サードパーティ製品/サービス

Dymola

ダイナミック モデリング ラボラトリ

ハイライト

  • オブジェクト指向モデリング
  • ライブラリモデルの再利用
  • グラフィカルなモデル構成
  • モデルから方程式を生成
  • 3次元アニメーションのハイブリッドシステム
  • Simulink Coder および dSPACE に対応

説明

Dymola™ は、大規模システムモデリングのためのオブジェクト指向言語およびプログラムです。モデルクラスと階層を含んだライブラリを用いることにより、モデリング知識の再利用ができます。ユーザは代入文に割り当てステートメントに方程式を変換する必要がありません。Dymola によってモデルでシンボリックに行われますす。行列方程式は、3次元機構システム、制御システムなどのモデリングに便利です。モデルフリクション、インパクト、微分方程式のために不連続方程式および瞬時方程式がサポートされています。Dymola は必要なタイムやステートのイベントを自動生成します。

Dymola ユーザはマルチボディ領域で、電子回路やドライブとレイン、制御システムのサポートが必要な、数千の方程式を持つ複雑なモデルを持っています。物理モデリングの統一手法として多くの大学で利用されています。Dymola で物理モデルを Simulink で利用可能なブロックとして、S-function、MATLAB プログラム、MEX-file に変換することが可能です。代数ループは自動的に計算されます。リアルタイムシミュレーションに合った近似ステートイベントハンドリングがサポートされています。

ダッソー・システムズ

108-0022
東京都 港区 海岸3-18-1
ピアシティ芝浦ビル
電話: +81 (0)3-5442-4137
Japan.Marketing@3ds.com
http://www.3ds.com/ja/products-services/catia/products/dymola/

必須製品

プラットフォーム

  • UNIX
  • Windows

サポート

  • 電子メール
  • 電話

製品タイプ

  • モデリング、シミュレーション ツール

タスク

  • 制御システム
  • メカニクスおよび圧縮システム
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション

産業分野

  • 自動車
  • 産業オートメーション、機械