Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

thingSpeakScatter

説明

thingSpeakScatter(X,Y) は、ベクトル X および Y で指定された位置に円が記された散布図を表示します。ここで、データ値のマーカーのサイズと色は既定のものになります。

thingSpeakScatter(X,Y,S) は散布図を表示します。ここで、S が各マーカーの領域を決定します。

thingSpeakScatter(X,Y,S,C) は散布図を表示します。ここで、C がマーカーの色を決定します。

thingSpeakScatter(___,'filled') は、上記構文の任意の入力引数を使用して、マーカーが塗りつぶされた散布図を表示します。

thingSpeakScatter(___Name,Value) は、Name,Value のペアの引数によって指定されたオプションを使用して、散布図を表示します。

すべて折りたたむ

同じサイズの点をもつ散布図を作成します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
thingSpeakScatter(x,y)

点のサイズが明確に変化する散布図を作成します。[1,100] の領域に 200 個の等間隔の点を作成します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
s = linspace(1,100,200);
thingSpeakScatter(x,y,s)

現在のカラーマップと関連付けられた色で、点の色が変化する散布図を作成します。既定の領域マーカーを使用します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
s = linspace(1,100,200);
c = linspace(1,10,length(x));
thingSpeakScatter(x,y,s,c)

点の大きさがすべて 25 で、現在のカラーマップと関連付けられた色で塗りつぶされ、その色が変化していく散布図を作成します。

x = linspace(0,3*pi,200);
y = cos(x) + rand(1,200);
s = 25;
c = linspace(1,10,length(x));
thingSpeakScatter(x,y,s,c,'filled')

大きさがすべて 140 の菱形のマーカー点をもつ散布図を作成します。

theta = linspace(0,2*pi,150);
x = sin(theta) + 0.75*rand(1,150);
y = cos(theta) + 0.75*rand(1,150);
s = 140;
thingSpeakScatter(x,y,s,'d')

入力引数

すべて折りたたむ

X 値。スカラー、ベクトル、または行列として指定します。X は数値配列、logical 配列、または datetime 配列にすることができます。

Y 値。スカラー、ベクトル、または行列として指定します。Y は数値配列、datetime 配列、または logical 配列にすることができます。

マーカー領域。次のいずれかの形式で指定します。

  • 数値スカラー — すべてのマーカーを同じ大きさでプロットします。

  • 行ベクトルまたは列ベクトル — マーカーごとに大きさを変えます。XY、および S の対応する要素によって、各マーカーの位置と領域が決まります。S の長さは X および Y の長さと同じでなければなりません。

  • [] — 既定の大きさである 36 平方ポイントを使用します。

マーカーの色。次の値のいずれかとして指定します。

  • RGB 3 成分または色を表す文字ベクトル — すべてのマーカーで使用するカスタム色を指定します。

  • ベクトル — マーカーごとに異なる色を使用し、C の値を現在のカラーマップの色に線形にマッピングします。C の長さは X および Y の長さに等しくなければなりません。座標軸のカラーマップを変更するには関数 colormap を使用します。

散布図内に 3 つの点があり、その色をカラーマップにインデックスで関連付けるには、C を 3 要素の列ベクトルとして指定します。

RGB 3 成分は、各要素が色の赤、緑、青の成分の強度を指定する 3 要素の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前によっていくつかの一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価な RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'黄色[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]

例: thingSpeakScatter(x,y,36,'blue')

例: thingSpeakScatter(x,y,36,[0 0 1])

マーカー領域を塗りつぶします。'filled' として指定し、マーカーが塗りつぶされたプロットを作成します。

名前と値のペアの引数

Specify optional comma-separated pairs of Name,Value arguments. Name is the argument name and Value is the corresponding value. Name must appear inside quotes. You can specify several name and value pair arguments in any order as Name1,Value1,...,NameN,ValueN.

例: thingSpeakScatter(1:10,1:10,'XLabel','X-Axis');

マーカー記号。'Marker' と、次の表に挙げるオプションのいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

文字列マーカー記号
'o'
'square' または 's'正方形
'diamond' または 'd'菱形
'^'上向き三角形
'v'下向き三角形
'none'マーカーなし

例: thingSpeakScatter(x,y,'Marker','s');

X 軸ラベル。'XLabel' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: thingSpeakScatter(1:10,1:10,'XLabel','X-Axis');

Y 軸ラベル。'YLabel' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: thingSpeakScatter(1:10,1:10,'YLabel','Y-Axis');

プロットのタイトル。'Title' と文字ベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

例: thingSpeakScatter(1:10,1:10,'Title','Plot Title');

プロット グリッド。'Grid' と、グリッドを on または off にする logical 入力で構成されたコンマ区切りのペアとして指定します。

X 軸のグリッドを表示するには、'XGrid' と 'on' のコンマ区切りのペアを指定します。

Y 軸のグリッドを表示するには、'YGrid' と 'on' のコンマ区切りのペアを指定します。