Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

urlFilter

Web ページからの数値の取得

説明

num = urlfilter(URL,target,numNumbers,direction) はターゲット文字列の後に現れる最初の数値を返します。ここで、target は指定された数値の直前にある文字列です。

文字列の後の数値を取得

指定した Web ページ上の文字列である 'Latitude / Longitude' の後に現れる最初の数値を取得します。

url = 'https://www.marinetraffic.com/en/ais/details/ships/219018692';
num = urlfilter(url,'Latitude / Longitude')
num =

   36.5884

入力引数

すべて折りたたむ

数値の取得元 URL。文字列として指定します。

例: thingSpeakRead(12397,'URL','https://api.thingspeak.com');

指定した URL における、データを取得するためのターゲット。文字列として指定します。

指定した URL における、読み取るターゲットの数。数値として指定します。引数は target 文字列の後に現れる数値のリストを返します。このアルゴリズムは、指定された numNumbers が取得されるか、呼び出しがファイルの終わりに達するまで数値を取得し続けます。

URL 読み取り方向。文字列値として指定します。有効な値は 'forward' または 'backward' です。読み取りコマンドは target 文字列から開始して指定された方向に読み取ります。

出力引数

すべて折りたたむ

ターゲット数。数値として返されます。オプション引数が指定されていない場合、このコマンドは最初の数値を返します。