最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

イメージのラベル付け

オブジェクト検出、セマンティック セグメンテーション、およびイメージの分類用対話型イメージのラベル付け

イメージ ラベラー アプリを使って、イメージの集合のグラウンド トゥルース データに対話形式でラベルを付けます。オブジェクト検出用の四角形の関心領域 (ROI)、セマンティック セグメンテーション用のピクセル、およびイメージ分類用のシーンにラベルを付けることができます。アプリには、検出および追跡アルゴリズムと一緒に使用する、グラウンド トゥルース データへのラベル付けを自動化するコンピューター ビジョン アルゴリズムも含まれています。また、グラウンド トゥルース データへのラベル付けを自動化するための独自アルゴリズムのインポートを可能にする API とワークフローも用意されています。

イメージの集合のラベル付けを始めるには、イメージ ラベラー入門を参照してください。

アプリ

イメージ ラベラーコンピューター ビジョン アプリケーションに使用するイメージのラベル付け

関数

すべて展開する

pixelLabelDatastoreピクセル ラベル データのデータストア
pixelLabelTrainingDataCreate training data for semantic segmentation from ground truth
groundTruthDataSourceグラウンド トゥルース データ ソースを格納するオブジェクト
groundTruthグラウンド トゥルース ラベルを保存するオブジェクト
labelDefinitionCreatorObject for storing, modifying and creating label definitions table
labelTypeEnumeration of supported label types
vision.labeler.AutomationAlgorithmInterface for algorithm automation in ground truth labeling
selectLabelsSelect ground truth data for a set of labels
changeFilePathsChange file paths in data source and pixel label data of ground truth object
objectDetectorTrainingDataオブジェクト検出器用の学習データの作成

トピック

開始

ラベル付けアプリの選択

グラウンド トゥルース データへのラベル付けに、イメージ ラベラー、ビデオ ラベラー、およびグラウンド トゥルース ラベラーのうちどのアプリを使用するかを決定する。

イメージ ラベラー入門

オブジェクト検出用の四角形の ROI、セマンティック セグメンテーション用のピクセル、およびイメージ分類用のシーンに対話形式でラベルを付けることができます。

イメージ ラベラーのキーボード ショートカットとマウスのアクション

キーボード ショートカットとマウスのアクションを使用して、イメージ ラベラー アプリを使用する場合の生産性を向上させます。

グラウンド トゥルースのラベル付け

セマンティック セグメンテーションのピクセルのラベル付け

イメージ ラベラー、ビデオ ラベラー、またはグラウンド トゥルース ラベラーを使用して、セマンティック セグメンテーションのピクセルにラベルを付ける。

ラベル付け用オートメーション アルゴリズムの作成

イメージ ラベラー、ビデオ ラベラー、またはグラウンド トゥルース ラベラーにインポートするカスタムの追跡アルゴリズムを作成する。

グラウンド トゥルース ラベルの概要の表示

イメージ ラベラー、ビデオ ラベラー、またはグラウンド トゥルース ラベラー セッションでラベルの概要やシーン定義ラベルを表示する。

ラベル付きのグラウンド トゥルースの使用

ラベル付きのグラウンド トゥルース データの共有と保存

イメージ ラベラー、ビデオ ラベラー、またはグラウンド トゥルース ラベラーからエクスポートしたラベル付きのグラウンド トゥルース データを共有および保存する。

ラベラー アプリにおけるエクスポートしたピクセル ラベルの保存方法

ラベラー アプリにおけるピクセル ラベル データの保存方法の理解

グラウンド トゥルース データからオブジェクト検出器やセマンティック セグメンテーション ネットワークを学習させる

イメージ ラベラー、ビデオ ラベラー、またはグラウンド トゥルース ラベラーを使用して、オブジェクト検出器やセマンティック セグメンテーションの学習データを作成する。