理はプロダクトライン開発の全ての段階で必要ですが、従来式のソフトウエア開発支援ツールでは単一システムにしかフォーカスされていません。pure::variants ではシステム開発のあらゆるフェーズでバライアビリティの定義とバリアントのモデリングといったモデルベースの基盤を提供することで、このようなギャップに対処します。これは既存のツールを増強して、バリアントやバライアビリティをより効果的に扱えるようにします。

pure-systems

Agnetenstrasse 14
Magdeburg, 39106
GERMANY
電話: +49 391 544 569 0
FAX: +49 391 544 569 90
contact@pure-systems.com
http://www.pure-systems.com

必須製品

プラットフォーム

  • Linux
  • Macintosh
  • Windows

サポート

  • コンサルティング
  • 電子メール
  • オンサイト サポート
  • 電話
  • トレーニング

製品タイプ

  • ライフサイクル マネージメント ソフトウェア

タスク

  • 組み込みシステム

産業分野

  • 自動車
  • 通信インフラ
  • 産業オートメーション、機械