サードパーティ製品/サービス

ORION

エンジンマネジメント最適化のための適合自動ツール

ハイライト

  • ECU calibration system、および test cell control systemに接続し制御することで自動適合プロセスの計測作業を自動化
  • Model-Based Calibration Toolbox™ の入力に DoE を採用
  • 一般的なエンジン最適化タスクへのビルトインを提供
  • MATLAB® や Simulink® でユーザ独自の関数定義が可能
  • モデル生成、最適化、適合を実行するためにModel-Based Calibration Toolbox で使用可能なデータを収集

説明

ORION はダイアグラムの上部に示されているように 

モデルベース適合プロセスに対応するよう開発されています

世界中のエンジン開発者は、政府によって義務付けられた排ガス規制と、耐久性、騒音や性能、低燃費といった顧客からの期待の両者を満たすエンジンを提供するというプレッシャーを受けています。これらの要求に応えるために、エンジンはより複雑になってきており、様々なバルブタイミング、EGR(内部、外部)、マルチプルインジェクション、ターボチャージャー制御(可変容量、ウエストゲート)が、最新のコントロールストラテジーや排気後処理システムとともに使用されています。

エンジンがわずかな制御パラメータしか持たなかった時は、熟練した適合担当者が、様々なマニュアル手法や汎用のソフトウェアを用いて最適に近い設定を定義することが可能でした。交差効果のパラメータのプロットは、 Microsoft® Excel® や他のメインストリームの解析やプロットツールで生成できました。これらのプロットと適合担当者の経験により、良い適合が生成され、洗練されてきました。

現在では、エンジンは多くの制御パラメータを持ち、最適な適合を作成するための効果的なテスト生成や結果の解析は難しくなってきています。伝統的な全要因マッピングを使用する一方で、3変数と可能性のある相互作用の3変動は11スピード/ロード条件で、297 (33*11 = 297)エクスペリメント、11条件の5変数5変動では30,000 (55*11 = 34,375) エクスペリメント以上かかります。エンジニアは今少なくともこの数の変数を扱う必要があります。さらに三次元空間(3変数以上)では大抵、解析ツールが必要になります。明らかに、新しいエンジンやエンジン制御開発はマッピング、最適化、適合のための新しい手法が必要です。

このようにさらに増大する問題を抱えるエンジニアを支援するために、A&Dはエンジン特性と適合の自動化のためのテストセル制御システム、ORIONを開発しました。

ORIONはシンプルなフォーマット (DoE は .csv 、パラメータは ASAP2) で入力を受けられ、とてもフレキシブルです。出力もシンプルでオープンなフォーマット( csvデータ )です。このアプローチにより、プロセスの中でユーザに特化したアプリケーションのニーズと合う部分に、ツールを使用することが出来ます。

A&D Technology Inc

4622 Runway Blvd
Ann Arbor, MI 48108
UNITED STATES
電話: 734-973-1111
FAX: 734-973-1103
info@aanddtech.com

必須製品

プラットフォーム

  • Windows

サポート

  • コンサルティング
  • 電子メール
  • FAX
  • オンサイト サポート
  • 電話
  • トレーニング

製品タイプ

  • モデリング、シミュレーション ツール

タスク

  • 制御システム
  • データ取得またはインポート
  • 組み込みシステム
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション

産業分野

  • 自動車
  • 計測
  • 電気、ガス、水道、エネルギー