ThingSpeak

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ThingSpeak アプリ

データの変換と可視化、またはアクションのトリガー

ThingSpeak チャネルへは Web からデータをアップロードしたり、デバイスからデータを送信したりします。以下のアプリを使用して ThingSpeak チャネル上のデータの変換および可視化、またはアクションのトリガーを行います。

トピック

アクション

ThingTweet アプリ

ThingTweet アプリを使用して Twitter アカウントを ThingSpeak アカウントにリンクさせます。

TweetControl アプリ

TimeControl アプリを使用して、指定したトリガー ワードを含むツイートに対して応答し、ThingHTTP アプリを使用して HTTP 要求を送信します。

TimeControl アプリ

TimeControl は他の ThingSpeak アプリと連携して、特定の時間に、または定期的なスケジュールに基づいてアクションを実行します。

React アプリ

React は ThingHTTP アプリ、ThingTweet アプリおよび MATLAB Analysis アプリと連携して、チャネル データが特定の条件を満たしたときにアクションを実行します。

TalkBack アプリ

TalkBack を使用すると、キューにあるコマンドに基づいてデバイスを動作させることができます。

ThingHTTP アプリ

ThingHTTP を使用すると、デバイス レベルでプロトコルを実装することなく、デバイス、Web サイトおよび Web サービスの間で通信することが可能になります。

解析

MATLAB Analysis アプリ

アプリで提供されているサンプル テンプレートを使用して、以下のような解析を実行します。

MATLAB Visualizations アプリ

MATLAB® 関数を使用して ThingSpeak チャネルのデータを可視化します。

Plugins アプリ

プラグインは、HTML、CSS および JavaScript を使用してカスタム可視化およびコントロールをチャネルのプライベート ビューに表示する方法です。

この情報は役に立ちましたか?