Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

株価の最高値のプロット

この例では、金融時系列オブジェクトを構築して、株価の最高値をプロットする方法を説明します。

メモ

この例を実行するには、Financial Toolbox を使用するライセンスの与えられた MathWorks アカウントにログインしていなければなりません。

データの読み取り

ThingSpeak™ のチャネル 148936 には、Google® の遅延した金融データが含まれています (NASDAQ: GOOGL)。データは 1 分ごとに収集されます。Field 1、2、3、および 4 には、それぞれ最新値、高値、安値、および出来高が含まれています。

関数 thingSpeakRead を使用してチャネル 148936 からデータを読み取ります。

[data,timestamps] = thingSpeakRead(148936,'DateRange',[datetime('Sep 1, 2016'),datetime('Sep 9, 2016')],...
    'Fields',[1 2 3 4], 'outputFormat','matrix');

金融時系列オブジェクトの作成

関数 fints を使用して、金融時系列オブジェクトを構築します。

finTimeSeriesObj = fints(datenum(timestamps),data,{'Last','High','Low','Volume'});

株価の最高値のプロット

関数 hhigh を使用して、Google の株価の最高値を計算します。

number_of_periods = 50;
google_hhigh = hhigh(finTimeSeriesObj,number_of_periods,'HighName','High');
figure;
plot(google_hhigh);
title('Highest High for Google');

このプロットは、Google の株価の最高値を示しています。

参考

関数