R2016b で提供される Version 6.3 では、以下の機能が強化されています。

  • Apache Spark に対して tall 配列を使用する MATLAB アプリケーションを展開: Spark 対応クラスターに対して tall 配列を使用する MATLAB アプリケーションをスタンドアロン実行可能ファイルとして実行
  • MATLAB アプリケーションを Apache Spark に展開: MATLAB API for Spark を使用して、Spark 対応クラスターに対して MATLAB アプリケーションをスタンドアロン実行可能ファイルとして実行
  • ニューラル ネットワークの学習モデル: モデルを学習する Neural Network Toolbox 機能を展開

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2016a で提供される Version 6.2 では、以下の機能が強化されています。

  • MATLAB Runtime のサイズ: グラフィックスまたは MATLAB ユーザー インターフェイスを含まない数値アプリケーションを配布する際の MATLAB Runtime のフットプリントを削減

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

2015aSP1 で提供される Simulink 6.0.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015b で提供される Version 6.1 では、以下の機能が強化されています。

  • 32 ビット Excel アドインの互換性: 32 ビット Microsoft Office で実行できる Excel アドインを 64 ビット MATLAB で作成
  • ImageDatastore 向けの Hadoop サポート: サイズが大きすぎてメモリ内に収まらない画像のコレクションからインポートされたデータを使用して Hadoop パッケージを配布​

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2015a で提供される Version 6.0 では、以下の機能が強化されています。

  • MATLAB Compiler および MATLAB Compiler SDK として再パッケージ化された MATLAB Compiler と Builder 系製品
  • 数値、グラフィックス、GPU サポートの要件に基づくアプリケーション固有の MATLAB ランタイムの生成
  • MATLAB Compiler による Hadoop 統合のための MATLAB オブジェクトのサポート

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2014b で提供される Version 5.2 では、以下の機能が強化されています。

  • MATLAB MapReduce を使用した Hadoop のための配布可能なアプリケーションとライブラリ

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。