SURF特徴量によるレジストレーションの精度

2 ビュー (過去 30 日間)
daisuke shuugisono
daisuke shuugisono 2018 年 2 月 28 日
編集済み: michio 2018 年 3 月 1 日
SURFの特徴点を使い画像のレジストレーションを行いました。 しかし、画全体でみると精度にムラがあり、ほとんど完全に一致しているところと、2ピクセル以上ずれている場所がありました。(200dpiの画です) 絵の間違いさがしのような場面で使いたいのですが、ズレばかり見つかってしまいます。 引数の指定はしてみたのですが、精度は一定以上上がらず、ムラは改善できませんでした。 精度を上げるもしくは画全体のマッチング精度を均一にするほうほうはありますか? 使っている関数は以下のページのものと同じです。 https://jp.mathworks.com/help/vision/examples/find-image-rotation-and-scale-using-automated-feature-matching.html?s_tid=srchtitle

採用された回答

Tohru Kikawada
Tohru Kikawada 2018 年 3 月 1 日
局所特徴量ベースでは大域的な位置合わせは得意ですが、高精度な位置合わせが難しい場合があります。
局所特徴量ベースの手法と 輝度ベースの手法 を組み合わせると精度の向上が期待できるかもしれません。
こちらの イメージ レジストレーションの方法 も参照してみてください。

その他の回答 (0 件)

製品

Community Treasure Hunt

Find the treasures in MATLAB Central and discover how the community can help you!

Start Hunting!