Version 3.0, part of Release 2017b, includes the following enhancements:

  • PCB Stack Antenna: Design Custom PCB antennas with arbitrary metal-dielectric layers, solid feed/via models, and advanced meshing control
  • Gerber File Generation from pcbstack: Prototype and implement antennas using customizable library of RF connectors and PCB manufacturing services
  • Conversion of 2-D/2.5-D Antenna Elements to pcbStack: Get started with the design of custom printed antennas using available library elements
  • Inset-Fed Patch, Circular Patch, Cloverleaf, Circular Reflector, and Circular Cavity: Design, visualize, and analyze three additional antennas and two additional backing structures using parametrize geometry
  • Birdcage Antenna: Design, visualize, and analyze an additional antenna, including the effects of human heads modeled with phantoms
  • Visualization Within Dielectric Volume: Inspect charge and current separately in the metal and dielectric layers
  • RF Propagation: Visualize transmitter/receiver sites, links, and coverage on map using outdoor and weather-based path loss models

See the Release Notes for details.

Version 2.2, part of Release 2017a, includes the following enhancements:

  • Plane Wave Excitation: Compute the scattering solution of antennas and arrays when excited by plane waves​​​​​
  • Antenna Designer App: Interactively select and analyze antennas with desired characteristics​​​​
  • Lumped RLC Load for Antenna Elements: Modify the resonant frequency using load elements at an arbitrary location on an antenna surface​
  • Array Factor Analysis: Compute the array pattern using pattern superposition of individual antenna​s
  • PCB Stack Antenna: Describe custom printed antennas on multilayered substrates​​​​

See the Release Notes for details.

2016b で提供される2.1 には、バグフィクスが含まれています。

  • 多層誘電体基板:アンテナ、アンテナ アレイにおける多層、厚型の誘導体基板の効果に対応
  • アンテナ設計機能:アンテナが特定の周波数で共振するように幾何学的特性を設計
  • カスタム 平面アンテナの幾何学的特性:幾何学的境界を定義してカスタム アンテナを表現
  • アンテナ素子の集中定数 RLC 素子:アンテナ給電点で負荷素子を使用して共振周波数を変更
  • サーキュラー アンテナ アレイ:アンテナ アレイの素子を円形状に配置
  • スタム パッチ アンテナ:任意の形状のプローブ給電パッチ アンテナを作成
  • ヘリカルダイポール、平面逆 F、平面逆 L アンテナ:パラメーター化された幾何学的特性を使って 3 種類の新規アンテナを設計、視覚化、解析

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

詳細につきましては、 リリース ノート (英語をご覧ください

Release 2016a に組み込まれている Version 2.0 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 誘電体モデリング: アンテナと無限アンテナ アレイにおける基板の影響を考慮
  • アンテナ アレイを平面メッシュとしてインポート: カスタム平面ジオメトリでアンテナ アレイを設計
  • コンフォーマル アンテナ アレイ: アレイのアンテナ素子を任意の位置に配置
  • 極座標プロット: 放射パターンをインタラクティブに可視化し、polarpattern を使用して測定を実行
  • カスタム パターンとフィールド: patternCustom と fieldsCustom を使用して任意の 3 次元放射パターン データまたは電界/磁界データを可視化
  • 放射パターンのインポート/エクスポートmsiread と msiwrite で MSI ファイル形式を使用し、放射パターン データをインポートおよびエクスポート
  • 矩形ホーン アンテナと導波管アンテナ: 矩形ホーン アンテナと導波管アンテナをパラメーター化されたジオメトリで設計、可視化、解析
  • アンテナとアンテナ アレイの多軸傾き特性: 任意の軸におけるアンテナまたはアレイの回転

詳細については、リリース ノートをご覧ください。

Release 2015b に組み込まれている Version 1.1 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • Infinite Array オブジェクト: 無限アレイのユニット セルとしてライブラリ アンテナを解析
  • Custom Planar Mesh オブジェクト: 任意の 2 次元メッシュをインポートしてカスタム アンテナを示す
  • 無限の基平面指定: グランドに接続されたアンテナの無限グランドをモデル化
  • E-H フィールドの可視化: アンテナから任意の距離で電界/磁界を検査
  • Biquad Antenna オブジェクト: バイクアッド アンテナをパラメーター化されたジオメトリで設計、可視化、解析

詳細については、リリース ノートをご覧ください。