Stateflow 入門


Simulink®または Simulink Online からアクセス

 

楽しく学べるビデオチュートリアル

 

テストとフィードバックが自動化された実践的な学習環境

 

日本語および英語で受講可能


コース の目次を調べる


1.

コース概要

コースの概要を理解する。


2.

ステートマシン および Stateflow

ステートマシン(状態遷移図)と Stateflow チャートについて理解する。


3.

Stateflow チャートの作成

Stateflow チャートの作成方法を学習する。


4.

Stateflow のシンボルとデータ

Stateflow チャート内で使用するデータとデータスコープについて理解する。


5.

チャートアクション

Stateflow チャートの実行をアクションで制御する。


6.

チャートの実行

Stateflow のチャート実行と Simulink® の関係について学習する。


7.

プロジェクト: ロボット掃除機

家庭用ロボット掃除機のシステム監視制御をモデル化する。


8.

フローチャート

フローチャートを使用して共通のロジックパターンをモデル化する。


9.

Stateflow の関数

関数化によってチャートの読みやすさを改善し、一部のコードを再利用する。


10.

チャート階層

階層構造を作成してチャートを整理する。


11.

プロジェクト: ロボット掃除機の走行モード

家庭用ロボット掃除機の走行モードをモデル化する。


受講を開始するには

必要な製品: Simulink, Stateflow

学生および教員のお客: オンラインで起動

民間企業、官公庁のお客様: デスクトップで起動

R2019b 以降:

  1. MATLAB®を起動して、Simulink を開く。
  2. Simulink スタートページから、「Stateflow 入門」を選択する。

R2019a 以前:

  1. すでにライセンスをお持ちの場合は、MATLAB の最新バージョンをダウンロードしてください。お持ちでない場合は、無料評価版を試すにお進みください。
  2. MATLAB® を起動し、Simulink を開きます。
  3. Simulink スタートページから、「Stateflow 入門」を選択します。

関連コース

Stateflow 基礎

Stateflow によるステートマシンの開発についての包括的な導入

Simulink 入門

最短で Simulink の基礎を学びましょう