Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

wprcoef

ウェーブレット パケット係数の再構成

説明

X = wprcoef(T) は、ウェーブレット パケット ツリー T のノード 0 の係数を再構成します。

wprcoef は、1 次元または 2 次元のウェーブレット パケット解析関数です。

X = wprcoef(T,N) は、ウェーブレット パケット ツリー T のノード N の係数を再構成します。

すべて折りたたむ

元の信号を読み込んでプロットします。関数は、信号またはイメージ解析における境界歪みの問題に対処するための拡張モードとしてゼロ パディングを使用します。詳細については、dwtmodeを参照してください。

load noisdopp; 
s = noisdopp; 
plot(s); 
title('Original signal');

Figure contains an axes object. The axes object with title Original signal contains an object of type line.

Shannon エントロピーを使用し、db1 ウェーブレット パケットによって元の信号を深さ 3 で分解します。

T = wpdec(s,3,'db1','shannon');

ウェーブレット パケット ツリーをプロットします。

plot(T)

Figure contains 2 axes objects and other objects of type uimenu. Axes object 1 with title Tree Decomposition contains 29 objects of type line, text. Axes object 2 with title data for node: 0 or (0,0). contains an object of type line.

ノード (2,1) でパケットを再構成します。

X = wprcoef(T,[2 1]);

再構成後のパケットをプロットします。

plot(X); 
title('Reconstructed packet (2,1)');

Figure contains an axes object. The axes object with title Reconstructed packet (2,1) contains an object of type line.

入力引数

すべて折りたたむ

ウェーブレット パケット ツリー。wptree オブジェクトとして指定します。

ウェーブレット パケット ツリー T のノード。非負の整数または非負の整数ペアとして指定します。

出力引数

すべて折りたたむ

ウェーブレット パケットの再構成係数。行ベクトルとして返されます。

バージョン履歴

R2006a より前に導入