Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

デスクトップ MQTT クライアントを使用したチャネル更新のサブスクライブ

この例では、デスクトップ MQTT クライアントを使用してチャネルをサブスクライブする方法を説明します。このクライアントには、JavaFX ベースの MQTT クライアントである MQTT.fx などがあります。

  1. チャネル情報を取得します。公開チャネルの場合、チャネル ID のみが必要です。プライベート チャネルでは Read API キーも必要です。チャネル ID は、チャネルのメインのランディング ページの左上にあります。

  2. MQTT.fx をダウンロードし、インストールします。この例は、MQTT.fx Version 1.3.1 でテストされています。

  3. デスクトップ MQTT クライアントの接続プロファイルを構成します。プロファイル名の右側のギア アイコンを押し、次に左下のプラス ボタンを押します。

  4. [Connection Profile] ダイアログ ボックスで、[Broker Address]mqtt.thingspeak.com を、[Port]1883 を入力します。[Generate] ボタンを押して、一意の [Client ID] を生成します。

  5. [User Credentials] タブを選択し、任意のユーザー名と、ThingSpeak™ の [Account][My Profile] ページにある自分の MQTT API キーを入力します。

  6. チャネルをサブスクライブします。MQTT の基礎で説明されているトピックの形式を使用して、対象のチャネルを入力します。この例では、MathWorks® の気象計をサブスクライブして、JSON 形式でポストを受け取ります。プライベート チャネルの場合は、/<Read API Key> をトピック名の最後に加えます。[QoS 0] を必ず選択するようにします。

これで、気象計のデータが更新されるたびにクライアントでメッセージを受信するように設定されました。

参考

| | |

関連する例

詳細

外部の Web サイト