MATLAB によるデータ処理と可視化

データの処理、解析、および可視化の自動化をご自身のペースで学習できます。

必要条件: MATLAB 基礎

このコースは包括契約のライセンスに含まれておりますが、個別に購入される場合は、こちらをクリックしてください。

自己学習形式のメリット

段階的に着実に進められる

フィードバックが自動化された実践的な演習

Web ブラウザーから MATLAB にアクセス可能

進捗レポートとコース修了証を共有可能

このコースについて

 英語でのみ受講可能


1.

はじめに

コースの概要を理解する。

30 分


2.

データの前処理

欠損値および、categorical データを扱う。

45 分


3.

グラフィックス書式設定関数

データの可視化で使用するグラフィックスをカスタマイズする。

30 分


4.

プロジェクト Ⅰ

データのインポート、処理、可視化のすべてを行う。

15 分


5.

複数ファイルからのデータのインポート

複数ファイルで保存された大規模なデータを読み取る。

90 分


6.

データ内のグループの解析

データ内のグループを特定し、解析する。

45 分


7.

グラフィックス オブジェクトのカスタマイズ

MATLAB グラフィックス オブジェクトを使用して高度な可視化を実現する。

45 分


8.

プロジェクト Ⅱ

データのインポート、処理、可視化のすべてを行う。

15 分


9.

イメージと 3次元 表面プロット

不規則な間隔のデータをプロットする。

75 分


10.

構造化されていないデータのインポート

データをブロック単位で MATLAB にインポートする。

45 分

関連コース

MATLAB 基礎

MATLAB の主な機能である、データ解析、モデリング、プログラミングについて学習します。

MATLAB による機械学習

データの探索方法や、予測モデルの構築方法について学習します。

MATLAB によるディープラーニング

実際の画像およびシーケンス データを使用して、ディープ ニューラル ネットワークの理論と実践について学びます

クラスルーム形式のオプションをお探しですか。

MATLAB によるデータ処理と可視化は、講師によるライブ形式のトレーニング形式でもご受講いただけます。