Main Content

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

リファレンス

HTTP ヘッダー、タイム ゾーン、エラー コードに関する情報

以下のページには、チャネルの構成パラメーターおよび HTTP 要求についての詳細説明が記載されています。要求で返されたヘッダーを調整し、HTTP エラー メッセージのリストを確認できます。使用できるタイム ゾーンとそれらのパラメーターも一覧表示されます。

トピック

  • チャネル構成

    ThingSpeak™ はチャネルにデータを格納します。アクセスの制御、データのセキュリティ保護、およびデータのインポートを行うためにチャネルを構成する方法について説明します。

  • HTTP ヘッダー

    HTTP 要求ヘッダーをカスタマイズする。

  • タイム ゾーン リファレンス

    HTTP 要求にタイム ゾーン パラメーターを追加する。

  • エラー コード

    HTTP ステータス コードと、それに対応するエラー コードおよびメッセージのリスト。