サードパーティ製品/サービス

JMAG

電気機器設計のためのシミュレーションソフトウェア

ハイライト

  • モータドライブシステムのモデルベース開発
  • モータ設計者が作成したリアルなモータモデルの特性をそのまま MATLAB/Simulink に取り込み
  • モータごとの磁気飽和特性や形状の違いを反映したシミュレーション
  • ECU システムの最適化・検証・デバッグ
  • システム開発の手戻りの削減・効率化
  • Simulink Coder を使っての各HILSへの書き出し

説明

JMAG は電気機器設計のためのシミュレーションツール (FEA: Finite Element Analysis) です。モータやアクチュエータなどの電気電子部品やパワーエレクトロニクス部品の製品開発、設計支援ツールとして、企業、大学ユーザに利用されています。

JMAG-RT は、FEA(JMAG) 上で作成されたモータの特性をデジタル状のテーブルデータとして抽出し、高精度なモータモデルを提供します。 S-Function を介して MATLAB/Simulink に取り込む事により、モータごとの磁気飽和特性や形状の違いを反映したシミュレーションが可能となります。
組み合わせ試験時の不整合が生じにくく、試作レスな開発を実現します。また、組み合わせ試験では実験の難しいインバータ故障時のシミュレーションなど、システムの異常時のシミュレーションも可能となります。

接続例

JSOLが提供するモータモデル用ブロック(S-Function)を配置し、そのブロックに、JMAGで作成したモータモデルのデータ・拡張子rttファイルをリンク、MATLAB/Simulink にてシミュレーションを実行します。

JSOL

104-0053
東京都 中央区 晴海2-5-24
晴海センタービル
電話: +81 (0) 5859-6020
FAX: +81 (0) 5859-6035
cae-info@sci.jsol.co.jp
http://www.jmag-international.com/jp/index.html

必須製品

推奨 製品

プラットフォーム

  • Linux
  • Windows

サポート

  • コンサルティング
  • 電子メール
  • FAX
  • オンサイト サポート
  • システム インテグレーター
  • 電話
  • トレーニング

製品タイプ

  • モデリング、シミュレーション ツール

タスク

  • 制御システム
  • 有限要素および構造化モデリング
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション
  • 振動解析および制御

産業分野

  • 航空宇宙、防衛
  • 自動車
  • コンシューマー エレクトロニクス
  • 産業オートメーション、機械