最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージのレジストレーション

イメージやビデオ フレームの自動レジストレーション

Computer Vision System Toolbox™ アルゴリズムでは、イメージの自動レジストレーションを行うことができます。これらのアルゴリズムは、イメージまたはビデオ フレーム間の幾何学的関係を推定するために特徴を使用します。一般的な用途としては、ビデオのモザイク化、映像安定化、イメージ フュージョン、3 次元ビジョンなどがあります。

関数

すべて展開する

detectBRISKFeaturesBRISK 特徴を検出して BRISKPoints オブジェクトを返す
detectFASTFeaturesFAST アルゴリズムを使用してコーナーを検出し cornerPoints オブジェクトを返す
detectHarrisFeaturesHarris-Stephens アルゴリズムを使用してコーナーを検出し cornerPoints オブジェクトを返す
detectMinEigenFeatures最小固有値アルゴリズムを使用してコーナーを検出し、cornerPoints オブジェクトを返します。
detectMSERFeaturesMSER 特徴を検出して MSERRegions オブジェクトを返す
detectSURFFeaturesSURF 特徴を検出して SURFPoints オブジェクトを返す
detectKAZEFeaturesDetect KAZE features
extractFeatures関心点記述子の抽出
extractHOGFeaturesExtract histogram of oriented gradients (HOG) features
matchFeaturesマッチする特徴の検出
showMatchedFeatures対応する特徴点を表示
imwarpイメージへの幾何学的変換の適用
estimateGeometricTransformマッチする点のペアから幾何学変換を推定
vision.BlockMatcherイメージ間またはビデオ フレーム間の動きの推定
vision.LocalMaximaFinder行列の局所的最大値の検出
vision.TemplateMatcherイメージ内でのテンプレートの検出
binaryFeaturesObject for storing binary feature vectors
BRISKPointsObject for storing BRISK interest points
KAZEPointsObject for storing KAZE interest points
cornerPointsコーナー ポイントを格納するオブジェクト
SURFPointsSURF 関心点を格納するオブジェクト
MSERRegionsMSER 領域を格納するオブジェクト
affine2d2 次元アフィン幾何学的変換
affine3d 3 次元アフィン幾何学的変換
projective2d 2 次元射影幾何学的変換

トピック

局所特徴の検出と抽出

局所特徴の検出と抽出の利点と用途の学習

特徴点のタイプ

いくつかの種類の特徴の点オブジェクトを返したり受け入れたりする関数の選択

座標系

ピクセル インデックス、空間座標および 3 次元座標系の指定

グレースケール イメージ内の SURF 関心点の検出

Speeded-Up Robust Features (SURF) の関心点を検出して表示します。

イメージのペア間での対応する関心点の検出

局所近傍と Harris 法アルゴリズムを使用して対応する関心点を見つけます。

注目の例