サードパーティ製品/サービス

CarSim、TruckSim、BikeSim、SIL、HIL、and CarSim for Driving Simulations

自動車、トラック、二輪車の車両運動シミュレーション

ハイライト

  • バーチャルテストのための忠実度の高い車両運動モデル
  • 車両とテストの豊富なポートフォリオ
  • SimulinkモデルやVS Commands toolbox との連携が容易
  • HILやドライビングシミュレータアプリケーションのための高速実行
  • 10以上のHILシステムとの互換性
  • 結果をプロットとアニメーションで確認可能

説明

CarSim、BikeSim、TruckSim は、乗用車、二輪自動車、スクーター、レースカー、トラックのダイナミックテストを Windows パソコン上でシミュレーションしアニメーションで見ることが出来ます。数学モデルは 30 年に渡る大学での車両運動の研究に基づき、ブレーキング、ハンドリング、乗心地、安定性、加速性などをシミュレーションします。コアモデルは Simulink などのような他のソフトで拡張できます。VS Command の内部 toolbox は強力なランタイムプログラミング機能を追加し、ユーザが独自のコードをソルバに書き、新しい変数、入力/出力変数、基本数学機能や新しい微分方程式を定義することが出来ます。リアルタイムバージョンは HIL テストに利用できます。ドライビングシミュレータの高精度車両運動モデルとして利用可能です。

OEM のエンジニアは初期コンセプトの証明、コンポーネントの選択、物理テストプログラムの高速化、提案車両と実在の車両の解析のためにこのソフトを使用します。サプライヤはまだ使用できない車両コンポーネントをテストします。データセットやアニメーションは Email で簡単に共有することが出来るので、OEM とサプライヤが開発プログラムをつなぐことが出来ます。製品の操作が簡単なので、多くのエンジニアが車両運動の決定を下す際に、より早くより良い決定を下すために Mechanical Simulation 製品を用いています。

バーチャルメカニクス

460-0002
愛知県 名古屋市中区 丸の内1-10-19
第41KTビル8階802
電話: +81-(0)52-265-6035
FAX: +81-(0)52-265-6091
sales@virtualmechanics.co.jp
http://carsim.jp

必須製品

プラットフォーム

  • Linux
  • Windows

サポート

  • コンサルティング
  • 電子メール
  • FAX
  • オンサイト サポート
  • システム インテグレーター
  • 電話
  • トレーニング

製品タイプ

  • モデリング、シミュレーション ツール

タスク

  • 制御システム
  • データ解析、統計
  • リアルタイム システム
  • システム モデリング、シミュレーション
  • Virtual Prototyping

産業分野

  • 自動車
  • 計測