サードパーティ製品/サービス

SIMulation Workbench

hardware- および man-in-the-loop (HIL/MIL) リアルタイムシミュレーションのための Linux ベースツール

ハイライト

  • MATLAB、Simulink モデルおよびハンドコードモデルをサポート
  • メモリ常駐型のリアルタイムデータベースで高速データアクセス
  • スクリプト言語と GUI でシミュレーション制御
  • リアルタイム保証された RedHawk Linux OS
  • S-function でサポートされたデバッグツール NightStar オプション
  • 豊富な COTS ベースの I/O サポートとリアルタイムレコード/プレイバック

説明

SIMulation Workbench は、開発とマルチレートの hardware-in-th-loop および man-in-the-loop リアルタイムシミュレーションを同時に実行する完全な COTS ベースフレームワークです。SIMulation Workbench はラピッドリアルタイムモデリングにMATLAB や Simulinkといった現状のツールを使えるようにすると同時に、ハンドコード (Fortran, C, C++, Ada) をサポートするので、ユーザのシミュレーションへの投資を保ちます。SIMulation Workbench のメモリ常駐型のリアルタイムデータベース (RTDB) により、全てのパラメータや信号への高速アクセスが保証されています。SIMulation Workbench は強力な GUI でユーザがシミュレーションの実行を構成、開始、停止、レコード、プレイパックすることが可能です。SIMulation Workbench はコンカレント社のりアルタイム RedHawk Linux である iHawk COTS システム上で動作する完全統合ソリューションです。

SIMulation Workbench はSimulink モデルの入力パラメータと出力信号をリアルタイムデータベース (RTDB) にマッピングするために S-function のセットを提供します。 これらの入出力は Simulink Coder で自動生成されるコードから抽出され、 RTDB にマッピングされるので、ランタイムで変更可能です。

お客様の主なアプリケーションは下記です:

  •  電気機械システム、フライト制御機器
  •  軍/民間向けの航空機メーカー、ミサイル、科学、R&Dサービス
  •  自動テストと設計 (FlexRay 通信を含む)、コンポーネントの破壊、システム製造、シャーシシステム、電気ハイブリッド自動車、エンジン、パワートレインシステム

コンカレント日本株式会社

111-0052
東京都台東区 柳橋2-19-6 柳橋ファーストビル4F
電話: +81 (0) 3 3864 5713
http://www.ccur.co.jp

必須製品

プラットフォーム

  • Linux

サポート

  • 電子メール
  • FAX
  • 電話

製品タイプ

  • 組み込みハードウェア - MCU, DSP, FPGA
  • 組み込みソフトウェア - Tools, IDE, RTOS

タスク

  • 制御システム
  • データ取得またはインポート
  • 組み込みシステム
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション

産業分野

  • 航空宇宙、防衛
  • 自動車
  • コンシューマー エレクトロニクス
  • 計測