ThingSpeak

新しいチャネルにデータを収集

この例では、解析したデータを収集するための新しいチャネルを作成する方法を説明します。公開されている ThingSpeak channel 12397 - Weather Station からデータを読み取り、新しいチャネルに書き込みます。

チャネルを作成

  1. MathWorks アカウントまたは ThingSpeak アカウントを使用して ThingSpeak にサインインするか、新しい ThingSpeak アカウントを作成します。

  2. [Channels][MyChannels] をクリックします。

  3. Channels ページで、[New Channel] をクリックします。

  4. Fields 1 ~ 3 の隣にあるボックスをオンにします。以下のチャネル設定値を入力します。

    • Name: Dew Point Measurement

    • Field 1: Temperature (F)

    • Field 2: Humidity

    • Field 3: Dew Point

  5. 設定の下部にある [Save Channel] をクリックします。

    これで以下のタブが表示されます。

    • Private View: このタブには、ユーザーのみが見ることのできるチャネルに関する情報が表示されます。

    • Public View: チャネルを公開することを選択した場合は、このタブを使用して、選択したフィールドとチャネルの可視化を表示します。

    • Channel Settings: このタブには、作成時に設定したすべてのチャネル オプションが表示されます。このタブからチャネルを編集、クリア、または削除できます。

    • API Keys: このタブには、チャネル API キーが表示されます。このキーを使用してチャネルに対して読み書きを行います。

    • Data Import/Export: このタブでは、チャネル データのインポートとエクスポートを行うことができます。

次のステップ

[Channels][My Channels] をクリックすると、使用できるようになったチャネルを確認できます。

次の例データを解析では、公開 WeatherStation チャネルの温度と湿度のデータを使用し、露点のデータを計算します。次に、温度、湿度、および計算した露点のデータを Dew Point Measurement チャネルの Fields 1、2 および 3 にそれぞれ書き込むことができます。

この情報は役に立ちましたか?