最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Computer Vision System Toolbox の設定

Computer Vision Toolbox™ の設定を開くには、[ホーム] タブの [環境] セクションで [設定] をクリックします。[Computer Vision System Toolbox] を選択します。

Parallel Computing Toolbox のサポート

一部の Computer Vision Toolbox 関数では複数の MATLAB® ワーカーを使用した並列計算がサポートされています。サポートされている場合に並列計算を有効にするには、[並列の使用] チェック ボックスをオンにします。

並列計算の機能には Parallel Computing Toolbox™ のライセンスと、開いている MATLAB プールが必要です。

以下に一覧表示されている関数とメソッドは、個々の関数が parfor を使用できるかどうかを制御する論理値入力パラメーター 'UseParallel' をオプションで受け入れます。関数やメソッドの並列処理を有効にするには、この論理値を 'true' を設定します。

ワーカーのプールに特別なジョブを作成して MATLAB クライアントを並列プールに接続する方法の詳細は、parpool を参照してください。