最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

MATLAB でのコード生成

Computer Vision Toolbox™ のいくつかの関数では C/C++ コードを生成することができます。コンピューター ビジョンの関数でコード生成を使用するには、次の手順に従います。

  • Computer Vision Toolbox の関数を使用して、Computer Vision Toolbox の関数またはアプリケーションを通常どおりに作成します。

  • コンパイラ命令 %#codegen を MATLAB® コードに追加します。

  • MATLAB Coder™ アプリを開き、プロジェクトを作成して、作成したファイルをプロジェクトに追加します。MATLAB Coder では、作成したコードでコード生成の準備が整っているかどうかをチェックできます。たとえば、コード生成に対応していない関数がコードに含まれている場合があります。コード生成に必要な変更を行います。

  • [コード生成] ダイアログ ボックスの [生成] をクリックして、コードを生成します。MEX ファイル、C/C++ 共有ライブラリ、C/C++ ダイナミック ライブラリ、C/C++ 実行可能ファイルのいずれかをビルドするよう選択できます。

    MATLAB Coder で特定された準備状態の問題がすべて解決済みであっても、ビルドに問題が発生する場合があります。準備状態のチェックでは、関数の依存関係のみを確認します。コードを生成しようとしたときに、コード生成でサポートされていない符号化パターンが MATLAB Coder によって検出される場合があります。エラー レポートを確認して、正常にビルドできるように MATLAB コードを変更します。

コード生成の詳細は、MATLAB Coder ドキュメンテーションおよび特徴のマッチングとレジストレーションを使ったコード生成の紹介の例を参照してください。

メモ

Computer Vision Toolbox の機能を含む MATLAB コードからコードを生成するには、MATLAB Coder ソフトウェアが必要です。

生成されたコードを使用して作業する際には、以下の点に注意してください。