ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

3 次元点群の処理

3 次元点群の幾何学的形状のダウンサンプリング、ノイズ除去、変換、可視化、レジストレーションおよび近似

一般的に、点群は実在の表面を測定するために使用されます。点群はロボット操縦および認識、深度推定、ステレオ ビジョン、視覚レジストレーションおよび先進運転者支援システム (ADAS) といった分野に応用されています。Computer Vision System Toolbox™ のアルゴリズムは、点群のダウンサンプリング、ノイズ除去および変換を行うための点群処理機能を提供します。また、このツールボックスには点群のレジストレーション、幾何学的形状の 3 次元点群への近似、点群の読み取り、書き込み、保存、表示、比較を行う機能が備わっています。さらに、反復最近接点 (ICP) アルゴリズムにより複数の点群を組み合わせて 3 次元シーンを再構成することも可能です。

注目の例