Main Content

このページは機械翻訳を使用して翻訳されました。ここをクリックして、元の英語を参照してください。

SSLを有効にする

メモ

  • MATLAB® Web App Server™ は、 .pem SSL 証明書形式のみをサポートします。

  • SSL キーは長さが 2048 ビットであり、プライベートである必要があります。

  • 中間証明書はサーバーではサポートされていません。

  • 秘密キーはパスワードで保護しないでください。

サーバー上で Secure Sockets Layer (SSL) を有効にするには:

  1. サーバーの証明書ファイルと秘密鍵ファイルを認証局から取得し、これらのファイルをMATLAB Web App Serverからアクセスできる場所に置きます。

  2. ターミナルで、 MATLAB Web App Serverコマンドライン スクリプトを含むフォルダーに移動します。

    オペレーティング システムコマンド ライン スクリプトの既定の場所

    Windows® (管理者)

    C:\Program Files\MATLAB\MATLAB Web App Server\R2023b\script

    Linux® (sudo)

    /usr/local/MATLAB/MATLAB_Web_App_Server/R2023b/script

    macOS (Intel®プロセッサ) (sudo)

    /Applications/MATLAB/MATLAB_Web_App_Server/R2023b/script

  3. ターミナルで、次を入力します。

    webapps-config set ssl_certificate_file <path to certificate file>

  4. ターミナルで、次を入力します。

    webapps-config set ssl_private_key_file <path to private key file>
  5. ターミナルで、次を入力します。

    webapps-config set ssl_enabled true

  6. サーバーを再起動します。

メモ

秘密キー ファイルは、サーバー アカウントのみが読み取り可能な場所に存在する必要があります。

証明書ファイルと秘密キー ファイルを保存するのに便利な場所は、 webapps_privateフォルダーです。webapps_privateフォルダーの場所については、 認証を参照してください。

関連するトピック

外部の Web サイト